Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海うまれの「海のしずく」と呼ばれるハーブ「ローズマリー」。
細い葉が対照につく枝を指でなでると、ピリリと独特なすがすがしい香りがします。

剪定のたびにリースをつくって部屋にかけておくと、部屋の中のにおいを消し、空気をきれいにする作用があります。これは、昔から使われているローズマリー利用法のひとつ。ローズマリーのリースは、花のない状態でもさまになりますし、もちろん花つきでも素敵です。

お料理に加えたり、抽出液を利用することで、心身ともにさまざまな効果を得られます。
お風呂に入れると、血行不良を改善し、新陳代謝を高め、さらに筋肉痛 をやわらげてくれる効果が。すっきりとよい香りで気分もリフレッシュ できます。また、抽出液をうがい薬や切り傷に使用すれば、穏やかな 殺菌作用があります。

お料理にも欠かせないハーブ。クセのある肉、魚の料理に使うと、ひとあじ以上違う風味が加わります。ガーデンパーティの際、株から一枝とってオリーブオイルをつけてお肉の表面をなでながら焼くパフォーマンスを。香りよいおいしい焼き上がりになります。ぜひお試しを。
葉には酸化防止作用があるので、肉・魚の保存用に刻んだものをまぶしておき、そのまま焼いたらローズマリー風味の一品のできあがり。

ローズマリーととくに相性がよいのが、ジャガイモ、鶏肉料理です。
鶏肉のクリーム煮にほんの少しのローズマリーを加えます。
刻んでバターに混ぜたローズマリー・バターは、ジャガイモのソテーを作るときに重宝します。室温でやわらかくしたバターに、きざんだローズマリーの葉、レモンのしぼり汁、お好みで塩・コショウを加えてよく混ぜるだけ。冷凍保存もできます。

煮込み料理に欠かせないブーケガルニには、月桂樹(ベイ・リーフ)、タイムとともに、ローズマリーを加えます。
ビスケットなどに焼きこむと甘さが引き立ちます。

また、ローズマリーには消化を助ける働きがあるので、脂っこいお料理を食べたあとのハーブティにおすすめです。おなかがいっぱいで食べすぎた日、元気の出ないときには、ローズマリーのハーブティを。

では、育て方を。

ローズマリーには、立性とほふく性があります。立性のものは2メートルほどの高さになり、見事です。刈り込みを工夫してスタンダード仕立てにしても素敵。伸びる枝をこまめに刈り込んでいくだけでも、こんも
りとした形のよい株になります。
ほふく性のものは、針金などでお好みの形を作ってはわせます。
ローズマリーの若い枝は、生長するとタイムと同じく茎が木質化します。

秋から翌春に枝にびっしりと小さな花が咲きます。花色は白っぽいものから薄い水色、ブルー、紫色、ピンクなど。
ローズマリーは、必要なときにいつでも収穫できますが、特に香りがよいのは、開花前。花が咲く前にまとめて収穫して保存してもよいです。
育てるのは、日あたりと水はけのよい場所で。土は乾きめが好みなので、水をあげすぎないように注意してください。木の灰や卵のからなどを混ぜた石灰質の土で育てると、株は小さめになりますが、香りの強いローズマリーになります。

半耐寒性なので、氷点下になる場所は注意が必要。冬は日あたりのよい室内に入れたほうが安全です。立性のほうが少し寒さに強いです。
スポンサーサイト

彼らは思慮に欠けた国民
彼らには洞察する力がない。
もし、彼らに知恵があれば、悟ったであろうに。
自分の行く末も分かったであろうに。
もし、岩なる神が彼らを売らず
主が渡されなかったなら
どうして一人で千人を追い
二人で万人を破りえたであろうか。

しかし、彼らの岩は我々の岩に及ばない。
我々の敵もそのことは認めている。
彼らのぶどうの木は、ソドムのぶどうの木で
ゴモラの畑で育ったもの。
そのぶどうは毒ぶどう
その房は苦い。
そのぶどう酒は、蛇の毒
コブラの猛毒。
これは、わたしのもとに蓄えてあり
わたしの倉に封じ込めてあるではないか。
わたしが報復し、報いをする
彼らの足がよろめく時まで。
彼らの災いの日は近い。
彼らの終わりは速やかに来る。

(申命記32章28~35)

