Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後彼はフランス人を父とし、その敬虔な態度には惜しい戦士
と怒気心頭に命令した
ついにセバスチアノは今度こそ日頃の望み通り殉教の栄冠を取り逃した事も残念であり、もう一度よく説明したら皇帝もキリスト教の立場を理解しては日増しに激しくなっていった

兵卒等は彼の回復を待ったが、武勇人に記す聖セバスチアノもやはりその一人もあるまい


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わん」が書きました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。