Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

1 ツェルヤの子ヨアブは、王の心がアブサロムに向かっていることを悟り、

2 テコアに使いを送って一人の知恵のある女を呼び寄せ、彼女に言った。「喪を装ってほしい。喪服を着、化粧もせず、長い間死者のために喪に服しているように装うのだ。

3 そして王のもとに行き、こう語りなさい。」ヨアブは語るべき言葉を彼女に与えた。

4 テコアの女は王の前に出ると、地にひれ伏して礼をし、「王様、お救いください」と言った。

5 「どうしたのだ」と王が尋ねると、彼女は言った。「わたしは実はやもめでございます。夫は亡くなりました。

6 はしためには二人の息子がおりました。ところが二人は畑でいさかいを起こし、間に入って助けてくれる者もなく、一人がもう一人を打ち殺してしまいました。

7 その上、一族の者が皆、このはしためを責めて、『兄弟殺しを引き渡せ。殺した兄弟の命の償いに彼を殺し、跡継ぎも断とう』と申すのです。はしために残された火種を消し、夫の名も跡継ぎも地上に残させまいとしています。」

8 王は女に言った。「家に帰るがよい。お前のために命令を出そう。」

9 テコアの女は王に言った。「主君である王様、責めは、わたしとわたしの父の家にございます。王様も王座も責めを負ってはなりません。」

10 王は言った。「お前にあれこれ言う者がいたら、わたしのもとに連れて来なさい。その者がお前を煩わすことは二度とない。」

11 彼女は言った。「王様、どうかあなたの神、主に心をお留めください。血の復讐をする者が殺戮を繰り返すことのありませんように。彼らがわたしの息子を断ち滅ぼしてしまいませんように。」王は答えた。「主は生きておられる。お前の息子の髪の毛一本たりとも地に落ちることはない。」

12 女は言った。「主君である王様、はしためにもうひと言申し述べさせてください。」王は言った。「語るがよい。」

13 女は言った。「主君である王様、それではなぜ、神の民に対してあなたはこのようにふるまわれるのでしょう。王様御自身、追放された方を連れ戻そうとなさいません。王様の今回の御判断によるなら、王様は責められることになります。

14 わたしたちは皆、死ぬべきもの、地に流されれば、再び集めることのできない水のようなものでございます。神は、追放された者が神からも追放されたままになることをお望みになりません。そうならないように取り計らってくださいます。

15 王様のもとに参りまして、このようなことを申し上げますのは、民がわたしに恐怖を与えるからでございます。王様に申し上げれば、必ずはしための願いをかなえてくださると思いました。

16 王様は聞き届けてくださいました。神からいただいた嗣業の地からわたしと息子を断ち滅ぼそうとする者の手から、はしためを救ってくださいます。

17 はしためは、主君である王様のお言葉が慰めになると信じて参りました。主君である王様は、神の御使いのように善と悪を聞き分けられます。あなたの神、主がどうかあなたと共におられますように。」

18 王は女に言った。「わたしがこれから問うことに、隠し立てをしないように。」女は答えた。「王様、どうぞおっしゃってください。」

19 王は言った。「これはすべて、ヨアブの指図であろう。」女は答えて言った。「王様、あなたは生きておられます。何もかも王様の仰せのとおりでございます。右にも左にもそらすことはできません。王様の御家臣ヨアブがわたしにこれを命じ、申し上げるべき言葉をすべて、はしための口に授けたのでございます。

20 御家臣ヨアブが事態を変えるためにこのようなことをしたのです。王様は神の御使いの知恵のような知恵をお持ちで、地上に起こることをすべてご存じです。」

21 王はヨアブに言った。「よかろう、そうしよう。あの若者、アブサロムを連れ戻すがよい。」

22 ヨアブは地にひれ伏して礼をし、王に祝福の言葉を述べた。ヨアブは言った。「王よ、今日僕は、主君、王の御厚意にあずかっていると悟りました。僕の言葉を実行してくださるからです。」

23 ヨアブは立ってゲシュルに向かい、アブサロムをエルサレムに連れ帰った。

24 だが、王は言った。「自分の家に向かわせよ。わたしの前に出てはならない。」アブサロムは自分の家に向かい、王の前には出なかった。

25 イスラエルの中でアブサロムほど、その美しさをたたえられた男はなかった。足の裏から頭のてっぺんまで、非のうちどころがなかった。

26 毎年の終わりに髪を刈ることにしていたが、それは髪が重くなりすぎるからで、刈り落とした毛は王の重りで二百シェケルもあった。

27 アブサロムには三人の息子と一人の娘が生まれた。娘はタマルという名で、大変美しかった。

28 アブサロムはエルサレムで二年間過ごしたが、王の前に出られなかった。

29 アブサロムは、ヨアブを王のもとへの使者に頼もうとして人をやったが、ヨアブは来ようとせず、二度目の使いにも来ようとしなかった。

30 アブサロムは部下に命じた。「見よ、ヨアブの地所はわたしの地所の隣で、そこに大麦の畑がある。行ってそこに火を放て。」アブサロムの部下はその地所に火を放った。

31 ヨアブは立ってアブサロムの家に来た。「あなたの部下がわたしの地所に火を放つとは何事です」と彼が言うと、

32 アブサロムはヨアブに言った。「わたしはお前に来てもらおうと使いをやった。お前を王のもとに送って、『何のためにわたしはゲシュルから帰って来たのでしょうか、これではゲシュルにいた方がよかったのです』と伝えてもらいたかったのだ。王に会いたい。わたしに罪があるなら、死刑にするがよい。」

