Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せを呼ぶワイルドベリー! テレビなどで、大ブレイク中のワイルドストロベリー(ワイルドベリー)の苗を、こちらからご購入いただけます!!
ワイルドストロベリー(ワイルドベリー)はバラ科の多年草で、昨年テレビでも話題になりました。この品種は四季咲きの野生種で、小さな実をつけます。実をジャムにしたり、葉をハーブティーとして利用できます。
野イチゴの葉、根、果実は、古くから薬用として用いられ、家庭常備薬として愛用されていました。繁殖力も強く、育てやすいのが特徴です。親株からランナーが伸びて、すぐに根を張るところから、幸せを呼び、家庭円満の象徴とされています。
葉も茎も果実も利用できます。葉は、消化器の不調に穏やかな収斂作用があります。根は、下痢などによいとされています。茎は、創傷の治癒によいとされ、果実は美肌を作ります。シミ、そばかすによく、ビタミンB、C、E、ミネラルを多く含みます。
スポンサーサイト
アレルヤが、ユダヤ人の身代わりとなって、出エジプト記(第12章)
の出来事を記念しています
 四旬節の最後の罰として、焼いて灰の♪
 この主日
前ころに教会に持ち寄られ、焼いておいたイスラエルの民の家は「過ぎ越され」
たの町に用いられるのです
 ただし、子羊の血を、戸やシュロの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アグネス」が書きました。
日曜日ユリアナたちが、新しい「主の「ういご」
は打ち殺されなかったの♪
夜は、祝福されたイスラエルの民の家は「ういご」
は打ち殺されなかったよ
間近は、キリストの勝利
をすべて打ち殺されなかったのは、広い芽生えと
間近は人類の受難の朗読が「枝の主日」
と呼ばれていたように、イスラエルの人間と動物の「ういご」
前ころに教会に持ち寄られ、焼いて灰の水曜日
前ころに教会に持ち寄られ、そのためです
 この主日
となり、私たちのためです
と、ユリアナが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わんこ」が書きました。
 四旬節の最後の日曜日は、「受難の主日」あるいは「枝の主日」と呼ばれています。

 ユダヤ人の過越祭(すぎこしさい)を間近に控えて、イエス・キリストは、ベトファゲ(ベテパゲ)からロバに乗ってエルサレムの町に入られました。 すると大勢の群衆は、「イエス・キリストがダビデ王のように、イスラエルの国を復興させる王としてエルサレムに来られた」かのように考え、自分の服やシュロの木の枝を道に敷き、「ダビデの子にホザンナ」と叫んで、イエス・キリストを歓迎しました。

 この出来事に因(ちな)んで今日でも、ミサの始めにシュロの木の枝を祝福し、それを手に持って行列しながら、主の「エルサレム入城」を記念します。 この主日が「枝の主日」とも呼ばれるのは、そのためです。

 しかしイエス・キリストがエルサレムにおいでになったのは、使徒たちに何度か予告していたように、十字架にかけられて、すべての人の身代わりとなって、自分の命をお捧(ささ)げになるためでした。 この御受難の出来事を記念するために、この日の福音では、キリストの受難の朗読が行われます。

 信徒は、祝福されたシュロの木の枝を各家庭に持ち帰って、十字架に付けたり、家庭祭壇に飾ったりします。 これは人類のために、十字架の木によって死を打ち滅ぼし、「正義の芽生え」(エレミア33:15)として復活し、永遠の命に入られた「キリストの勝利」を予告するシンボルであると言われています。

 シュロの木の枝は次の年の「灰の水曜日」前ころに教会に持ち寄られ、焼いて灰の儀式に用いられるのです。

 註:ユダヤ人の「過越祭」とは、出エジプト記(第12章)の出来事を記念してお祝いする、ユダヤ教のお祭りです。 主は、イスラエルの民をファラオがどうしても解放しない最後の罰として、エジプトの国をめぐってエジプトの人間と動物の「ういご」をすべて打ち殺されたのです。 ただし、子羊の血を、戸や框(かまち)に塗っておいたイスラエルの民の家は「過ぎ越され」たので、イスラエルの「ういご」は打ち殺されなかったのです。 

聖週間

 復活祭に先立つ一週間は「聖週間」と呼ばれ、その中でも、「主の晩餐の夕べのミサ」(聖木曜日-夕方-)から、「主の受難の祭儀」(聖金曜日-夕方-)を経て、「復活の聖なる徹夜祭」(聖土曜-夜-)を頂点とし、「復活の主日」に至る三日間が、新しい「主の過越しの聖なる三日間」と呼ばれるようになりました。

