Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 ヨアシュは王位についたとき、七歳であった。

2 イエフの治世第七年にヨアシュは王となり、四十年間エルサレムで王位にあった。その母は名をツィブヤといい、ベエル・シェバの出身であった。

3 ヨアシュは、祭司ヨヤダの教えを受けて、その生涯を通じて主の目にかなう正しいことを行った。

4 ただ聖なる高台は取り除かれず、民は依然として聖なる高台でいけにえを屠り、香をたいた。

5 ヨアシュは祭司たちに言った。「主の神殿にもたらされるすべての聖なる献金、すなわち、各人がその割り当てに従って課された献金、主の神殿に自発的にもたらされるすべての献金は、

6 祭司たちがおのおの自分の担当の者から受け取り、神殿のどこかに破損が生じたときには、それを用いてその破損を修理しなければならない。」

7 だが、ヨアシュ王の治世第二十三年になっても、なお祭司たちは神殿の破損を修理しなかったので、

8 ヨアシュ王は祭司ヨヤダおよびほかの祭司たちを呼んで言った。「なぜ神殿の破損を修理しないのか。以後あなたたちはあなたたちの担当の者から献金を受け取ってはならない。それは神殿の破損を修理するために使われるべきものだからだ。」

9 祭司たちは民から献金を受け取らず、従って神殿の破損を修理する責任を負わないことに同意した。

10 祭司ヨヤダは一つの箱を持って来て、その蓋に穴をあけ、主の神殿の入り口の右側、祭壇の傍らにそれを置いた。入り口を守る祭司たちは、主の神殿にもたらされるすべての献金をそこに入れた。

11 箱の中に献金がたまったのが認められると、王の書記官と大祭司が上って来て、主の神殿にあるその献金を袋に入れて数えた。

12 こうして確かめられた献金は、主の神殿の役人である工事担当者に渡され、主の神殿で働く大工、建築労働者、

13 石工、採石労働者たちに支払われ、また神殿の破損を修理するための木材や切り石の買い入れに用いられた。すなわち、それは神殿を修理するためのあらゆる出費に当てられた。

14 しかし、神殿用の銀の皿、芯切り鋏、鉢、ラッパなど、金の器と銀の器はいずれも、この神殿への献金では製作されなかった。

15 その献金は工事担当者に渡され、主の神殿の修理のために用いられた。

16 工事担当者に与えるように献金を渡された人々は忠実に仕事をする者であったので、会計監査を受けることはなかった。

17 賠償の献げ物のための献金、贖罪の献げ物のための献金は、主の神殿に納入されず、祭司たちのものとなった。

18 そのころ、アラムの王ハザエルが上って来てガトを攻略し、更にエルサレムに向かって攻め上って来た。

19 ユダの王ヨアシュは、先祖であるユダの王ヨシャファト、ヨラム、アハズヤが聖別したすべての聖なる物、自分自身が聖別した物、および主の神殿の宝物庫と王宮にあるすべての金を取り出し、アラムの王ハザエルに送ったので、ハザエルはエルサレムを離れて行った。

20 ヨアシュの他の事績、彼の行ったすべての事は、『ユダの王の歴代誌』に記されている。

21 その家臣たちは立ち上がって謀反を起こし、シラに下って行くヨアシュをベト・ミロで打ち殺した。

22 彼を殺したのは、家臣のシムアトの子ヨザバドとショメルの子ヨザバドであった。彼は死んで、ダビデの町に先祖と共に葬られた。その子アマツヤがヨアシュに代わって王となった。
スポンサーサイト
Sebastianと、白髪へ復讐するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。