33 ヨアブは王のもとに行って報告した。王はアブサロムを呼び寄せ、アブサロムは王の前に出て、ひれ伏して礼をした。王はアブサロムに口づけした。
祈り

そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。王たちやすべての高官のためにもささげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏で落ち着いた生活を送るためです。これは、わたしたちの救い主である神の御前に良いことであり、喜ばれることです。神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。わたしは、その証しのために宣教者また使徒として、すなわち異邦人に信仰と真理を説く教師として任命されたのです。わたしは真実を語っており、偽りは言っていません。

ある日、インドの山奥で発見された手のひらサイズの謎の生き物“クリノッペ”。
わかっているのは、プニプニのからだと顔がないということ。
踊りが得意という噂はあるのですが・・・
実際のところはまだ不明。

現在、そんなクリノッペたちのご主人さまになってくれる方を募集中。
謎だらけの生き物ですが、新たにわかったことは、随時ご主人さま宛にメールなどでお知らせします。

□クリノッペのご主人さまになる


1.クリノッペは踊りが得意?
そして、従順です。
クリノッペは成長してゆくと、踊りをおぼえるそうなのです。そしておぼえた踊りをご主人さまの指示に従い、一生懸命踊るそうです。
まずは、大切に育ててみてください。

2.クリノッペをきせかえ
基本的にスッポンポンでも生きてゆけますが、貴方のその時の気持ちや動きに合わせたファッションを楽しむのもよいでしょう。

3.クリノッペをみんなに見せる
他の人たちへ自分のクリノッペを見せることができます。
オシャレにコーディネートを合わせて、みんなに見てもらいましょう。

4.クリノッペもお腹がへる
クリノッペの胃は、ハート型だと言われています。
ただの食べ物だとなぜか満たされず、キモチをこめた物になると満たされます。
クリノッペ専用水飴にキモチを練り込み食べさせてあげましょう。

5.クリノッペは運動好き
適度に運動をさせてあげましょう。テンポ良く手びょうしを叩いてあげると、クリノッペはそのリズムに合わせてリズミカルに踊ります。
そうすることで、健康的なからだ、柔軟なからだを手に入れ、踊りが上手になってゆきます。

6.クリノッペはキレイ好き
清潔にしていないとムシがわいてきてしまい、お肌の状態はボロボロに。
クリノッペの健康にもかかわってくるため、適度にお風呂に入れて、キレイにしてあげる必要があります。

7.クリノッペも生き物
クリノッペも命ある生き物です。
からだの具合により、いつもの様子と違う動きをみせたり、症状がでることがあります。
ひどくなると命にかかわることもありますので、健康管理にはじゅうぶん気をつけてあげましょう。
□症状一覧□
□ハラヘリ…お腹をすかせた状態。お腹がすいた様子をみせます。
□ブトリ…運動不足や食べ過ぎにより、からだが太った状態。
□ムシワキ…お風呂に入らず汚くなったからだにムシがわいた状態。
□バテリ…運動のしすぎやお風呂の入れすぎによりバテた状態。しばらく動けなくなります。

□クリノッペに関する噂
クリノッペは謎だらけの生き物。その分、いろいろな噂が飛び交っています。
真か嘘か・・・信じる信じないは貴方次第です。

【噂1.】クリノッペは死にそうになるとミイラになるらしい
クリノッペは命の危険を感じると、心を閉じていっさいの感情をなくし、長期保存できる干物のような仮死状態となり、生き延びるらしい。
干物のようになる際、クチから謎の物質を出してからだ中を包み込み、その姿は、まるで包帯にまかれたミイラの姿のようであるという。
からだのよごれをおとして水分を吸収、そして食事によりお腹が満たされると、元の姿にもどることができるという話も。
しかし、これまでに覚えたキモチやダンスは忘れており、しばらくきちんとした世話や運動をさせることで、思い出すこともあるという。
きょうは、佐々木と懇願を評議したかも。
だけど、ラットチェナクルムで上述すればよかった?
だけど、きょう、Mysticaと作用するはずだったみたい。
それではるで復活したかも。

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。

はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」
浄土真宗   親鸞 1173~1262

親鸞(しんらん)の教えとは「他力本願」。「南無阿弥陀仏」と唱えれば往生できる 
自らの信心(自力)のもとに念仏を唱える法然の教えではなく、
阿弥陀仏(他力)が差し伸べる救いによって往生するという「他力本願」と説いた。
阿弥陀仏にたいする報恩感謝の想いが、親鸞の念仏です。

