Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13:32 「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父
だけがご存じである。
13:33 気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたが
たには分からないからである。
13:34 それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当て
て責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくよう
なものだ。
13:35 だから、目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰って来るのか、夕
方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないから
である。
13:36 主人が突然帰って来て、あなたがたが眠っているのを見つけるかもし
れない。
13:37 あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていな
さい。」
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。