南無喝囉怛那哆羅夜耶。南無阿唎耶。婆盧羯帝爍鉗囉耶。菩提薩埵婆耶。摩訶薩埵婆耶。摩訶迦盧尼迦耶。唵。薩皤囉罰曳。數怛那怛寫。南無悉吉利埵伊蒙阿唎耶。婆盧吉帝室佛囉楞馱婆。南無那囉謹墀。醯唎摩訶。醯唎摩訶皤哷沙。薩婆阿他豆輸朋。阿逝孕。薩婆薩哷那摩婆薩哷。那摩婆伽。摩罰特豆。怛姪他。唵。阿婆盧醯。盧迦帝。迦羅帝。夷醯唎。摩訶菩提薩埵。薩婆薩婆。摩囉摩囉。摩醯摩醯唎馱孕。俱盧俱盧羯蒙。度盧度盧罰闍耶帝。摩訶罰闍耶帝。陀囉陀囉。地利尼。室佛囉耶。遮囉遮囉。摩摩罰摩囉。穆帝隸。伊醯伊醯。室那室那。阿囉參佛囉舍利。罰沙罰參。佛囉舍耶。呼盧呼盧摩囉。呼盧呼盧醯利。婆囉娑囉。悉利悉利。蘇嚧蘇嚧。菩提夜菩提夜。菩馱夜菩馱夜。彌帝唎夜。那囉謹墀。地利瑟尼那。婆夜摩那。娑婆訶。悉陀夜。娑婆訶。摩訶悉陀夜。娑婆訶。悉陀喻藝。室皤囉夜。娑婆訶。那囉謹墀。娑婆訶。摩囉那囉。娑婆訶。悉囉僧阿穆佉耶。娑婆訶。娑婆摩訶阿悉陀夜。娑婆訶。者吉囉阿悉陀夜。娑婆訶。波陀摩羯悉陀夜。娑婆訶。那囉謹墀皤伽囉耶。南無阿利耶。婆盧吉帝。爍皤囉耶。娑婆訶。唵。悉殿都。漫哆囉。跋陀耶。娑婆訶。

きのうは評価したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。
大悲心陀羅尼
 だ い ひ し ん だ ら に

ナムカラタンノートラヤーヤー
仏・法・僧(三宝)に帰依したてまつる

ナムオリヤーボリョキーチーシフラーヤー フジサトボーヤーモコサトボーヤー
モーコーキャールニキャーヤー
大慈悲尊・聖観自在菩薩摩訶薩に帰依したてまつる

エンサーハラハーエイ シュータンノー
一切の恐怖の中にあって衆生を救いたもう観自在菩薩に帰依したてまつる

トンシャーナムシキリート
そのお方に帰依したのち

イモーオリヤーボリョキーチーシフラーリントーボー ナームー
ノーラーキンジーキーリー モーコーホートーシャーミー
私は聖観自在菩薩の威神力を持つ大慈悲の真言を唱えます