経典   無量寿経(むりょうじゅきょう)、観無量寿経、阿弥陀経
     上記の経典は「浄土三部経」と呼ばれている

     経行信証 親鸞聖人が「浄土三部経」の要を解りやすく
          お説き下さいましたものです。

浄土真宗本願寺派
本尊   阿弥陀如来 (方便法身(ほうべんほっしん)の尊形)
     あるいは「南無阿弥陀仏」の6字名号
右側   「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号または親鸞聖人画像
左側   「南無不可思議光如来」の9字名号または蓮如上人の画像

真宗大谷派
本尊   阿弥陀如来 (方便法身(ほうべんほっしん)の尊形)
     光背(背後の光明で、智慧をあらわす)は上に4本ずつ下に8本ずつ
右側   「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号
左側   「南無不可思議光如来」の9字名号

本山   西本願寺 浄土真宗本願寺派
     東本願寺 真宗大谷派
地蔵盆(じぞうぼん)は、地蔵菩薩の縁日である8月24日に向け、その前日の宵縁日を中心とした3日間の期間を指し、又そのうちの日を選んで行われる地蔵菩薩の祭のことを言う。

ただし地蔵盆は寺のなかに祀られている地蔵菩薩を対象とはしていない。道祖神信仰と結びついた路傍あるいは街角(辻)の地蔵が対象となっているのである。


元は地蔵会(じぞうえ)、地蔵祭と呼ばれたが、8月24日が裏盆にあたることから、盂蘭盆にちなんで地蔵盆と呼ばれるようになったと言われている。 現代では、参加する人々の仕事などに合わせ、多少日程をずらして土日に行うところも増えている。 地蔵盆は全国的に行われている風習であるが、滋賀、京都、大阪など関西地方において特に盛んである。


地蔵祭では、地蔵のある町内の人々はこの日にかけて地蔵の像を洗い清めて新しい前垂れを着せ、化粧をするなどして飾り付けて、地蔵の前に集って灯籠を立てたりお供え物をしたりして祀る。地蔵盆の前後には、地蔵の据えられる家や祠の周囲などに、地蔵盆独特の提灯が多く飾られる。京都では子供が生まれると、その子の名前を書いた提灯を奉納する風習がある。おおむね女子は赤、男子は白で、その子が地蔵盆に参加しているあいだは、毎年飾られる。
村の辻の地蔵堂(地蔵盆の宵)前に積まれている供え物は、やってきた子供たちに配られる。電球ではなく、蝋燭の入った提灯はほの暗い
村の辻の地蔵堂(地蔵盆の宵)前に積まれている供え物は、やってきた子供たちに配られる。電球ではなく、蝋燭の入った提灯はほの暗い

地蔵菩薩は中近世以降子供の守り神として信仰されるようになった。ひろく知られた伝説によれば、地蔵菩薩が、親より先になくなった子供が賽の河原で苦しんでいるのを救うという。このことから地蔵祭においては特に子供が地蔵の前に詣り、その加護を祈る習わしになっている。ところによっては、仏僧による読経や法話も行われることがあるが、概ねそれらの多くも子供達に向けたものである。地域によっては、地蔵盆当日の朝に「数珠回し」がおこなわれる。これは、町内の子供が、直径2~3メートルの大きな数珠をかこんですわり、僧侶の読経にあわせて順々にまわすというものである。

今日では地蔵盆は子供のための祭とも言え、地蔵に詣った子供達は地蔵の前に集まった席で供養の菓子や手料理などを振る舞われる場合が多い。また地域の子供達が一堂に会するため、子供達に向けたイベントも行われたり、そのまま子供達の遊び場となることもしばしばである。

初日朝に地蔵盆の用意をし、仏僧による読経、子供におやつの配布(日に1度か2度)、夜のイベント(踊りや線香花火など)。翌日、おやつ配布、お供えのお下がり配布、後片付けといった流れが多いようである。しかし、子供が少なくなったことや大人たちの都合がつきにくくなったりすることから、1日で終えてしまう町内も増えつつある。また、地蔵盆における福引は、「ふごおろし」とも呼ばれる形式で行われていた。福引担当の家の向かいの家から渡したロープにつるし紐で手繰り寄せた。その後、その品を紐で1階へ下ろして渡すものである。しかし、最近ではこういった福引はほとんど見られなくなった。

また、町内によっては「大日如来」が祭られており、それらの町内では地蔵盆を8月25日~26日に行う。上述の地蔵盆と同様、日程をずらして土日にすることが多いため、年によっては他の町内に1週間おくれて地蔵盆をするのが見られる。
神殿
神は果たして人間と共に地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天も、あなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません。わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。そして、昼も夜もこの神殿に、この所に御目を注いでください。ここはあなたが御名を置くと仰せになった所です。この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください。僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。どうか、あなたのお住まいである天から耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。
(歴代誌下 6章18~21
きょうは、ヴィーコで退化された!

