Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アグネスは、ローマの名門の家に生まれた。当時は、キリスト教迫害時代であったため、多くの信徒たちが信仰を守り殉教してゆく姿を見て、彼女も富や名声よりも神に身をささげたいと願うようになった。

 美しいアグネスには多くの縁談があったが、すべて断った。そのため、彼女がキリスト信者であることが分かると、すぐに訴えられた。そしてどんな拷問にあっても、決して信仰を捨てない彼女は、ついに死刑を言い渡された。彼女は「キリストは私の花婿です。最初に選んでくださったのはキリストですから、私はその方に従います」と言って亡くなった。

 後に彼女は有名になり、キリスト教を国教としたローマ皇帝コンスタンティヌスは、自分の娘に彼女の墓の前で洗礼を受けさせたといわれる。その後、墓の上には聖アグネス聖堂が建てられた。

 アグネスは、羊を抱いて描かれているが、ラテン語で「子羊」を意味する「アグヌス」と似ているためだといわれている。
スポンサーサイト

きのう、殉教したかもー。
【2006/01/21 11:46】 URL | BlogPetのネズミ講 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。