Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 


リマの聖ローザ童貞
「我々が天に至る事が出来る十字架とは別の梯子はありません。」

 

1586年ペルーで生まれる。両親に対し非常に従順であり、聖女は常に他者を喜ばせる小さな業を行った。

非常に美しかった聖女は母親から美しい衣服を着るように勧められたが、こう答えた。「お母様、霊魂の美だけが唯一価値あるものです。」

ある裕福な若者が聖女との結婚を望み大きな邸宅や使用人を提供したが、聖女は拒絶し、貞潔を誓い、ただ天主を愛し天主に仕え奉る事のみを望んだ。

また両親が財産を失った時は毎日働きに行き、夜は裁縫をして両親を助けた。
ドミニコ会第三会員となり、また自身の美貌を損なわせるために胡椒や灰汁を用い、美しい長い黒髪を切り落とした。

聖女は病気を患いながらも貧しい者達のために献身的に働いた。
神秘家であり、また不可視の聖痕を受けていたといわれる。

 

「主よわが苦痛を増し給え。しかしてわが心中における御身の愛は弥増さん。」

 

1617年8月24日帰天。1671年8月2日、教皇クレメンス10世によって列聖。アメリカで最初の聖人となった。祝日8月23日。刺繍師、花屋、中南米の保護者。

 

<祈願>
「ああ天主よ、御身は御身への愛もて聖ローザを満たし給い、厳格なる苦行によりて彼女が世俗を離るるを可能となし給えば、彼女の取り次ぎによりて我らが現世において彼女の御跡に従い奉り、かつ天においては御身の喜びの奔流を楽しむを助け給え。」
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。