サーボーオートー ジョーシューベン オーシューイン サーボーサートーノモー
吉祥なる一切の望ましいものを成就せしめ 一切の鬼神の悪行が及ばない

ボーギャー モーハーテーチョートージートー 
一切の迷いの世界を浄化する真言を唱えたてまつる 

エン オーボーリョーギールーギャーチー キャラーチイー 
オーン 光明である智慧ある尊よ世間を超越する尊よ

イーキリモーコーフジサートー サーボーサーボーモーラーモーラーモーキーモーキー
偉大なる聖観自在菩薩よ いざいざ 導きたまえ導きたまえ、憶念したまえ憶念したまえ

リートーイン クーリョークーリョー ケーモートーリョートーリョー
真言を速やかになしたまえなしたまえ 完成したまえ完成したまえ

ホージャーヤーチー モーコーホージャーヤーチイー トーラートーラー
偉大なる勝利の尊よ 大勝利の尊よ 保持したまえ 保持したまえ

チリニーシフラーヤー シャーローシャーロー モーモーハーモーラー
最勝なる観自在菩薩よ 動きはじめたまえ動きはじめたまえ 汚れを離れたる尊よ

ホーチーリー ユーキーユーキー シーノーシーノー
汚れ無き身体を持つものよ ここに来たまえここに来たまえ

オラサンフラシャーリー ハーザーハーザー フラシャーヤー 
貪欲の害毒を滅除する尊よ 瞋恚の害毒を滅除する尊よ 愚痴の害毒を滅除する尊よ

クーリョークーリョー モーラークーリョークーリョー 
取り去りたまえ取り去りたまえ 汚れを取り去りたまえ  

キーリー シャーローシャーロー
観自在菩薩よ 動きはじめたまえ動きはじめたまえ

シーリーシーリー スーリョースーリョー フジヤーフジヤー フドヤーフドヤー
現れたまえ現れたまえ 進み出たまえ進み出たまえ 成覚したまえ成覚したまえ

ミーチリヤーノラキンジー チリシュニノー ホヤモノ ソモコー
慈悲深き観自在菩薩よ 姿を見んと欲するものには形影をあらわし歓喜せる尊よ 吉祥あれ

シドヤーソモコー モコシドヤーソモコー 
大覚成就のため祥福あれ 偉大なる大覚成就のため吉祥あれ

シドユーキー シフラーヤー ソモコー
大覚の行法に自在なるものに吉祥あれ

ノラキンジーソモコー
観自在菩薩よ 吉祥あれ

モーラーノーラーソモコー シラスーオモギャーヤーソモコー
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ソボモコシドヤーソモコー シャキラーオシドーヤーソモコー
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ホドモギャシドヤーソモコー 
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ノラキンジーハーギャラヤーソモコー
〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

モーホリシンギャラヤーソモコー
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ナムカラタンノウー トラヤーヤー ナムオリヤーボリョキーチーシフラーヤー ソモコー
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

シテドー モドラー ホドヤー ソーモーコー
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
阿弥陀佛,又名无量光佛,无量寿佛。

此佛以无量寿命救度三世众生,在空间上以无量光明摄取十方众生。

阿弥陀佛的报身,就像百千万亿夜摩天紫磨黄金色,佛身高超过六十万亿那由他恒河沙由旬。眉间放光之白毫右旋如宝珠,大小等于五座须弥山。佛眼像四方大海水那么广大,有着胜过青莲华的瞳及胜过白宝石的白色慈眼,就象无云之秋月,无限地鲜明凉爽。佛身毛孔放射出像须弥山那么广阔之光明,首颈的圆光像百亿三千大千世界那么广大,圆光中有百亿那由他恒河沙化佛,一一化佛又被无数化菩萨所围绕着。

阿弥陀佛的威神光明是一切佛中最尊贵的,诸佛光明所不能及。当阿弥陀佛的光明发出光辉,照耀十方诸佛国时,没有一个角落被遗漏,不单释迦牟尼佛赞叹其光明,十方恒河沙数诸佛亦都出广长舌相,叹其威神光明不可思议。

