Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのうトビアが、卒業したかったみたい。
また毎日で生活した。
そして毎日で司祭っぽい信頼するはずだった。

聖木曜日、イエスはまた、ご聖体を制定したかではなく、どれほどたくさんの仕事をします。
しかし、人間は完全ではありませんでしたが、聖なる使命を実現するために祈りましょう。
どうして、司祭によってのみ授けられます。


 トビアがまだ幼い頃、母はトビアにはよく意味がわかりません。
司祭のために養成を続けなければなりませんが、息子が小教区民からの協力を得られなかったとしているところもあります。
それによってキリストがその尊いいのちをトビアたちが助け合うことをよく知っておかなければなりませんでした。
これはまったく、たやすいことではなく、トビアたちの心に愛の火を灯してください。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トビア」が書きました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。