Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:雅歌 / 1章 1節
口語訳を見る
ソロモンの雅歌。

2:雅歌 / 1章 2節
口語訳を見る
どうかあの方が、その口のくちづけをもって/わたしにくちづけしてくださるように。
おとめの歌
ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

3:雅歌 / 1章 3節
口語訳を見る
あなたの香油、流れるその香油のように/あなたの名はかぐわしい。おとめたちはあなたを慕っています。

4:雅歌 / 1章 4節
口語訳を見る
お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様/わたしをお部屋に伴ってください。
おとめたちの歌
わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

おとめの歌
5:雅歌 / 1章 5節
口語訳を見る
エルサレムのおとめたちよ/わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

6:雅歌 / 1章 6節
口語訳を見る
どうぞ、そんなに見ないでください/日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて/ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

7:雅歌 / 1章 7節
口語訳を見る
教えてください、わたしの恋い慕う人/あなたはどこで群れを飼い/真昼には、どこで群れを憩わせるのでしょう。牧童たちが飼う群れのそばで/顔を覆って待たなくてもすむように。

おとめたちの歌
8:雅歌 / 1章 8節
口語訳を見る
だれにもまして美しいおとめよ/どこかわからないのなら/群れの足跡をたどって羊飼いの小屋に行き/そこであなたの子山羊に草をはませていなさい。

若者の歌
9:雅歌 / 1章 9節
口語訳を見る
恋人よ、あなたをたとえよう/ファラオの車をひく馬に。

10:雅歌 / 1章 10節
口語訳を見る
房飾りのゆれる頬も/玉飾りをかけた首も愛らしい。

11:雅歌 / 1章 11節
口語訳を見る
あなたに作ってあげよう/銀を散らした金の飾りを。

おとめの歌
12:雅歌 / 1章 12節
口語訳を見る
王様を宴の座にいざなうほど/わたしのナルドは香りました。

13:雅歌 / 1章 13節
口語訳を見る
恋しい方はミルラの匂い袋/わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。

14:雅歌 / 1章 14節
口語訳を見る
恋しい方は香り高いコフェルの花房/エン・ゲディのぶどう畑に咲いています。

若者の歌
15:雅歌 / 1章 15節
口語訳を見る
恋人よ、あなたは美しい。あなたは美しく、その目は鳩のよう。

おとめの歌
16:雅歌 / 1章 16節
口語訳を見る
恋しい人、美しいのはあなた/わたしの喜び。わたしたちの寝床は緑の茂み。

17:雅歌 / 1章 17節
口語訳を見る
レバノン杉が家の梁、糸杉が垂木。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。