Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バナナは世界で最も普及している果物だが専門家によると、そのバナナが絶滅の危機に瀕しているという。

 バナナもいろいろ種類があるように見えるが、そのルーツはインド原産の「キャベンディッシュ」というただ1種だけで、それが数年前から「黒シガトカ菌」という病気に世界的に侵され始めていて、このまま放置すれば絶滅の恐れもある。

 早く病原菌に強い新品種をつくり出す必要があるが、厄介なのは、バナナは種で繁殖せず、挿し木でしか増えないため、新品種をつくり出しにくい。そこで原種バナナで病気に強い遺伝子をもった品種の育成改良が試みられているが、いまのところ有望なのはコルカタ(旧カルカッタ)の植物園にあるただ1本のバナナの木だけという心細い状態という
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。