Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 宗教改革後、カルヴァン派の諸教会で盛んに歌われた詩編歌。詩編103のパラフレーズとして作者不詳の歌詞です。


1 わがたまたたえよ、主なる神を。        3 わが罪もとがも、すべて赦し。
  内なるすべては み名をあがむ。          悩みと病を 取り去りたもう。

2 わがたま忘れるな、主のはからい。      4 朽つべきいのちを 主はあがない、
  たえなる恵みは 主より来る。           あわれみの冠 あたえませり。

            5 疲れたるものに たけき鷲の
              力といのちを みたしたまわん。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。