Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


集会祈願
恵み豊かな父よ、あなたは、聖家族を模範として与えてくださいました。わたしたちが聖家族にならい、愛のきずなに結ばれて、あなたの家の永遠の喜びにあずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

第一朗読:サムエル記(サムエル上1:20-22,24-28)

〔エルカナの妻〕ハンナは身ごもり、月が満ちて男の子を産んだ。主に願って得た子供なので、その名をサムエル(その名は神)と名付けた。
さて、夫エルカナが家族と共に年ごとのいけにえと自分の満願の献げ物を主にささげるために上って行こうとしたとき、ハンナは行こうとせず、夫に言った。
「この子が乳離れしてから、一緒に主のみ顔を仰ぎに行きます。そこにこの子をいつまでもとどまらせましょう」

乳離れした後、ハンナは三歳の雄牛一頭、麦粉を一エファ、ぶどう酒の革袋を一つたずさえ、その子を連れてシロの主の家に上って行った。この子は幼子にすぎなかったが、人々は雄牛を屠り、その子を〔祭司〕エリのもとに連れて行った。

ハンナは言った。「祭司様、あなたは生きておられます。わたしは、ここであなたのそばに立って主に祈っていた、あの女です。わたしはこの子を授かるようにと祈り、主はわたしが願ったことをかなえてくださいました。わたしは、この子を主にゆだねます。この子は生涯、主にゆだねられた者です。」
彼らはそこで主を礼拝した。

※紀元前11世紀頃の出来事。子供がなかったために苦しんでいたハンナの願いが聞き入れられ、男の子が生まれた。
※サムエル…後に偉大な預言者となり、サウルやダビデに油を注ぎ、王とした。

※シロ…王国成立以前、長い間、聖所が置かれたエフライムの町。
※エリ…シロの聖所に仕えていた祭司。

答唱詩篇(84:2+3,6+7,8+9)
(唱歌:しあわせなひと かみをおそれ 主のみちを あゆむもの)※
すべてを治められる神よ、
あなたの住まいは麗しい。
わたしの魂は主の庭を慕い、
心とからだは生ける神にあこがれる。※

神よ、あなたによって奮いたち、
巡礼を志す人は、
枯れた谷を通り、そこを泉に変え、
はじめの雨がそこを祝福でおおう。※

尾根から尾根へと彼らは進み、
シオンで神を仰ぎ見る。
万軍の神よ、わたしの祈りに心を留め、
ヤコブの神よ、耳を傾けてください。※

※この詩篇は、巡礼に向かう人が神殿のあるシオンをたたえる歌とも、捕囚の地にあって荒廃した神殿を思う嘆きの歌とも考えられる。いずれにせよ、神殿で神と出会い、神のもとに留まることへのあこがれを歌う。答唱句は詩篇128:1からとられている。

※はじめの雨…夏の日照りの後で降る秋の雨。耕作地のために重要な雨である。

※万軍の神…元来はイスラエルの軍勢を率いる神を意味したようであるが、多くの場合、天地万物の支配者、全能者を表す表現として用いられている。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。