Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1978年 11月2日 すべての死者の記念日
淋しく思わないように
 淋しく思ってはなりません。
 私は、いま、あなたがたを戦いのために召し出します。すでに、私がこの天国に連れてきたあなたがたのたくさんの兄弟たちである司祭も、この戦いにあずかっています。
 これから私の愛する子らに与えられる恵みは、私の汚れなきこの心です。かれらは、私の心のいちばん美しい光栄の冠となることでしょう。

 淋しく思ってはなりません。天国の聖人たちも、また、まだ清めの場で清められているあなたがたの兄弟たちも、祈りと、苦しみで、私の大群のメンバーです。
 この地上の生活のあいだ、私の招きに答えて、私の心に身をささげた司祭たちはすべて、いまは、天国で、あなたがたの無原罪の母のまわりに、かがやく光となっています。
 かれらは、いまも、あなたがたのひじょうに近くにいます。そして、私の計画をはたすために、あなたがたを助け、その目に見えない現存をもって、あなたがたを支え、悪から守っています。こうして、かれらは、あなたがたをとりかこんでいるたくさんの危険を防いでくれているのです。

 淋しく思ってはなりません。あなたがたのそばには、この見えない兄弟たちといっしょに、あなたがたの天の母の光の天使たちもいるのですから。この天使たちは、私が、神のみ旨に“ハイ”と答えるように、私の心をととのえてくれましたが、あなたがたのためにも、同じことをしているのです。あなたがたを完全な奉献へとみちびいています。そして、あなたがたが、司祭としてのいけにえとなるとき、あなたがたの慰めとなってくれます。
 私のつつましい子らよ、あなたがたの“とき”が来ました。それで、きょう天も地も、天の指導者である私の命令に従って、愛と祈りと活動のこの特別 な交わりのうちに、力をあわせるのです。
 私のけがれなき心の計画は、実現しようとしています。なぜなら、私のおん子イエズスが、この世に光栄あるその王国をもたらす最大の勝利をかちとろうとしているからです。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。