Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   ラファエル(「神は癒す」の意)は伝統的に、人を癒やすこと、創造性を育成

 すること、そして若者を保護することをその役割としている。また、彼は守護天

 使たちを監督する立場にある(アブラハムは高齢になってから割礼を受けたが、

 その痛みを和らげたのがラファエルであるといわれている)。

  ラファエルはスピリチュアルな意味での成長を遂げようとしていたり、巡礼者

 になろうとしている人々には特別な注意を払うと信じられている。そんなわけで、

 ラファエルは杖と水を入れた容器を持つ旅人の姿で描かれることが多い。実際ラ

 ファエルは旅人トビアに同行して彼を助け、悪魔アスモデウスから彼の身を守っ

 たと聖書に記されている。

  人類の守護天使という役割を持つラファエルは、若く無邪気な存在に対しとく

 に注意を払っている。キリスト教の伝承によると、アダムに罪の危険さを教えた

 のも(無駄だったが)ラファエルである。ジョン・ミルトンの「失楽園」では、

 この人類の友とでも呼ぶべき天使はエデンの園でアダムとイヴと夕食をともにす

 るということまでしている。食事の間、ラファエルは天使はすべて男性の姿をし

 ているのに、どうやってセックスするのかを説明しなければならなくなり、恥ず

 かしさで顔を真っ赤にしたという。ラファエルはアダムに、体を形づくっている

 優れた物質のせいで天使は男にも女にも、時としてはその両方にもなれるのだと

 説明する。天使にとってのセックスは、彼らの精神体の問題である。この「天使

 のセックス」はけしてエロティックなものではなく、精神的なつながりあるいは

 二つの愛を結びつけるという行為である。

  また、ラファエルが建物を造るのを助けるという話も残っている。「ソロモン

 の遺訓」のなかには、この大天使がソロモン王に魔法の指輪を与え、ソロモン王

 はこの指輪を使って悪魔の一群を奴隷とし、エルサレムに寺院を建てるという事

 業を完成させた。 

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。