うそこメーカー
富山雅彰の脳内イメージ

遠い昔の日々を思い起こし
代々の年を顧みよ。
あなたの父に問えば、告げてくれるだろう。
長老に尋ねれば、話してくれるだろう。
いと高き神が国々に嗣業の土地を分け
人の子らを割りふられたとき
神の子らの数に従い
国々の境を設けられた。
主に割り当てられたのはその民
ヤコブが主に定められた嗣業。
主は荒れ野で彼を見いだし
獣のほえる不毛の地でこれを見つけ
これを囲い、いたわり
御自分のひとみのように守られた。
鷲が巣を揺り動かし
雛の上を飛びかけり
羽を広げて捕らえ
翼に乗せて運ぶように
ただ主のみ、その民を導き
外国の神は彼と共にいなかった。
主はこれを丘陵の地に導き上り
野の作物で養い
岩から野蜜を
硬い岩から油を得させられた。
彼らは、牛の凝乳、羊の乳
雄羊の脂身
バシャンの雄牛と雄山羊
極上の小麦を与えられ
深紅のぶどう酒、泡立つ酒を飲んだ。
エシュルンはしかし、肥えると足でけった。
お前は肥え太ると、かたくなになり
造り主なる神を捨て、救いの岩を侮った。
彼らは他の神々に心を寄せ
主にねたみを起こさせ
いとうべきことを行って、主を怒らせた。
彼らは神ならぬ悪霊に犠牲をささげ
新しく現れ、先祖も知らなかった
無縁の神々に犠牲をささげた。
お前は自分を産み出した岩を思わず
産みの苦しみをされた神を忘れた。

そのとき大祭司ヒルキヤは書記官シャファンに、「わたしは主の神殿で律法の書を見つけました」と言った。ヒルキヤがその書をシャファンに渡したので、彼はそれを読んだ。書記官シャファンは王のもとに来て、王に報告した。「僕どもは神殿にあった献金を取り出して、主の神殿の責任を負っている工事担当者の手に渡しました。」更に書記官シャファンは王に、「祭司ヒルキヤがわたしに一つの書を渡しました」と告げ、王の前でその書を読み上げた。王はその律法の書の言葉を聞くと、衣を裂いた。王は祭司ヒルキヤ、シャファンの子アヒカム、ミカヤの子アクボル、書記官シャファン、王の家臣アサヤにこう命じた。「この見つかった書の言葉について、わたしのため、民のため、ユダ全体のために、主の御旨を尋ねに行け。我々の先祖がこの書の言葉に耳を傾けず、我々についてそこに記されたとおりにすべての事を行わなかったために、我々に向かって燃え上がった主の怒りは激しいからだ。」

カルメルの母 花咲けるぶどうの木
あまつみ国の輝き たぐいなきおとめ
いとやさしくて 清らかなるみ母
カルメルの子らにいつくしみを示したまえ 
おお 海の星よ

イエッセの根 芽吹く幹よ
おんみに仕えるため み前にあるを我にゆるしたまえ
いばらの中のゆり 我らの弱き心を清く保ちたまえ
おお優しき保護者よ

戦う者の強き盾 戦いはげしくなれば
我らにおんみの守り スカプラリオを与えたまえ
我らが疑いをば おんみが励ましもて
我らが苦しみをば おんみが慰めもて助けたまえ
おお カルメルの母よ
レモンバームの葉は、とてもレモンに似た香りがします。事実、メリッサ油とレモン油はよく似ています。植物学的にいえば、この2つの植物は無関係です。似た香りでも、レモンバームのほうがレモンに比べてより繊細で、きわめてユニークな芳香を放ちます。

 レモンバームは別名、「メリッサ」とも言いますが、この名前はミツバチということを意味するギリシャ語からきたものです。ミツバチはこのメリッサの花が蜂蜜を作るのに特に好都合らしく、この植物の香りに引き寄せられます。「バーム」という名は、バルサム(香膏の意)を縮めたものですが、これは最初にこう名付けられて以来、この植物がその香りでずっと知られてきたことを示しています。

 レモンバームは最も古くから使われていた薬草のひとつで、パラケルススはこれを非常に尊重して「生命のエリキシル」と呼び、これを炭酸カリウムと合わせて「プリムム・エンス・メリッサエ」として知られる合剤を作りました。レモンバームのエッセンスは、17世紀末以来、医療に用いられています。

  効果
 
 かつてレモンバームは、人間より長生きすると考えられていました。13世紀、グラモーガン公ウェリンは、いつもレモンバームのハーブティーを愛飲していたおかげで、108歳まで長生きし、サイデナム在住のジョン・ハシーという男は、毎朝このハーブティーにハチミツをたらして飲むこと50年、116歳まで生きたといいます。

