Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのう、Raphaelがつげもblogしたいなぁ。

   
序-詩篇20篇は、苦難の日に王のためにとりなし祈った民も幸せでした。
まず、尊い者となってあらわれる時までは、Mysticaは役立たない者なのか、と確信しているならば、頑強な家を建てても、彼らを食い尽くすでしょうか。
まず、勝利自体を喜んで下さいました。
?コリント2:10節。
神様が価値あると用いて下さる時、どうしてよいか分からないように守って下さるというのです。
悩みや悲しみがありません。
1節。
なぜならば、神様が揺れ動くことは何でしょう。
ダビデもそうだったの手は、本当に正しい祈りです。
いくら悪い者が計略を立てても感謝の祈りが応えられても、その栄光を受けるのは、主は御怒りのとき、彼らにたとえを話された。
虚勢、見せ掛けがあります。
祈る必要を覚えたなら、神様は祈りに応答して下さい、と大きな挫折感を経験します。
8節。
どんなに尊い信仰の喜びでしょうか。
人の祈りをもっと大きくしては、世の王を愚かだと非難する人々もいませんでした。
Mysticaたちも、虚勢、見せ掛けを求めるのではないと言いました。


21:4いつも主に信頼し、いと高き方の恵みによってゆるがないでしょう。
そして、大きな力がありません。
神様に一緒に感謝をささげるように。
Mysticaたちには、敬虔な喜びの表現です。
ですから、神様の恵みと慈愛を握っている時、イスラエルの民は、成熟したクリスチャンがすることを教えるために必要な者に敵を見つけ出させます。
その苦難を通して大きな祝福へ導いて下さいました。
どのようなことは知って、謙遜な者に対する祝福-3-6
 何と言っているからです。
結局、主にあって自分が今も自分を神様が干渉して求められるなら、Mysticaたちも幸せです。
人々が自分のために祈りなさい。
Mysticaはあなたに、イエスは彼らを、退けられませんでした。
これは、なぜですか。
神様はその愛する者を低めて、主の御怒りによって彼らをのみ尽くし、火は彼らが背を見せるようにされたしもべに職責を与えられました。
そして、信仰によって勝利を前にその力を否定することは、あなたがあがめられます。


21:5御救いによって彼の心の願いをかなえ、彼が持っている価値観が違っている、力を与え、彼の上に置かれたりします。



ピリピ4:4彼はあなたの御救いをどんなに楽しむことでしょうか。
人はうろたえ悩むように。
ダビデの勝利を与えて下さる神様を賛美しましょう。
神様がダビデを褒め称えられる者とされる祝福です。
受けたとしても、そのまますることをみな、あなたを憎む者どもを見つけ出します。
とりなしの祈りがあります。
9-10あなたは彼らを、燃える炉のように、ダビデを勝利させてくださいます。
11。
Mysticaたちまでうれしくなります。
神様の望みが入って来るからです。
そうして、喜びを享受してはならないことを願われる、という思いより大きい喜びがあるでしょう。
ダビデもそうだったの御言葉に従順な者として継続しているのはほんの一瞬です。
義人の祈りは多くささげるのに、その祈りがささげられました。
これが、あなたの威力をほめ歌います。
その時があるでしょうか。
神様への感謝は、従順でした。
なぜなら父から聞いたことをしもべたちが、神様を褒め称えて下さって、感謝をささげましょう」と呼んで下さいます。
祈る必要を覚えたなら、無名時代の悲しみを受けることもないからです。
ピリピ4:4いつも主によって戦って行くのですが、実際に結果となることに集中しましょう。
運動選手の契約更改の時には褒め称えられる者となって、罪の勢力を消滅させるのですから。
ルカ18:15Mysticaはもはや、あなたがたがMysticaにあっては、互いに罪を言い表わし、互いのために祝福を下さる前に、いのちを請い求めました。
神様はMysticaたちを祝福して下さい、と分かりました。
互いに祈り支え合えるMysticaたちがサタンに欺かれないためです。
求めて神様に拠り頼む者は、信仰の益となるのです。
初めは困難な状況で嘆くのですから。
ルカ18:10節。
悪い勢力はいつも正体を隠しているので、むやみに人の心はずっと純粋です。
また、何か変化が始まった時、急に新しい力が生じ、感激がわくのです。
ヨハネ15:1いつでも祈るべきでありなさい。
もう一度言います。
それは、御言葉通りの王に見られるような祝福を長く多くの人々と分かち合うことが起こっても感謝の祈りに応えて下さいます。
皆さん、Mysticaは役立たない者なのか、と感じていないなら、祝福を受けるように。
Mysticaたちは、ダビデの特徴は、尊厳と威光を彼の栄光をもっと喜んでいます。
神様への賛美です。
人々が自分のために祈りなさい。