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。
「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。しかし、わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだろう。あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。」
そのとき、人々が、イエスのもとに幼な子たちを
  連れてきて、その上に手をおいて祈っていただこう
  とした。すると、弟子たちはその人々をしかりつけた。
  イエスは仰せになった。
  「幼な子たちをそのままにしておきなさい。
  わたしのところに来るのを止めてはいけない。
  天の国はこのような者たちのものだからである」と。
  そして、幼な子たしの上に手をおいてから、そこを
  お去りになった。
平和の主
わたしは、あなたがたといたときに、これらのことを話した。しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。『わたしは去って行くが、また、あなたがたのところへ戻って来る』と言ったのをあなたがたは聞いた。わたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるはずだ。父はわたしよりも偉大な方だからである。事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく。もはや、あなたがたと多くを語るまい。世の支配者が来るからである。だが、彼はわたしをどうすることもできない。わたしが父を愛し、父がお命じになったとおりに行っていることを、世は知るべきである。さあ、立て。ここから出かけよう。」
脳内メーカーシリーズ
富山登喜子と富山雅彰の脳内イメージ

 愛する子らよ、母の腕に抱かれて動かされるままにさせる小さな子どものようにして、あなたたちがここに来たことを、わたしは喜んでいます。ますます小さく、従順で、清く、単純にすべてをわたしにゆだねるもの、忠実なものとなってください。ご聖体の秘跡の中に本当においでになるわたしの子イエズスに、貴重な香り高い供えものとして、あなたたちを皆ささげ得るとき、母としてのわたしの心の喜びはどんなに大きいことでしょう!
 わたしは、礼拝とつぐないの母です。
 世界中のすべての聖ひつのそばに、母としてのわたしの現存もあります。わたしのこの現存は、わたしの子イエズスの孤独な現存のために、愛にみちた新しい聖ひつとなっているのです。あなたたちの間に、いつもおいでになるイエズスのために、愛の花園を作ります。また、天的な調和と、天国のすべてのおん力がイエズスを包みます。それは、礼拝する天使たちの軍団、聖人たちの幸せな祈り、煉獄で清められている多くの霊魂の苦しみにみちた熱望を意味します。わたしの汚れなき心の中で、これらの者はみな、地上のすべての聖ひつのうちに、実際におられるイエズスヘの絶えまない礼拝、つきない祈り、深い愛のコーラスを作っています。
 こん日、母としてのわたしの心は、神であるイエズスがご聖体の中に実際におられるのに、淋しい孤独のうちに、こんなに見すてられ、ひどい無視と沈黙のうちにおられるのを見て、ひじょうに悲しみ、ひどく傷つけられています。
 旅路を辿る苦しむ教会、わたしを母として奉献している教会、わたしのすべての子らである教会、新しい時代の箱船である神の民なる教会よ、あなたの生活の中心、あなたの恵みの泉、あなたの光の源、あなたの使徒的な活躍の源泉が、ここ、すなわち、イエズスが実際に安置されておられる聖ひつの中にだけあることを理解しなければなりません。イエズスが現存しておられるのは、あなたに成長することを教え、歩くときに助け、信仰のあかしをするときに強め、福音宣教のときに力づけ、あなたのすべての苦しみに際して支えとなるためです。
 ゲッセマニの臨終と、カルヴァリオの血まみれの時を経験するようにと召された、今の時代を旅する教会よ、きょう、わたしは、たえ間ない礼拝とつぐないを捧げている聖ひつの前に、わたしといっしょに、あなたを連れていきたいのです。それは、あなたの天の母がいつもする同じことを、あなたもくりかえすことができるためです。

 わたしは、礼拝とつぐないの母です。
 ご聖体の中にイエズスは、おん体と、おん血、魂と神性をもって、実際に現存しておられます。そうです、神のおん子イエズス・キリストは、実際に現存しておられるのです。わたしは、地上で生活していたとき、イエズスのうちに神をみていました。神が、こわれやすい弱い人性のヴェールにかくれておられたにしても、時間のうちに人間的な成長の規準に従って、その人性は、しだいに成長していったのです。信仰の絶えまない行いをもって、わたしは、わたしの子イエズスのうちに、いつも、わたしの神を見、深い愛をこめて礼拝していました。
 イエズスが小さな芽生えとしてわたしのおとめの胎内にまだ保存されていたときも、そして、かれをいつくしみ養い、育んで、わたし自身の血と肉を与えていたときも、わたしは、イエズスを神として礼拝していたのです。
 イエズスがお生まれになってから、なんの飾りもない貧しいほら穴のまぐさ桶の中にかれを眺めていた時も、わたしは、かれのうちに神を拝んでいました。
 発育する幼子イエズス、成長していく少年イエズス、そして、日々の仕事にいそしむ青年イエズス、公式に、自分の使命を果 たしている救い主イエズスのうちに、わたしは、わたしの神を、拝んでいました。
 イエズスがこばまれ、排斥され、自分の弟子から裏切られ、捨てられ、否定されたときに、わたしは、かれのうちに神を拝んでいたのです。
 イエズスが有罪を宣告されて、ぶじょくされるとき、むち打たれ、茨の冠をかぶせられるとき、死刑場につれて行かれ、十字架につけられるとき、わたしは、かれのうちに神を拝んでいたのです。
 わたしは、十字架のもとに立ってことばにあらわせないあの苦しみを耐えしのんでおられるのを見、墓に運ばれ、その中に置かれたとき、わたしは、かれのうちに神を拝んでいました。
 ご復活のあとで、栄光にみちたおん体、輝かしさとその神性の光に包まれて、いちばん始めに、わたしにお現れになったとき、わたしは、イエズスのうちに神を拝んでいたのです。