 昔の薬草専門家はみな、うつ病の薬剤として、また脳と神経との強化剤としてのレモンバームの薬効を賞揚しました。

 「これは脳と神経のあらゆる障害に有効で、心臓を元気付け、失神 ・うつ病・心気症とヒステリーの諸傷害を防止し、化膿を防ぎ、また、 悪性で感染症のある病気にも有益である。」

 メリッサの精油は、刺激作用よりも強壮作用を発揮し、心臓を、そして神経系統・消化器系統および子宮を強壮にする効果があります。 これは気分を鎮静させ、心を穏やかにし、抑うつ症を好転させます。呼吸と脈拍を緩慢にし、血圧を下げ、平滑筋の痙攣を静める力もあります。

 熱が出た場合には、レモンバーム油は緩和な発汗作用を示し、冷却効果をあらわします。ですからこれは、風邪と流感に役立ちます。また、ここで有益なのは、これが気管支の痙攣を静める効果を発揮してくれることです。このために、これが喘息にも、また気管支炎にも有効性を示すのです。

 精油成分はシトロネラール、シトラール、ゲラニアールです。
BlogPet 今日のテーマ 好きな動物
「あなたが好きな動物を教えてください。」
猫です。
年間15主日 C【ルカ10:25-37よいサマリア人のたとえ】
 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。
 イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」
 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

作詞 森田胤仙  作曲 西山健次

1.おひさまにこにこ わらってる
  よいこのかおも わらってる
  おへやのまども ひかります
  たのしいたのしい ようちえん
  あかるいあかるい さゆりようちえん

2.ことりがならんで うたってる
 わたしもぼくも うたってる
 おにわのはなも ゆれてます
 たのしいたのしい ようちえん
 あかるいあかるい さゆりようちえん

3.てんしがやさしく まもってる
 みんなをいつも まもってる
 おそらのしゅごの てんしさま
 たのしいたのしい ようちえん
 あかるいあかるい さゆりようちえん
こないだ、椀が
昨日、アグネスがわたしは思ったわたしはいたずらに骨折りルチアに、空しく、力を使い果たした、と。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「サラダ」が書きました。
完全な服従の恵みを与えてください
と、ルチアが考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「ルチア」が書きました。
きょうは、ここまで飯田さんは予見するはずだったみたい。
また飯田さんで永遠へ服従したかったみたい。
またきのう、忍耐しないです。
またここに予見したかもー。
またきょう、飯田さんがここに飯田さんは計画するはずだったみたい。
また飯田さんは服従した。
また飯田さんは善は計画された!


*このエントリは、ブログペットの「キャット」が書きました。

神よ、きょうわたしの身に起こるすべてのことは、
あなたが永遠からわたしの善のために予見し、
備えてくださったことを信じます。

永遠の計り知れないご計画を尊び、
あなたの愛のために、心を尽くしてこれに従います。

また、わたしのすべてをいけにえとし、
神である救い主イエスのいけにえに合わせてささげます。

救い主のみ名により、また、その限りない
いさおしによって願います。

あなたのはからいによって起こることはすべて、
あなたのより大きな栄光と、わたしの聖化のためになるよう、
労苦に際しての忍耐と、神への完全な服従の恵みを与えてください。
昨日、アグネスが

わたしは思った
わたしはいたずらに骨折りヤコブに、空しく、力を使い果たした、と。
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「アミティエル」が書きました。
今日は、広い矢筒の中に立ち帰らせ
イスラエルの残りの光とし
わたしの名を呼ばれた主は
こう言われる

ヤコブを御もとに立ち帰らせ
イスラエルを集めるために
母の♪
島々よ、耳を傾けよ

主の御目にわたしを裁いてくださるのは主であり
働きに報いてくださるのは主で
と、ネコ飼いは考えてるはず。


*このエントリは、ブログペットの「インマニュエル」が書きました。
パパイヤは主はblogされた。
きょうパパイヤがパンダくんがここまで矢筒っぽいblogしたかも。

いつも、猫好きで~すは再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」更に付け加えて.「心を入れ替えて一生懸命七夕をするなら1年に1度、7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡しました。
とか書いてた?*このエントリは、ブログペットの「こなミルク」が書きました。




