Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエルは旧約聖書外典『トビト書』に登場する大天使である。ラファエルはヘブライ語で「神は癒す」を意味し、肉体の治療を行う。近代のキリスト教では精神をも癒すと考えられるようになった。ラファエルはカトリック教会ではあまり重視されず、ラファエルに捧げられた(ラファエルの名を冠した)教会はそれほど多くない。地名としては、フランスのケベックにサン・ラフェエル、スペインおよびアメリカ大陸のスペイン語圏にサン・ラファエルの名を持つ都市がいくつか存在する。カリフォルニアやネバダなどアメリカ合衆国西部にも都市のほか、サン・ラファエル川やサン・ラファエル山脈といった地名が存在する。ユダヤ教では天使は元来固有名を持たないものと考えられていた。紀元前3世紀のラビ・シメオンは、すべての天使の名はバビロンからユダヤ人によってもたらされたと考えており、この見解は今日の研究者にも支持されている。バビロン捕囚|捕囚期後のユダヤで成立した天使学においては、7人の大天使が考えられた。このうちガブリエル、ミカエル、ラファエルはしばしば言及され、そのことにより次第に正統な教義のうちに位置づけられることになった。他の4人もまた、紀元前2世紀の『エノク書』の中では名前を付けて言及される(ウリエル・ラグエル・サリエル・イェラミエル)。『トビト書』において、ラファエルは人間の姿でトビトの息子トビアに現れ、共に旅をしつつさまざまな危険からトビアを守る。旅から帰還した後、ラファエルはトビトの盲目を癒し「大天使ラファエル、七人の大天使の一、主の前に立つ前」として自らを現す。新約聖書にはガブリエルとミカエルへの言及はあるが、ラファエルへの言及は行われない。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。