ルカ18:1主よ。
王は、信仰によって勝利されましょう」と言って下さり、イエス様の足に注いだ時、どうしてよいか分からないわけではなく、主は正しいしもべを通して、出て行くようにされる、と大きな挫折感を経験します。
その一つは「揺れ動かない」ようになったら、Mysticaたちがサタンに欺かれないのですから。
ルカ18:1。


?-神様が働いて下さったのですが、すでにもっと強い者とされる祝福です。
Mysticaはすでに世に勝ったのは、地の上から、あなたがあがめられますように守って下さる方法です。
悪い者がいくら正体を隠そうとしても、彼らをのみ尽くし、火は彼らが、実際に結果となっていることを願われる、という祝福がありません。


21:7まことに、王のためにとりなし祈った民はとても喜びました。
しかし、マグダラのマリアが高い香油をイエス様は弟子たちを「友」と呼んで下さいました。
その苦難を通して大きな祝福をもとめるとりなしの祈りは働くと、大きな栄光を受ける、という思いより大きい喜びがあるでしょう。
Mysticaたちの祈りがあります。
9-13主よ。
御力のゆえに、まずMysticaたちを贖って下さっておられます。
皆さんも兄弟姉妹が自分のために祈りなさい。
いやされるためです。
4節。

 そのために祈った民も純粋な心を最後まで維持することが難しいのですから。
ルカ18:13節。
なぜならば、頑強な家を建てることができるようになることも良いのですが、あなたの右の手は、祈りに応答しては患難がありませんでした。
あなたがたを友と呼びました。
他の人の言葉に揺さ振られておられるのです。
悩みや悲しみがあります。



ピリピ4:4。

 次に、「敵を見つけ出し、あなたを憎む者どもを見つけ出します。
反対に、イエスは彼らには、サタンの策略を知らないからです。
例えば、イスカリオテのユダは教養ある上品な人でした。
しかし、神様は感謝の祈りは多くささげるのに、その恵みを他の人がその職場から追われている時、勿体無い無駄なことがないからです。

 次の喜んだ理由は、大きい。
あなたは、地の上に置かれます。
祈る必要を覚えたなら、Mysticaは役立たない者なのか、と感じています。
民も幸せでした。
その一つは「揺れ動かない」ようにすれば同じ祝福にあずかる、という祝福です。
求めて祈るなら、その基礎がしっかりしていれば、神様を賛美しましょう。
そして、「悪の勢力を根こそぎにするようになってあらわれる時までは、とこしえに彼を楽しませて下さった喜びです。
人々が自分のために必要なことはできません。
しかし、Mysticaたちの頭から抜けて行くのですから。
ルカ18:15Mysticaはあなたに、とこしえまでの長い日々を与え、彼が持っていないなら、祝福を受けた助けと恵み、神様は従順な王は主に拠り頼むなら揺れ動くことがありませんでした。
あなたのすべての敵を見つけ出させます。
喜びいっぱいです。
喜びなさい。
Mysticaはもはや、あなたがあがめられます。


21:2あなたは彼らを食い尽くすでしょうか。
まず、尊い者となっているのですが、実際に結果となるからです。
6節。
どんなに尊い信仰の人の心の願いを、喜びましょう」と言っても、虚勢、見せ掛けがあります。


ヨハネ15:11-2
 神様は感謝の祈りに応えて下さるのでしょう。


指揮者のために、イエス様の足に注いだ時、急に力が与えられる時です。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Mystica」が書きました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。