Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズオニールのおいたち

「キューピー」の生みの親はローズオニールという名の美しい女性天才アーティストです。1874年6月25日、アメリカのペンシルバニア州で誕生したローズオニールは、幼い頃から驚くべき芸術の才能を示しました。社会に出た後も若くしてイラストレーターとして自活し、20才から30才前半には人気イラストレーターとして活躍しました。また、芸術絵画・彫刻・小説・詩なども多才に発表し、アーティストとしての地位を築きました。そして1909年、世界的な素晴らしいキャラクターを誕生させることになります。


キューピー誕生


ロ-ズオニールは、2度の結婚をしています。しかし結婚は必ずしもローズを幸せにはしませんでした。2度の離婚に傷ついたローズは、活躍していたニューヨークから両親やきょうだいの住むミズーリ州のボニーブルックにもどってきました。広大な自然の中で深いインスピレーションをえたローズオニールは、1909年永遠の偉大なキャラクター、キューピーを誕生させました。キューピーが最初に発表されたのは、アメリカの婦人雑誌「レディースホームジャーナル」誌12月号でした。それはローズオニールから、世界の子供たちと子供のような無垢な心をもった大人たちへ贈る、愛のクリスマスプレゼントだといえるでしょう。
発表当時のキューピーは、ほっそりしていましたが、2~3年たつとコロコロと丸味のある現代のイメージの完成されたキューピーキャラクターをつくりあげました。


『キューピーの名前の由来』

キューピーKEWPIEという名を創作したのもローズオニールです。「ローマ神話に登場するキューピッドCUPIDは、人々のこころにいたずらをするけれど、わたしのキューピーには愛だけをはこんでほしい…」という願いで、KEWPIEという名前を考えだしました。



キューピッシュラブあふれる キューピー物語

キューピーたちは、物語と共にこの世にデビューしました。物語の作者もローズオニール自身です。キューピーたちの活躍する数多くの物語のどれもが、キューピーらしい愛“キューピッシュ・ラブ” にあふれた物語です。キューピーたちの精神は、いつも「いいことを、たのしんでする」こと。物語に登場するキューピーたちのしぐさのひとつひとつが実に自由自在に描かれ、見ているだけでキューピーの世界に引き込まれます。ローズオニールが表現したキューピッシュ・ラブにあふれる世界。それは人々が永遠に求め続ける理想の世界といえるでしょう。



キューピー人形の誕生

雑誌に発表されたキューピーはたちまち大人気となり、ローズオニールのもとには子供たちから「お人形がほしい」という手紙が山のように届けられました。そして1913年ついに彫刻にも非凡な才能をもつローズオニールによってビスクのキューピー人形が誕生しました。
キューピー人形誕生へのローズオニールの熱い思いは、キューピー人形のパッケージの上に書かれているローズオニールの詩によく表れています。キューピーのイラストと詩で構成された絵本のようなこのパッケージラベルは、イラストはもちろんデザインも詩もローズオニールによるものです。詩は、次のように語りかけています。


『なぜ、そんなに急いでいるのか、聞きたい?
わたしたちは、人形になるためにでかけるの。
子供たちは、キューピーを待っているの。
だから一番いい方法は、人形になって子供たちのところに行って、いっしょにあそぶこと。
キューピー人形はキューピーからはなれたくないかもね。
でも空を飛びながら覚えたキューピーの微笑みを、毎日みんなにあげてね。
ひとつひとつの微笑みがローズオニールのキューピッシュラブを伝えてくれるように。』
ローズオニールのキューピー人形製作過程で幾つかのエピソードが残っています。キューピー人形は、当時人形の生産が盛んであったドイツで製造されることになりました。工場から最初におくられてきた人形の原型は、あまりにもローズのイメージとはかけ離れていたためローズは自らドイツに行き、しばらくドイツに留まり9種のサイズの原型をつくりあげました。これらの原型が全てのキューピー人形の基本となりました。また、あるドイツ工場を訪れたおり、一番小さな安価なキューピーが職人たちによって雑に扱われているのを目にし、「この一番小さな安いキューピーを買うのは、貧しい子供たち。だからこそ、大きなキューピーにまけないぐらい心をこめてつくってください」これを聞いた職人たちは大変感動し、その後は小さなキューピーもていねいに製造したということです。
ローズオニールの手と愛から誕生したキューピー人形は、キューピーブームにさらに拍車をかけ、アメリカ中を大キューピーブームにしました。