此光明有时照七尺距离,或照三十里、六十里、一百二十里,渐渐其距离;有时照一佛世界,有时照百佛世界,有时照千佛世界,皆依佛意,无碍自在。总之,能遍照十方,如恒河之无数多的世界,是故,阿弥陀佛又名十二光佛。
 せーそんみょうそうぐ   がーこんじゅもんぴ   ぶつしがーいんねん   みょういかんぜおん
世尊妙相具 我今重問彼 佛子何因縁 名為観世音
ぐーそくみょうそうそん   げーとうむーじんに  にょちょうかんのんぎょう  ぜんのうしょほうしょ
具足妙曹尊 偈答無盡意 汝聴観音行 善応諸方所
ぐーぜいじんにょかい   りゃつこうふーしーぎ   じーたーせんのくぶつ ほつだいしょうじょうがん
弘誓深如海 歴劫不思議 侍多千億佛 発大清浄願
がーいーにょーりゃくせつ もんみょうぎゅけんしん  しんねんふーくうか   のうめつしょーうーく
我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦
 けーしーこうがいい   すいらくだいかきょう   ねんぴーかんのんりき  かーきょうへんじょうち
假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池
 わくひょうるこーかい  りゅうぎょしょきーなん  ねんぴーかんのんりき  はー ろうふーのうもつ
或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没
 わくざいしゅみーぶ   いーにんしょーすいだー ねんぴーかんのんりき  にょにちこーくうじゅう
或在須弥峯 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住
 わくひーあくにんちく   だーらくこんごうせん  ねんぴーかんのんりき  ふ のうそんいちもう
或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛
 わくちーおんぞくねう   かくしゅーとうかがい  ねんぴーかんのんりき  げんそくきーじしん
或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心
 わくそうおうなんく    りんぎょうよくじゅじゅう ねんぴーかんのんりき   とうじんだんだんね
或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊
わくしゅーきんかーさー しゅそくひーちゅーかい ねんぴーかんのんりき  しゃくねんとくげだつ
或囚禁枷鎖 手足被柱械 念彼観音力 釈然得解脱   
 じゅうそしょどくやく   しょよくがいしんじゃ   ねんぴーかんのんりき  げんじゃくおほんひん
呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人
 わくぐーあくらーせつ   どくりゅうしょきとう   ねんぴーかんのんりき  じ しつぷーかんがい
或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害
 にゃくあくじゅいねう   りーげーそうかーふ   ねんぴーかんのんりき  しつそうむーへんほう
若悪獣圍繞 利牙爪可怖 念彼観音力 疾走無邊方
がんじゃぎゅうふくかつ  けーどくえんかーねん  ねんびーかんのんりき  じんしょうじえーこ
玩蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 念彼観音力 尋聲自回去
 うんらいくーせいでん   ごうばくじゅだいう    ねんぴーかんのんりき  おうじとくしょうさん
雲雷鼓掣電 降雹濡大雨 念彼観音力 応時得消散   
しゅじょうひーこんにゃく  むりょうくひつしん    かんのんみょうちりき  のうくーせーけんくー
衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦   
 ぐーそくじんつうりき    こうしゅうちほうべん   じつぽうしょこくど    む せつふーげんしん
具足神通力 廣修智方便 十方諸国土 無刹不現身   
 しゅじゅしょあくしゅ   じーごくきーちくしょう   しょうろうびょうしーく   い ぜんしつりょうめつ
種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅   
しんかんしょうじょうかん  こうだいちーえーかん  ひーかんぎゅうじかん  じょうがんじょうせんごう
真観清浄観 廣大智慧観 悲観及慈観 浄願常譫仰
 むーくーしょうじょうこう  えーにちはーしょあん  のうぶくさいふうか   ふみょうしょうせけん
無垢清浄光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間   
 ひーたいかいらいしん  じーいみょうだいうん   じゅんかんろほうう   めつじょぼんのうえん
悲體戒雷震 慈意妙大雲 濡甘露法雨 滅除煩悩焔   
 じょうじょきょうかんじょ  ふーいぐんじんちゅう  ねんぴーかんのんりき  しゅうおんしつたいさん
諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散   
みょうおんかんぜおん  ぼんのんかいちょうおん  しょうひせ けんおん  ぜ こ しゅじょうねん
妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念   
 ねんねんもつしょうぎ  かんぜおんじょうしょう   おーくーのうしーやく   のういーさーえーこ
念念勿生疑 観世音浄聖 於苦悩死厄 能為作依怙
 ぐーいつさいくどく   じーげんじーしゅーじょう  ふくじゅかいむりょう   ぜ こーおうちょうらい
具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼

 に じ じ じ ぼ さつ    そくじゅうざーきー ぜんびゃくぶつごん せーそん  にゃくうしゅじょう
爾時持地菩薩 即従座起 前白佛言 世尊 若有衆生  
もんぜ かんぜ おんぼ さつぼん   じーざいしーごう   ふーもんじーげん  じんつうりきしゃ 
聞是観世音菩薩品 自在之業 普門示現 神通力者
 とうち ぜ にん   くーどくふしょうぶつせつぜ ふ もんぼんじ しゅうちゅう   はちまんしせんしゅうじょう
当知是人 功徳不少佛説是普門品時衆中 八萬四千衆生
 かいほつむ とうどう   あーのくたーらーさんみゃくさんぼだいしん
皆発無等等 阿耨多羅三藐三菩提心
1 ソロモンは、そこでイスラエルの長老、すべての部族長、イスラエル人諸家系の首長をエルサレムの自分のもとに召集した。「ダビデの町」シオンから主の契約の箱を担ぎ上るためであった。

2 エタニムの月、すなわち第七の月の祭りに、すべてのイスラエル人がソロモン王のもとに集まった。

3 イスラエルの全長老が到着すると、祭司たちはその箱を担ぎ、

4 主の箱のみならず臨在の幕屋も、幕屋にあった聖なる祭具もすべて担ぎ上った。祭司たちはレビ人たちと共にこれらのものを担ぎ上った。

5 ソロモン王は、彼のもとに集まったイスラエルの全共同体と共に、その箱の前でいけにえとして羊や牛をささげた。その数はあまりにも多く、調べることも数えることもできなかった。

