Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
並居る強豪を前に株価を占うなど、大変僭越ですが、2年前から自工の
歩みをつぶさに見てきた者として、ちょっと一言。

今の株価は言うまでもなく全面ボーラクのあおりを受けただけのことで
いずれ近いうちに250-260円のレンジに回復するでしょう。
(もっとも為替動向が気になりますが)

問題はその先、260円を突き抜けていくかどうかです。
昨年11月のフィーバーで360円超えを見ましたが、今は投資家も
学習したので、あんな動きはもう起きないでしょう。

北米の販売不振。このてこ入れが成功するのかどうか。
全てはこの一点にかかっていると思います。ここが見えてこない限り
260円を超えていくのは難しいでしょう。

従って、自工株は現時点では長期保有には不向き、比較的ボラのある銘柄
なので5~10%を目処としてこまめにリカクしていくヒットアンドアウエイ
作戦が有効かと思います。
無論、北米の販売が回復基調に転じたら、長期保有もありですが。

釈迦に説法ですが、株取引歴の浅い一部の方のために、老婆心です。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。