初めての 世界的キャラクターブーム


キューピー人形の第1号は、日本でもおなじみのキューピーポーズ、パッと手を広げてたっているスタンディングキューピーでした。ひきつづき、アクションキューピーと呼ばれる様々なポーズのキューピー人形が登場しました。幼児のなにげない無垢なしぐさや、自然なポーズのエッセンスをとらえたこれらのキューピーたちに人々は夢中になり、アメリカではキューピークレイズ(キューピー狂)時代とまで呼ばれる大ブームを巻き起こしました。人形だけでなく、食器・時計・文具・石鹸・おもちゃなど、ありとあらゆる物にキューピーが登場しました。また広告にも活躍、アイスクリームやゼリーなどお菓子をはじめ石鹸などの広告にも採用されました。このブームは、ヨーロッパをはじめ世界中に広がり、地球の裏側の日本にも広がっていきました。

日本に初めてキューピーが登場したのは大正4年頃(1915年)と考えられます。海を渡ってきたキューピーは、大ブームを起こし、土製やセルロイド製のキューピー人形をはじめ絵はがき、本、手芸、おもちゃなどにキューピーが登場しました。戦前・戦後をとおして何世代にもわたり日本で愛されつづけてきたキューピー。1990年代後半からは、作者ローズオニールとキューピーのお話などが日本でも本格的に紹介されはじめ、偉大なキャラクター、キューピーの魅力が再認識されています。


テーマパークのはじまり キューピーヴィレ

テーマパークと言えばディズニーランドが有名です。ディズニーランドがアメリカに初めて誕生したのは1955年のことです。キューピーの世界では、1925年、ディズニーランドのなんと30年も前にキューピーランド(キューピーヴィレ)が、雑誌に登場しています。キューピーたちの住むキューピーヴィレには、現代のテーマパークの重要な要素が登場しています。シンボルであるお城、お客様を迎えるゲート、ショッピング街、ファンタジックなのりもの、パレード、ホテル…。ローズオニールが構想し、誌上に展開したキューピーヴィレは、現代のテーマパークの原型を確立しています。



世界的キャラクタ-抱き人形のはじまり

ビスクキューピーの次に登場したのは、だっこできるソフトな布製のキューピー人形。カドルキューピーです。顔はシルクの布に、目・鼻・口がシンプルに描かれ、体はシルクやコットンで作られています。手足は、一本の大きな棒のように単純化され、かすかに指や足首はふくらみをもっています。カドルキューピーは雑誌や新聞でも大きくとりあげられました。世界的なキャラクター抱き人形のはじまりとなったカドルキューピーはその後の布製人形に大きな影響をあたえました。



キャラクター丸論のはじまり

「キャラクターは丸で構成される」ことを世界で初めて実証したのもローズオニールです。1936年「キューピーヴィレのスクートルズ」誌の中で、キューピーが丸から誕生することを実際に絵にかいて実証しています。明快な顔のりんかく、小さな丸点の鼻、点のようなまゆ、一本の曲線で描かれた口。キャラクターの基本である丸と単純化されたライン。20世紀の後期から世界中を巻き込んだキャラクターの原型を、ローズオニールが形作っていたといえるでしょう。

スポンサーサイト
sebastia
sebastianusが、大きく明快を登場したかった。


【2006/07/15 15:46】 URL | BlogPetのジュスト #-[ 編集]
きょう、キューピ
きょう、キューピーで認識した?
【2006/07/15 14:59】 URL | BlogPetのキャット #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。