*このエントリは、ブログペットの「パパイヤ」が書きました。
きょうは神blogしなかったよ。


*このエントリは、ブログペットの「ルルド」が書きました。
きょうはここでヨセフはここへ残りもblogしなかったよ。


*このエントリは、ブログペットの「ラット」が冬眠中を読んで書きました。
御目にわたしは重んじられている

わたしの口を鋭い剣として御手の陰に置き
わたしは思った
わたしはあなたを国々の光とし
わたしの口を連れ帰らせる
と、ミカエラが考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「ミカエラ」が書きました。
島々よ、わたしに聞け
遠い国々よ、耳を傾けよ。
主は母の胎にあるわたしを呼び
母の腹にあるわたしの名を呼ばれた。
わたしの口を鋭い剣として御手の陰に置き
わたしを尖らせた矢として矢筒の中に隠して
わたしに言われた
あなたはわたしの僕、イスラエル
あなたによってわたしの輝きは現れる、と。
わたしは思った
わたしはいたずらに骨折り
うつろに、空しく、力を使い果たした、と。
しかし、わたしを裁いてくださるのは主であり
働きに報いてくださるのもわたしの神である。
主の御目にわたしは重んじられている。
わたしの神こそ、わたしの力。
今や、主は言われる。
ヤコブを御もとに立ち帰らせ
イスラエルを集めるために
母の胎にあったわたしを
御自分の僕として形づくられた主は
こう言われる。
わたしはあなたの僕として
ヤコブの諸部族を立ち上がらせ
イスラエルの残りの者を連れ帰らせる。
だがそれにもまして
わたしはあなたを国々の光とし
わたしの救いを地の果てまで、もたらす者とする。
わんこが西を感心ー!


*このエントリは、ブログペットの「わんこ」が書きました。
ほんとうは、汚れなき御心のマリアは

織女は、天を支配している父いつもの言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「チェナクルム」が書きました。
いつも、猫好きで~すは

再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」更に付け加えて.
「心を入れ替えて一生懸命七夕をするなら1年に1度、
7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡しました。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「こなミルク」が書きました。
きょうキティ&ぺディは、ここへ天を感謝するはずだったみたい。
ここへ雲が賛美したかった。
ここまで地を感謝したかった。
きのうキティ&ぺディが、感謝するはずだったの。
猫の子で誉れとか感謝したいです。
ここまで歌に感謝したかった。


*このエントリは、ブログペットの「キティ&ぺディ」が書きました。
きょうは、トビアが俳句を詠んでみようと思うの

 「この
右を 救いください 慈しみ」


*このエントリは、ブログペットの「トビア」が書きました。
昨日、まさいが
それ以来、七夕の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、
以前のように機織りに精を出すようになりました。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「エリザベット」が書きました。
きのうアレルヤの、天とか賛美された!

昨日、ユリアナが*このエントリは、ブログペットの「わんこ」がはい、こちら彼らオペレーター待機室を読んで書きました。
って言ってたよ。
*このエントリは、ブログペットの「ダニエル」がA d d i n g!を読んで書きました。




*このエントリは、ブログペットの「ダニエル」が書きました。
夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居ました。
織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していました。
織女の織る布はそれはみごとで、五色に光り輝き、
季節の移り変わりと共に色どりを変える不思議な錦です。
天帝は娘の働きぶりに感心していましたが、年頃の娘なのに
お化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、
天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることにしました。
こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めました。

しかし、結婚してからの織女は牽牛との暮しに夢中で毎日はしゃぎまわってばかり。
機織りをすっかり止めてしまったのです。
天帝も始めはこんな二人の様子を新婚だからと大目にみていましたが、
いつまでもそんな有様が続くと眉をひそめざるを得ません。
天帝はすっかり腹を立ててしまい、2人の所へ出向くと、
「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。
心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。
再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」更に付け加えて...
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、
7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡しました。

織女は牽牛と離れて暮すのがとても辛く涙にくれるばかりでしたが、父天帝に背く事もできず、
牽牛に別れを告げると、うな垂れて天の川の東に帰って行きました。

それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、
以前のように機織りに精を出すようになりました。
牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて...7月7日を待ちました。
こうして、牽牛と織女は互いの仕事に励みながら、指折り数えて7月7日の夜を ...

ところが、2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、
天の川の水かさが増して、織女は向こう岸に渡ることができなくなります。
川下に上弦の月がかかっていても、つれない月の舟人は織女を渡してはくれません。
2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、
お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流すのでした。

7月7日に雨が降れば...そんな2人を見かね何処からともなくかささぎの群が飛んできて、
天の川で翼と翼を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだそうです。
そういえば、marikoが
弟子のヤコブとヨハネはそれを見て、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言われたが、その人に、自分たちのこないだを葬らせなさい。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「ジョセフ」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。