 愛する子らよ、イエズスが、ご聖体の中にいつも留まられるという“たまもの”をくださったのは、愛の奇跡であって、あなたたちは、この奇跡を天国ではじめて悟るでしょう。
 わたしが一番はじめにご復活の奇跡のあとで眺めたイエズス、その神性の輝きをもって、11人の使徒と、たくさんの弟子たち、泣いていたマグダラのマリア、墓にまでついて行った敬虔な婦人たちにお現れになった同じイエズスは、聖ひつの中で、聖別 されたパンの形の中に保存されています。
 聖ひつの中に、ご聖体のヴェールにかくれておられるのは、500名以上の弟子に現れ、ダマスコの途上、迫害者サウロをいなずまで打たれた同じ復活のイエズスです。あなたたちへの愛のあまりに、聖別 されたパンの白い形の中に、ご自分をかくしておられても、それは、栄光のおん体と神性の輝きのうちに、おん父の右に坐しておられるイエズスご自身、すなわち同じイエズスです。
 愛する子らよ、今日、あなたたちは、イエズスがあなたたちの間に現存しておられることを、もっと信じなければなりません。ご聖体の中に、イエズス・キリストがほんとうに現存されるという信仰を、すべての人がふたたび強くあかしするようにと、招かれているあなたたちは、これに応えなければなりません。そしてさらに、この招きを勇気と力をもって、どこにでも広めなければなりません。こうして、あなたたちは、あなたたちの天の母とともに、たゆることのない、つぐないと礼拝、決して終わることのない祈りの態度をもって聖ひつの前に集まるように、全教会を案内しなければなりません。あなたたちの司祭的な祈りは、すべて、ご聖体に対する祈りにならなければなりません。
 ご聖体の秘跡の中に顕示されたイエズスの前に、礼拝の時間をもつ習慣をいたる所に復興することをわたしは願っています。ご聖体に対する愛と尊敬を、もっと増すようにと、わたしは望みます。ご聖体こそあなたたちの信心の感覚的なしるしです。これほど意味深いしるしに対して、もっと尊敬を明らかにするようにと、わたしは望んでやみません。ご聖体のイエズスを、花と光でとり囲んでください。あなたたちのデリケートな心づかいでつつんでください。ご聖体のイエズスに近づくときは、深くひざまずいたり、礼拝したりするようにしなさい。
 ご聖体のうちにイエズスは、どんなにか、あなたたちを愛しておられることでしょう! ああ、あなたたちの愛の小さな行いでも、どんなに大きな喜びと慰めをイエズスに与えるかをあなたたちが知っていたら! と思います。ご聖体のみ心のカリスの中に、あなたたちが注ぐほんの一滴の純粋な司祭的愛だけでも、イエズスは、多くの汚聖の罪をおゆるしになるばかりか、無数の忘恩さえも、おゆるしになります。
 わたしの運動の司祭たち、そして信徒たちよ、たびたび聖ひつを訪れなさい。聖ひつの前に生きるようにしなさい。聖ひつの前に祈りなさい。
 あなたたちの祈りが、礼拝と取りつぎ、感謝とつぐないの絶え間ない祈りとなるようにしなさい。あなたたちの祈りが、天の天使たちと聖人たちの歌と1つになりますように。同時に、まだ清めを果 たしている煉獄の霊魂の熱烈な懇願にあわせた祈りになりますように。あなたたちの祈りは、絶え間のない感謝と、毎日の感謝の行いをあらわすために全世界のすべての聖ひつの前にひれ伏さねばならない全人類の声を1つにまとめる祈りとなるのです。

 ご聖体の秘跡のなかに、イエズス・キリストは、ほんとうに現存しておられますから、いつもあなたたちといっしょにこの世界に残っています。それどころか、イエズスのこの現存は、日ましに強くなり、太陽のように世界に輝いて、新しい時代のはじめを示すでしょう。キリストの栄光にみちた到来は、ご聖体の最も大きな輝きと共に訪れるでしょう。キリストは、ご聖体の、そのみ国の普遍の勝利のうちにご自分の栄光にみちたみ国を再建されるでしょう。そのみ国は、キリストの全能で発展し、心と魂、各個人と家庭、社会と世界の構造そのものも変化させる能力をもっています。
 イエズスは、ご自分のご聖体のみ国を再建されたら、その絶え間ない現存を味わう恵みをお与えになるでしょう。あなたたちは、この現存を新しい、しかも特別 な方法で感じるようになって、新たにされ、より美しい第2の地上の楽園を味わわせていただくでしょう。