6 祭司たちは主の契約の箱を定められた場所、至聖所と言われる神殿の内陣に運び入れ、ケルビムの翼の下に安置した。

7 ケルビムは箱のある場所の上に翼を広げ、その箱と担ぎ棒の上を覆うかたちになった。

8 その棒は長かったので、先端が内陣の前の聖所からは見えたが、外からは見えなかった。それは今日もなおそこに置かれている。

9 箱の中には石の板二枚のほか何もなかった。この石の板は、主がエジプトの地から出たイスラエル人と契約を結ばれたとき、ホレブでモーセがそこに納めたものである。

10 祭司たちが聖所から出ると、雲が主の神殿に満ちた。

11 その雲のために祭司たちは奉仕を続けることができなかった。主の栄光が主の神殿に満ちたからである。

12 ソロモンはそのときこう言った。「主は、密雲の中にとどまる、と仰せになった。

13 荘厳な神殿を/いつの世にもとどまっていただける聖所を/わたしはあなたのために建てました。」

14 王は振り向いて、イスラエルの全会衆を祝福した。イスラエルの全会衆は立っていた。

15 王は言った。「イスラエルの神、主はたたえられますように。主は自ら語り、わが父ダビデに約束なさったことを御手をもって成し遂げ、こう仰せになった。

16 『わが民イスラエルをエジプトから導き出した日からこのかた、わたしの名を置く家を建てるために、わたしはイスラエルのいかなる部族の町も選ばなかった。わたしはただダビデを選び、わが民イスラエルの上に立てた』と。

17 父ダビデは、イスラエルの神、主の御名のために神殿を建てようと心掛けていたが、

18 主は父ダビデにこう仰せになった。『あなたはわたしの名のために家を建てようと心掛けてきた。その心掛けは立派である。

19 しかし、神殿を建てるのはあなたではなく、あなたの腰から出る息子がわたしの名のために神殿を建てる』と。

20 主は約束なさったことを実現された。主が約束なさったとおり、わたしは父ダビデに代わって立ち、イスラエルの王座につき、イスラエルの神、主の御名のためにこの神殿を建てた。

21 またわたしは、そこに主との契約を納めた箱のために場所を設けた。その契約は、主がわたしたちの先祖をエジプトの地から導き出されたときに、彼らと結ばれたものである。」

22 ソロモンは、イスラエルの全会衆の前で、主の祭壇の前に立ち、両手を天に伸ばして、

23 祈った。「イスラエルの神、主よ、上は天、下は地のどこにもあなたに並ぶ神はありません。心を尽くして御前を歩むあなたの僕たちに対して契約を守り、慈しみを注がれる神よ、

24 あなたはその僕、わたしの父ダビデになさった約束を守り、御口をもって約束なさったことを今日このとおり御手をもって成し遂げてくださいました。

25 イスラエルの神、主よ、今後もあなたの僕ダビデに約束なさったことを守り続けてください。あなたはこう仰せになりました。『あなたがわたしの前を歩んだように、あなたの子孫もその道を守り、わたしの前を歩むなら、わたしはイスラエルの王座につく者を断たず、わたしの前から消し去ることはない』と。

26 イスラエルの神よ、あなたの僕、わたしの父ダビデになさった約束が、今後も確かに実現されますように。

27 神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天もあなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません。

28 わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。

29 そして、夜も昼もこの神殿に、この所に御目を注いでください。ここはあなたが、『わたしの名をとどめる』と仰せになった所です。この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください。

30 僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。

31 もしある人が隣人に罪を犯し、呪いの誓いを立てさせられるとき、その誓いがこの神殿にあるあなたの祭壇の前でなされるなら、

32 あなたは天にいましてこれに耳を傾け、あなたの僕たちを裁き、悪人は悪人として、その行いの報いを頭にもたらし、善人は善人として、その善い行いに応じて報いをもたらしてください。

33 あなたの民イスラエルが、あなたに罪を犯したために敵に打ち負かされたとき、あなたに立ち帰って御名をたたえ、この神殿で祈り、憐れみを乞うなら、

34 あなたは天にいまして耳を傾け、あなたの民イスラエルの罪を赦し、先祖たちにお与えになった地に彼らを帰らせてください。

35 彼らがあなたに罪を犯したために天が閉ざされ、雨が降らなくなったとき、この所に向かって祈り、御名をたたえ、あなたの懲らしめによって罪を離れて立ち帰るなら、

36 あなたは天にいまして耳を傾け、あなたの僕たち、あなたの民イスラエルの罪を赦し、彼らに歩むべき正しい道を教え、嗣業としてあなたの民に与えてくださった地に雨を降らせてください。

