Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヨーロッパに自生する多年草のペパーミントは、温かく湿潤な喜久雄、そして小川にほど誓い芳醇な土壌を好みます。
ペパーミントの葉を1枚ちぎれば、その香りにたちまち活力が湧くでしょう。
薬用ペパーミントを栽培している英国の土地の名前からとって、White Peppermint、Mitham とも呼ばれています。
表面がなだらかな緑色(その下に赤色が透けて見えます)の茎に、緑がギザギザした槍状の緑色の葉をつけます。7.8つきになると、レモンとオレンジに次いで世界で3番目の人気を誇る精油です。
 スペアミント、アップルミント、パイナップルミント、レッドミント、ジンジャーミント、アメリカンワイルドミント、ロシアンミント、コルシカミント、その他雑種や野生のミントまで、ミントの種類は210種以上もありますが、ホワイトペパーミントの精油がベストとされています。

◇ミントの王冠
 聖書にミントが税金の支払いに用いられていたという記述があります。ギリシャやローマでは、ソースやワインの風味づけに使われ、お祭りに欠かせない存在です。
貴族は気分をリフレッシュするミントの冠をしばしば頭にのせていました。日本ではミントの効能がとても高く評価され、人々はいつもミントをいれた銀の小箱がとても高く評価され、人々はいつもミントをいれた銀の小箱をベルトにぶらさげて持ち歩きました。
1700年代後半に英本国で人気を博したペパーミントは、人々に半永久的な影響力を残すほどの魅力をもっていました。イギリスでは、むかし、薬用植物はサリー州のミッチャムという地域で栽培されていました。
1750年ごろ、ミッチャムのごくわずかな土地しかあてがわれていなかったペパーミントが、1800年には0.4平方キロ、1850年には2平方キロと作付け面積が大幅に広げられていったことからも重要な存在になっていたことが伺えます。
南部でもやはり同じようにペパーミントビジネスがのびました。今日、ペパーミント農園は、フランス(レッドミント)、アメリカ、そのほか世界の各地でとても盛んです。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。