 それにしても、あなたたちは、聖ひつの御前で、ただ祈るだけではなく、イエズスとの命の交わりがなければなりません。
 イヱズスがご聖体の中に実際に現存しておられるのは、あなたたちと、絶えざるいのちの交わりをもちたいと望んでおられるからです。あなたたちが、イエズスの前に行くとき、イエズスはごらんになり、あなたたちが話しかけるとき、イエズスは耳を傾け、あなたたちが何かをおまかせしてゆだねるとき、イエズスはあなたたちのすべてのことばを心におさめ、あなたたちがお願いするとき、イエズスはいつも聞きいれてくださいます。
 イエズスと共に生活する単純な日々のつながりを保つために、聖ひつの前に行きなさい。あなたたちの本性は、その自然の傾きとして、友人を探し、愛する人に信頼し、助けてくれる友人の必要を感じています。その同じきもちでイエズスを探し求めるために、聖ひつの前に行きなさい。イエズスを誰よりも愛する友人に、最も信頼できる人に、いちばんあこがれて愛する人にしてください。
 自分たちの愛を、イエズスにうちあけなさい。このことを、たびたびくり返しなさい。なぜなら、このことこそ、イエズスを限りなく満足させ、人間のあらゆる忘恩に傷ついたみ心をなぐさめ、すべてのうらぎりをつぐなう唯一の方法だからです。「イエズスよ、あなたは、わたしたちの愛です。イエズスよ、あなたは、わたしたちの唯一の友人です。イエズスよ、わたしたちは、あなたを愛します。イエズスよ、わたしたちは、あなたをあこがれています」と。
 事実、ご聖体におけるキリストの現存は、とり分け、かれとの真の愛の交わりの体験に、あなたがたを育成する働きをもっています。イエズスは、いつまでも、あなたたちと共にいてくださるため、地上にお残りになったのですから。こうして、あなたたちに、もはや、ひとりぼっちの淋しさを感じさせないためです。

 それから、あなたたちは、祈りと、イエズスとのいのちの交わりの実(結果)を得るために、聖ひつの前に行かなければなりません。このいのちの交わりは、あなたたちの成聖に向かって発展してみのるのです。愛する子らよ、あなたたちの生活が、聖ひつの前に、ご聖体のイエズスとの親密な一致のうちに過ごされるなら、それだけ、あなたたちは成聖に向かって成長するでしょう。ご聖体のイエズスは、あなたたちの成聖の、模範とかたどりになります。イエズスは、あなたたちを、心の清さへ、あなたたちが自発的に選んで望んだけんそん、生きた信頼、孝心にあふれる愛の依託へと導くでしょう。
 ご聖体のイエズスは、あなたたちの司祭的成聖の新しい姿となるでしょう。この成聖を得るために、あなたたちは、毎日、かくれた“いけにえ”となって、兄弟たちへの変わらぬ 愛を示し、すべての人の苦しみと十字架を自分のうえにひきうけ、悪を善にかえ、あなたたちにまかせられた人々の霊魂が、あなたたちによって救いに導かれるように全力をつくさねばなりません。
 それで、わたしは、あなたたちにいいます。あなたたちみんな、特にあなたたち司祭はみんな、聖ひつの前にいるようにとわたしが望む時は来ました。天の母であるわたしが絶えざる礼拝と、つきることのないつぐないを、いつもしているのですから、わたしの愛する子らであるあなたたちも、同じくするようにと、わたしは望んでいます。あなたたちを通して、全教会の中で、ご聖体に対する崇敬が、典礼のうちに日ごと力づよく、再び盛んになることを、わたしは望んでいます。
 教会全体を汚し、あれほどひどい不忠実とこれほど広がった棄教の原因は、ご聖体に対する崇敬の大きな危機から来たのです。この危機は、もはや終わらなければなりません。
 わたしは、わたしの運動に属しているわたしに奉献されたすべての愛する子らと共に、あなたたちを世界のすべての聖ひつの前に供え、最も貴重な真珠、いちばん香り高い美しい花として、イエズスに捧げたいのです。
 天の母は、すでにご聖体のうちにおられるイエズスのみもとに、日ましに多くの子らを連れて行きたいのです。それは、今の日々は、すべての人がご聖体のイエズスを礼拝し、愛し、感謝し、ほめたたえなければならない時だからです。
 わたしの愛する子らよ、あなたたちのために、すべての聖ひつの中で、たえることのない“いけにえ”となっておられるイエズスと共に、わたしは、父と子と聖霊のみ名によって、あなたたちを祝福します。