37 またこの地に飢饉が広がったり、疫病がはやったり、黒穂病、赤さび病、いなご、ばったが発生したり、敵がこの地で城門を封鎖したり、そのほかどんな災い、どんな難病が生じたときにも、

38 あなたの民イスラエルが、だれでも、心に痛みを覚え、この神殿に向かって手を伸ばして祈るなら、そのどの祈り、どの願いにも、

39 あなたはお住まいである天にいまして耳を傾け、罪を赦し、こたえてください。あなたは人の心をご存じですから、どの人にもその人の歩んできたすべての道に従って報いてください。まことにあなただけがすべての人の心をご存じです。

40 こうして彼らは、あなたがわたしたちの先祖にお与えになった地で生を営む間、絶えずあなたを畏れ敬うでしょう。

41 更に、あなたの民イスラエルに属さない異国人が、御名を慕い、遠い国から来て、

42 ――それは彼らが大いなる御名と力強い御手と伸ばされた御腕のことを耳にするからです――この神殿に来て祈るなら、

43 あなたはお住まいである天にいましてそれに耳を傾け、その異国人があなたに叫び求めることをすべてかなえてください。こうして、地上のすべての民は御名を知り、あなたの民イスラエルと同様にあなたを畏れ敬い、わたしの建てたこの神殿が御名をもって呼ばれていることを知るでしょう。

44 あなたの民が敵に向かって戦いに出て行くとき、あなたの遣わされる道にあって、あなたのお選びになった都、わたしが御名のために建てた神殿の方を向いて主に祈るなら、

45 あなたは天にいましてその祈りと願いに耳を傾け、彼らを助けてください。

46 もし彼らがあなたに向かって罪を犯し、――罪を犯さない者は一人もいません――あなたが怒って彼らを敵の手に渡し、遠くあるいは近くの敵地に捕虜として引いて行かれたときに、

47 彼らが捕虜になっている地で自らを省み、その捕らわれの地であなたに立ち帰って憐れみを乞い、『わたしたちは罪を犯しました。不正を行い、悪に染まりました』と言い、

48 捕虜にされている敵地で、心を尽くし、魂を尽くしてあなたに立ち帰り、あなたが先祖にお与えになった地、あなたがお選びになった都、御名のためにわたしが建てた神殿の方に向かってあなたに祈るなら、

49 あなたはお住まいである天にいましてその祈りと願いに耳を傾け、裁きを行ってください。

50 あなたの民があなたに対して犯した罪、あなたに対する反逆の罪のすべてを赦し、彼らを捕らえた者たちの前で、彼らに憐れみを施し、その人々が彼らを憐れむようにしてください。

51 彼らは、鉄の炉であるエジプトからあなたが導き出されたあなたの民、あなたの嗣業です。

52 どうか、この僕の願いにも、あなたの民イスラエルの願いにも御目を向け、いつあなたに呼びかけても彼らに耳を傾けてください。

53 主なる神よ、あなたはわたしたちの先祖をエジプトから導き出されたとき、あなたの僕モーセによってお告げになったとおり、彼らを地上のすべての民から切り離して御自分の嗣業とされました。」

54 ソロモンはこのすべての祈りと願いを主にささげ終わった。それまで両膝をつき、両手を天に向かって伸ばしていた彼は、主の祭壇の前から立ち上がり、

55 立ったまま大声でイスラエルの全会衆を祝福した。

56 「約束なさったとおり、その民イスラエルに安住の地を与えてくださった主はたたえられますように。その僕モーセによって告げられた主の恵みの御言葉は、一つとしてむなしいものはなかった。

57 わたしたちの神、主は先祖と共にいてくださった。またわたしたちと共にいてくださるように。わたしたちを見捨てることも、見放すこともなさらないように。

58 わたしたちの心を主に向けさせて、わたしたちをそのすべての道に従って歩ませ、先祖にお授けになった戒めと掟と法を守らせてくださるように。

59 主の御前でわたしが祈り求めたこれらの願いが、昼も夜もわたしたちの神、主の御もと近くに達し、日々の必要が満たされ、この僕と主の民イスラエルに御助けが与えられるように。

