Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『この9日間に、あなたがわたしのいつくしみの泉に人びとの魂を連れてくる
ことを求める。この魂が、人生の苦難の時、特に臨終の時に必要としている力と
安らぎ、そしてあらゆる恵みを汲むために。一日ごとに、わたしの示す霊魂のグ
ループをわたしの心に連れてきて、その人たちをこのいつくしみの海に浸しなさ
い。わたしは、このすべての魂をわたしの父の家に導き入れる。あなたは、この
世においても、または来るべき世においてもこれを行いなさい。わたしのいつく
しみの泉に導き入れる魂の願いごとを拒むものは何もない。あなたは毎日、この
霊魂のための恵みをわたしの辛い受難によって、わたしの父に願いなさい』(日
記1209)


第1日(聖金曜日)

 『今日、全人類、特にすべての罪びとをわたしのもとに連れてきて、わたしの
いつくしみの海に浸しなさい。そうすれば、あなたは失われた霊魂のために苦し
い悲しみに沈んでいるわたしを慰めるであろう』

いつくしみ深いイエスよ、あなたはあわれみとゆるしそのものです。わたした
ちの罪ではなく、あなたの限りない善意へのわたしたちの信頼を顧みて、そのあ
われみ深いみ心にわたしたち一人ひとりを受け入れ、わたしたちがいつまでもそ
こに留まることができますように。あなたとおん父と聖霊とを結ぶ愛によってお
願いいたします。
 永遠の父よ、イエスのあわれみ深いみ心に留まる全人類、特にあわれな罪びと
をいつくしみ深いまなざしで顧み、イエスの苦しいご受難によって、わたしたち
にいつくしみを注いでください。わたしたちがあなたの偉大ないつくしみを、と
こしえにほめたたえることができますように。アーメン。」

*神のいつくしみへの祈りの花束を祈ります。

はじめに主の祈り、聖母マリアへの祈り、信仰宣言を1回ずつ唱える。
ロザリオを用いて、次のように5連唱える。

●主の祈りの珠で、1回唱える
永遠の父よ、わたしたちと全世界のすべての罪のあがないのために、あなたの最
愛の子、わたしたちの主イエス・キリストのおん体とおん血、ご霊魂と神性をみ
前にささげます。

●聖母マリアヘの祈りの珠で、10回唱える
イエスの大いなる受難によって、わたしたちと全世界にいつくしみを注いでくだ
さい。



●以上を5連唱えたら、締めくくりに3回唱える
聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、わたしたちと全世界をあわれん
でください。


第2日

 『今日、司祭や修道者をわたしのもとに連れてきて、わたしのはかり知れない
いつくしみに浸しなさい。彼らは、苦しい受難を耐え忍ぶために、わたしに力を
与えた。水が水路を通して流されるように、わたしのいつくしみが彼らを通して
流されている』

 いつくしみ深いイエスよ、あなたはすべての善の源です。わたしたちがあなた
のみ心に適ういつくしみの行いを成し遂げられるように、わたしたちを恵みで満
たしてください。わたしたちを見るすべての人が、天におられるいつくしみのお
ん父をほめたたえますように。
 永遠の父よ、あなたのぶどう畑において選ばれたもの、司祭と修道者をいつく
しみ深いまなざしで顧み、彼らにあなたの祝福の力をお与えください。彼らはお
ん子のみ心に留まっていますから、み心の思いやりによって、彼らにあなたの力
と光をお与えください。彼らが他の人を救いの道に導くことができ、共にあなた
のはかり知れないいつくしみの賛美を、とこしえに歌い続けることができますよ
うに。アーメン。」

*神のいつくしみへの祈りの花束を祈ります。


第3日

 『今日、すべての信仰深い忠実な人びとをわたしのもとに連れてきて、わたし
のいつくしみの海に浸しなさい。この人びとは、十字架の道の途中でのわたしの
慰め、海のように大きいな悲哀の中での慰めのしずくであった』

 いつくしみ深いイエスよ、あなたはいつくしみの宝庫から、すべての人々に恵
みをあふれるほどに与えてくださいます。あなたのあわれみ深いみ心にわたした
ちを受け入れ、わたしたちがいつまでもそこに留まれますように。天の父に対し
て燃えている、あなたのみ心のはかり知れない愛によってお願いいたします。
 永遠の父よ、あなたのみ子の相続人である忠実な人々を、いつくしみ深いまな
ざしで顧みてください。おん子の苦しいご受難によって、彼らを祝福し、いつも
保護してください。彼らが、愛と聖なる信仰の宝を失うことなく、天使と聖人の
群と共に、あなたのはかり知れないいつくしみをとこしえに賛美できますように
。アーメン。」

*神のいつくしみへの祈りの花束を祈ります。


第4日

 『今日、異教徒と、わたしをまだ知らない人びとを、わたしのもとに連れてき
なさい。つらい受難のさなかに彼らについて考えていた。彼らの未来の熱心さが
わたしの心の慰めであった。彼らをわたしのいつくしみの海に浸しなさい』

 あわれみ深いイエスよ、あなたは全世界を照らす光です。あなたをまだ知らな
い異教徒を、あなたのあわれみ深いみ心に受け入れてください。彼らもわたした
ちと共にあなたの偉大ないつくしみをたたえ、いつまでもみ心に留まれますよう
に、彼らをあなたの光で照らしてください。
 永遠の父よ、イエスのいつくしみ深いみ心に留まっている異教徒と、あなたを
まだ知らない人びとをいつくしみ深いまなざしで顧み、福音の光に引き寄せてく
ださい。彼らはあなたを愛する幸福の大きさをまだ知りません。彼らも、あなた
のいつくしみの寛大さを、とこしえにほめたたえることができますように。アー
メン。」

*神のいつくしみへの祈りの花束を祈ります。
スポンサーサイト

大き慰めとか異教徒とかをアーメンすればよかった?


【2006/04/15 11:03】 URL | BlogPetのネズミ講 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。