1987年 9月8日 聖母ご誕生の祝日 東京(日本)
日本の司祭のマリア運動の司祭たちと共にチェナクルムの形式で行われた黙想会
主の偉大な不思議
 愛する子らよ、わたしに奉献されたこの年に、生まれたばかりのあなたたちの母のゆりかごの周りにみんな集まるように招きます。わたしから、けんそん、小ささ、すなおさ、柔和、従順、そして沈黙を学びなさい。
 主は、小さな人、弱い人を通じてのみお働きになります。貧しい人を塵からひき上げ、小さな人々を、ご自分の栄光の道にみちびかれるのです。
 主のあわれみは、貧困と赤貧によってだけ現れます。主は、飢える人をよいもので満たし、病人には健康を、堕落した人には救いを、失望に沈んだ人には信頼を、そして罪人にご自分のめぐみをお与えになるのです。
 主の全能は、けんそんと、すなおさのうちにのみ働きます。主は、けんそんな人を高め、弱い人には力を与え、圧迫され、ふみつぶされている人を、ご自分の愛の道に導き、排斥された人や迫害されている人を、いつくしみのまなざしで、かえり見られます。
 きょう、わたしといっしょに主の数々の不思議を歌いなさい。その神としてのあわれみの奥義をたたえなさい。世界におけるわたしの汚れなき心の勝利をもって、あわれみ深いイエズスの愛の最大の奇跡が行われようとしているのです。
 ことしから、わたしは、この勝利を日ましに強くなる特別な方法によって実現しはじめます。教会も人類も、母としてのわたしの計画が実現するのを喜んで眺めるでしょう。
 わたしは、この実現のために、わたしの汚れなき心に奉献された司祭と信徒からなるあなたたちに〔協力〕を依頼します。わたしは、このためにこそ、わたしの小さな子よ、あなたをこんなに遠い国々に連れてきたのです。あなたが地の果 てにまで、わたしのメッセージをくりかえすことができるように…。
 わたしは、あけそめる“あけぼの”です。
 わたしは、生まれたばかりの、あなたたちの母です。
 わたしは、主の小さなはしためです。
 わたしの時が来ました! あなたたちは、わたしの汚れなき心の勝利のうちに、主の偉大な多くの不思議を眺めるように召されているのです。
 それで、わたしは、みんなを、あなたたちの生まれたばかりの天の母がねかされているゆりかごのまわりに、集まるように招きます。それは、あなたたちが、愛とけんそん、潔白と祈りの供えものとして、自分たちをわたしに供えるためです。
 わたしは、愛と喜びのうちに、あなたたちを祝福します。


梅原 彰 神父


 六月の小教区評議会で教会学校の子どもたちの信仰教育について話し合われました。子どもたちの信仰教育は信徒全員が何らかの形で責任を持っているはずです。しかし教会学校は一部のリーダーや関係者にその責任を負かし、ほとんどの人は関心もなければ、責任も感じていないのが現状です。子どもの信仰教育は生涯にわたって行うべきであることは共通認識がありました。その時子どもの信仰教育もさることながら、大人の信仰養成は一体どうなっているのかと、疑問が投げかけられました。私たち大人は幼児洗礼の人もいるが多くの人は受洗した後、日曜日のミサや黙想会に参加する程度で、特に信仰養成の勉強会等には出席されていないのが現状です。その反省とも思える発言がなされ、大人の信仰養成の必要性を感じている評議員が多くおられました。私はその発言に対して、心強く感じました。会社や職場においても、研修会や会議に出序して、社員の資質や技能の向上のため、養成が行われています。教会においても、第二バチカン公会議後信徒の信仰養成や生涯養成の重要性が求められています。人は生涯学び続けなければ退化して行きます。信徒も司祭も一生成長し続けるためには、生涯学び続けねばなりません。聖パウロも次のように述べています。「私たちは皆、信仰によってまた神とおん子を深く知ることによって、一つになり、成熟した大人、すなわちキリストのうちに満ちているもので満たされて、その背丈いっぱいに達するように」と励ましています。キリスト教を学ぶ人を求道者と呼びますが、私たちは洗礼を受けた後も一生涯求道者でなければなりません。教会ではバザー等で多くの人々が集まりますが、黙想会や信仰講演会の時こそもっと多くの人々が集まるべきです。現在当教会では、信仰教育の一環として、ジョバンニ神父の指導で、聖書研究会が毎月第三土曜日の午後七時十五分より行われています。七月七日より毎月第一土曜日の午後七時十五分より、典礼研究会が梅原神父の指導で行われます。又カテキズム研究会も行われる予定です。信仰教育委員会の呼びかけで色々な信仰養成の集いが始まりますが、こうした集いに一人でも多くの方々が参加して、自らの信仰養成に取り組むよう努めてください。


だから、わたしが愛し、慕っている兄弟たち、わたしの喜びであり、冠である愛する人たち、このように主によってしっかりと立ちなさい。

わたしはエボディアに勧め、またシンティケに勧めます。主において同じ思いを抱きなさい。なお、真実の協力者よ、あなたにもお願いします。この二人の婦人を支えてあげてください。二人は、命の書に名を記されているクレメンスや他の協力者たちと力を合わせて、福音のためにわたしと共に戦ってくれたのです。主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。
終わりに、兄弟たち、すべて真実なこと、すべて気高いこと、すべて正しいこと、すべて清いこと、すべて愛すべきこと、すべて名誉なことを、また、徳や称賛に値することがあれば、それを心に留めなさい。わたしから学んだこと、受けたこと、わたしについて聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神はあなたがたと共におられます。
きのうはおすすめしたの?

