Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浄土真宗   親鸞 1173~1262

親鸞(しんらん)の教えとは「他力本願」。「南無阿弥陀仏」と唱えれば往生できる 
自らの信心(自力)のもとに念仏を唱える法然の教えではなく、
阿弥陀仏(他力)が差し伸べる救いによって往生するという「他力本願」と説いた。
阿弥陀仏にたいする報恩感謝の想いが、親鸞の念仏です。

経典   無量寿経(むりょうじゅきょう)、観無量寿経、阿弥陀経
     上記の経典は「浄土三部経」と呼ばれている

     経行信証 親鸞聖人が「浄土三部経」の要を解りやすく
          お説き下さいましたものです。

浄土真宗本願寺派
本尊   阿弥陀如来 (方便法身(ほうべんほっしん)の尊形)
     あるいは「南無阿弥陀仏」の6字名号
右側   「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号または親鸞聖人画像
左側   「南無不可思議光如来」の9字名号または蓮如上人の画像

真宗大谷派
本尊   阿弥陀如来 (方便法身(ほうべんほっしん)の尊形)
     光背(背後の光明で、智慧をあらわす)は上に4本ずつ下に8本ずつ
右側   「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号
左側   「南無不可思議光如来」の9字名号

本山   西本願寺 浄土真宗本願寺派
     東本願寺 真宗大谷派
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。