Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖フランシスコの予言

「キリストの卑しいはしためである私クララは私たちの貴婦人、いと高き清貧に自らを結びつけました。」

「私の父は騎士でした。」

「私の母オルトラーナは海を越え、信心深く巡礼に出かけました。」

「私の家族は裕福で領地は広々としていました。しかし、いと高き主は償いをするために私の心を照らして下さいました。」

「フランシスコは、まだ一人の兄弟もなかった時に聖ダミアノ教会を建て直しながら、私たちについて予言をなさいました。このことは主が後で成就して下さいました。『来て、聖ダミアノ修道院を建て直すため私を手伝って下さい。そこには、敬虔な淑女たちが住み、その名声は教会全体において、天の御父に光栄を帰することになるでしょうから。』」


聖福音を守る

「枝の主日、司教様は私の座っているところまでシュロの枝を持って来て下さいました。それから私は、私の家、私の町、私の家族を捨てて天使の聖マリア聖堂に行きました。この知らせが私の家族のもとにとどくと、彼らは暴力に訴えたり、こうかつなすすめや、お世辞だらけの約束ごとを私にもちかけました。けれども私の親戚がうるさくすればするほど、私の勇気は、いや増したのでした。」

「私はついに聖ダミアノ教会にやって来ました。」

「今は誰も私のこのよろこびを奪うことはできません。私は地上で望んでいたものを手にいれたのですから。」

「貧しい姉妹たちの生活様式とは、私たちの主イエズスキリストの聖福音を守ることです。従順に、何も所有することなく、貞潔のうちに生きることです。」

「神の子は私たちの道となられました。」



サンダミアノの

歌隊席


この十字架の前で

聖クララは毎晩、姉妹たちを

祝福しました。

この世では旅人であり巡礼者

「祝福されたフランシスコは私たちが弱さと肉体のもろさにもかかわらず、欠乏、貧しさ、困難、不名誉、この世の軽蔑などを恐れずにいるのを御覧になりました。」

「私たちはこの世では旅人であり巡礼者なのです。」

「いつも祈り目覚めていなさい。」

「健康で丈夫な私たちは肉食をせず、質素な食事で満足します。しかし、私たちの肉体は青銅ではありません。」


サラセン人の包囲
 聖クララが住んでいた所は、当時、争いが絶え間なく続いている地域でした。聖ダミアノ教会の聖堂は街の城壁の外にあり、敵の軍隊に包囲されてしまいました。サラセン人の傭兵たちは、すでに壁をよじ登っていました。その時、クララは重い病気でしたが、御聖体の秘蹟の内にましますキリストの御前に、平伏して祈りました。

「ご覧下さい主よ、あなたご自身の愛で養ったこの無防備のはしためたちを異教徒の手に渡してもよいとお思いになるのですか?主よ、今はもう私には守りきれないこれらのはしためたちを、どうぞ、お守りください。」

 彼女はそれに答える声を聞きました。

「私はあなたたちを常に守るだろう。」

そして、兵士たちはしっぽをまいて逃げていきました。



聖フランシスコの

修道服とアルバ



ポルチウンクラの内部
聖クララの遺言

「キリストの愛をもって、お互いに、愛し合いなさい。」

「そしてあなたのうちにある愛を、あなたの行いによって示しなさい。」



聖クララ・パンの奇跡



聖クララは

教皇様の命令に

従い

祈ってパンを

祝福すると

そこに置かれていた

パンの上に

十字架の

印が

表れました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。