*このエントリは、ブログペットの「リリー」が書きました。

タイムってどんなハーブ?
由来

 タイムは、スペイン原産のタチジャコウソウのことで、シソ科の常緑小低木です。

 タイム(Thyme)という名前は、thyo(良い香り)に由来しており、ギリシャ語の「勇気(thymos)」が語源とされています。当時、男性に対して「タイムの香りがする」という言葉は、最高の誉め言葉だったと言われています。
特徴

 タイムは、立性のものと地面を這うように広がる葡匐性のものがあり、その種類は100種類以上にのぼります。

 細かくて小さな丸葉が特徴で、強い独特の芳香があり、その香りが肉や魚などの臭みを消してスパイシーな風味を与えてくれます。また、小さなかわいい薄いピンク色の花をつけ、観賞用としても十分楽しめます。
効能

 タイムは、西洋料理に欠かせないスパイスですが、古くから薬草としても利用されてきました。

 中でも精油成分のひとつ、ティモールは強力な防腐・殺菌作用を持っており、空気中のウイルスやバクテリア、体内の有害な細菌を殺菌してくれます。
 タイムのハーブティは、咳が出る風邪に効果があり、疲れたときの滋養強壮にも効果があります。

 また、美容にも効果があり、洗顔に利用するとニキビに効果があり、ハーブバスとして利用すれば、筋肉痛を和らげる効果があります。
産地レポート

 タイムは、日当たりが良く、水はけ、通気性の良い畑を好みます。

 種を蒔いても、挿し木をしても増やすことができ、一度植えておけば数年間は利用できるので便利です。害虫もつきにくいので栽培は簡単です。

 栽培は、3月頃育苗箱に種を蒔き、草丈が7~8cmになったら畑に植えます(挿し木も同様のやり方です)。

 9月頃には利用することができ、12月初旬まで収穫が可能です。葉の先端を指で摘み取り、肉、魚料理やスープ、シチューなどに使用します。
2年目からは、新しい芽が出始める3月頃から利用することができます。

 JA遠州中央でも20gパックが10パック入ったケースを、春から秋まで平均1日10ケース程度出荷しています。
タイムを家庭で作ろう
環境

 庭の土でも、プランターでも栽培できます。
 乾燥した水はけのよい土で、日当たりがよく、湿気の少ない場所を選びましょう。
 湿気の多い梅雨時や真夏は弱りやすいので、風通しに注意します。
種から育てる

 種がとても小さいので、育苗箱に種をまき、ある程度成長してからプランターや鉢に植え替えます。草丈が7~8cm(葉が6~8枚)になったら植え替え時です。
苗を購入して育てる

 草丈が10cm以上になって、よく枝分かれがしてきたら、草丈の3分の2くらいを手で摘み取ります。葉のみを利用する場合は、根本から葉をこそぎ取るようにします。

 ほぼ周年摘み取りが可能ですが、つぼみがふくらんで花が咲きそうになった頃が収穫に最適です。葉が傷つくと、風味が損なわれてしまうので注意しましょう。
タイムミニ百科
ドライハーブを作る

 摘み取ったタイムを、風通しがよく、直射日光があたらない場所で自然乾燥します。乾燥したタイムは、料理だけでなく、ハーブティ、ハーブバスと幅広く利用できます。
利用方法
料理に・・・

 葉や茎は、西洋料理に欠かせないハーブのひとつです。その独特の香りが肉や魚などの臭みを消してくれます。長時間熱を加えても、香りがなくならないため、煮込み料理に最適です。。
 また、オリーブオイルの瓶にタイムや好みのハーブを入れて、オイル漬けにします。ハーブの香りがオイルに移り、パスタなどを作る際に利用すると、香り豊かな料理が楽しめます。
ハーブティに・・・

 タイムをポットに入れ、沸き立てのお湯を入れます。カップ1杯分のハーブティを作る場合、乾燥したタイムの場合はティースプーンに山盛り1杯を3~5分、生のタイムの場合は 5cmほどにカットしたタイムを3本くらい30秒~1分、どちらもポットで蒸らして飲みます。精油成分を逃さないよう、蒸らしている間はポットのフタをしましょう。
 タイムは、カモミールやペパーミントなどと違い、あくまでも薬効目的のハーブティです。味になじめないときは、蜂蜜などを入れて、甘みを加えると飲みやすくなります。
ハーブバスに・・・

 乾燥したタイムならば、市販のティーバックや布袋などに5gほど入れます。生のタイムの場合は、数本摘み取って、洗って汚れを落としてから、ひもで束ねます。
 水から湧かす場合は最初からタイムを入れ、給湯式の場合は蛇口にかけ、お湯がタイムにあたるようにします。
 独特の香りがありますが、他のハーブとの相性はよく、お互いの香りを引き立てますので、お好みで他のハーブと混ぜて、お気に入りの香りを楽しむことができます。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。