60 こうして、地上のすべての民が、主こそ神であって、ほかに神のないことを知るに至るように。

61 あなたたちはわたしたちの神、主と心を一つにし、今日そうであるようにその掟に従って歩み、その命令を守らなければならない。」

62 王はすべてのイスラエル人と共に主の御前にいけにえをささげた。

63 ソロモンは和解の献げ物として牛二万二千頭、羊十二万匹を主にささげた。こうして、王はイスラエルのすべての人と共に主の神殿を奉献した。

64 その日、王は主の神殿の前にある庭の中央部を聖別して、そこで焼き尽くす献げ物、穀物の献げ物、和解の献げ物である動物の脂肪をささげた。主の御前にあった青銅の祭壇が、焼き尽くす献げ物、穀物の献げ物、和解の献げ物である動物の脂肪を供えるのには小さすぎたからである。

65 そのときソロモンは、すべてのイスラエル人、レボ・ハマトからエジプトの川に至るまでの大会衆と共に、わたしたちの神、主の御前で祭りを執り行った。それは七日間、更に七日間、合わせて十四日間にわたった。

66 八日目に王は民を去らせた。民は王に祝福の言葉を述べ、主がその僕ダビデとその民イスラエルになさったすべての恵みの御業を喜び祝い、心晴れやかに自分の天幕へと帰って行った。
1987年 9月29日 大天使聖ガブリエル、ラファエル、ミカエルの祝日 インチョン(韓国)
韓国のこの運動の司祭たちと共に続いて行われたチェナクルムでの黙想会
天と地は手を結ぶ
 愛する子らよ、わたしは、全世界のすべての国からあなたたちを呼び集めます。わたしの汚れなき心の光に仕える天使たちはいま、わたしの勝利をもたらす軍隊に参加するように召され、選ばれた人々をいたるところから、集めています。
 かれら天使たちは、わたしの判をあなたたちにしるします。
 かれらは、戦いのために、あなたたちに強い武具を与えます。
 かれらは、わたしの盾であなたたちを守ります。
 かれらは、偉大な勝利のために使うべき武器として十字架とロザリオを、あなたたちに与えます。
 決定的な戦いの“とき”が来たのです。このために、主の天使たちは、不思議な方法をもって働き、まい日あなたたちを導き守り、慰めるために、あなたたち、ひとりびとりの側に来ます。
 今、この時代には、悪魔たちと、すべての悪霊たちにその悪魔的な活躍の大きな自由が与えられています。同様に、これらの日々に、主の天使たちは、わたしの計画に最も重大な役割を果 たすように召されています。決定的な巨大な戦いの時に天と地は手を結びます。
 それで、あなたたちもみな、天国の天使たちや聖人たちと団結するようにすすめます。あなたたちを守護する天使にもっと祈るようにと、わたしは特にすすめます。なぜなら、天使たちは、わたしの最愛の子らであるあなたたち、ひとりびとりのために特別 な役わりを果たすように、わたしから召されているからです。毎日となえるお告げの祈りのときに、主の天使への祈りも加えることを、わたしの心は望んでいます。
 あなたたちを護る天使と共に、いつも親密に信頼をこめて生活するようにすすめます。必要の時、かれら天使たちに呼びかけ、危険にさいして、その助けを願い、あなたたちの仕事に協力してもらい、あなたたちの困難を信頼をもってうちあけ、いざないにあっては、かれらを呼び求めてください。今こそ天使たちは、あなたたちと共に一致団結しなければなりません。
 教会が今日、その祝いを行う大天使たちが、特別にそばにおられることを考えてください。聖ガブリエルが、その神の力を与えてくださいますように。聖ラフェエルが、あなたたちのどんな傷に対してもいやしの薬となってくださいますように。聖ミカエルがこの時、サタンが企んでいる恐ろしいいざないから、あなたたちを守ってくださいますように。かれらと共に、わたしの計画の光に照らされて歩み、かれらと共に、わたしの命令に従って戦ってください。
 あなたたちは、わたしの勝利の時代にはいったのですから、これから、わたしの最も大きな奇跡を見るようにと召されています。
きょうは強がりっ子と擬装みたいな留意しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。