 この「新しい過越し」が、ユダヤ人の過ぎ越し祭(ニサン月15日)とは別に行われることは、ユダヤ人の過越祭の小羊に代わって、イエス・キリストが「世の罪を取り除く神の小羊」となり、私たちのために復活の命をもたらしてくださったことを象徴しているかのようです。
BlogPet 今日のテーマ
「目玉焼きはソースで食べますか?醤油で食べますか?」
何もかけない

1 あめなる きさきの み母マリア 慕わし
地にては くるしみ あめにては さかゆ
ゆかしき そのみ名
2 みつかい こぞりて 聖(きよ)き み名を称えつ
あさなに ゆうなに みうたを ささげて
みそばよ はなれず
3 なみだの たにまに み母マリア 慕いつ
みたすけ もとめて いのる わがこころ
みそなわしたまえ
4 なみだを たたえつ み側(そば)慕う世の子ら
まみゆる その日を よろこび しのびて
のぞみはいやまず
5 のぞみは みそらの 暁(あけ)の星とかがやき
あさごと あおぎて みははよ なつかし
みたすけ ねがいて
きょうミルクは、猫好きで聖者に絶したかもー。
きのうはさんも絶したよ♪

きのうはここまでランチョンマットのもとb l o gしなかった?ランチョンマットとここにランチョンマットのもとb l o gする?*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ねずみ」が書きました。
ねずみはb l o gする?*このエントリは、B l o gしなかった。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
きのうキティ&ぺディが、絶ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キティ&ぺディ」が書きました。
きのうはうたも絶したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トビア」が書きました。
きのうまさいで、絶したかったの♪
みそらまで絶したいです。
まさいは絶した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「エリザベット」が書きました。
昨日、アレルヤが
今日はネットできのうやおかし言葉や、きのうを悲します弱きわれに かけよるわれをあわれみて さとしみちびく いのちの?
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ダニエル」が書きました。
marikoで、いのちをblogしたかも。
きのうジョセフが、言葉にblogしたいです。
きのうジョセフが、いのちもblogしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
きのう、ノンで言葉がblogするはずだった。

【ゴルゴタ】 (#172)
1ゴルゴタいたまし 罪なき君は
けがれしわれらの 痛みは尽きず
諸人とともに みちびき仰がん



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「佐々木」が書きました。
今日はネットで
主やおかし言葉や、
主を悲します
弱きわれに かけよるわれを
あわれみて さとしみちびく いのちの?
 かけよるわれをおかし 主を悲します
弱きわれに 主やおかし言葉や、おかし言葉や、
主やおかし言葉や、おかし


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Mystica」が書きました。

1 われ 神をほめ 主とぞ 称えます
永遠(とわ)の み父を あめつちと共に
みつかい うとう ケルビムのうた
セラフィムの歌 絶ゆるひまなし
2 「聖なる 聖なる 聖なる み神よ
よろずの民を ひきいたもう我主(わがしゅ)
あめつちに満つ とわの栄え」と
さけぶ その声 みそらに とよむ
3 尊き み弟子ら ほまれの証聖者
いのち ささげし すべての殉教者
神の みまえに 競い歌えば
はかりつきせぬ みいつ かがやく
4 父 み子 み霊(たま) 三位(さんい)にましませど
ひとりの み神 世を救わんため
おとめに やどり 苦しみ しのび
死と罪に勝ち 天にのぼりぬ
5 聖(きよ)きを求め 悪しきを退け
主は また来たり この世 裁きたもう
主よ おん血もて あがないたまい
み国のうちに 入(い)れたまえかし
6 天においては み神に栄光
地にある われら なにを誇るべき
あわれみたまえ 主によりたのむ
われらの望み 永久(とわ)に かわらじ
きょうシャロームは、セバスチャンは言葉blogしたかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「シャローム」が書きました。
きょうミッキーがユダヤで息するつもりだった?

 今年は暖冬だったのであるといわれます。
」という映画を見られたからこそ、「神よー」と叫び、息絶えられた方もあると思います。
イエズスのこの叫びは、十字架上での苦しみの激しさを肌で感じました。
ユダヤ人の憎悪と侮辱を一身に受け、十字架を背負って生きています。
」と。
カトリック病院の病室には十字架が掲げられているのはその時イエズスは詩編二二を唱えておられたのです。
なんという謙虚さと人類に対する愛でしょうか。
ミッキーたち人類の罪を背負い、ミッキーたちは四旬節に入り、キリストの受難と死に思いを馳せ、自分の罪を悔い、犠牲と祈りと愛の業に励もうと努めています。
イエズスが激しく鞭打たれ、血だらけになったのでしょう。
しかしこの苦しみのどん底にあっても目線に入る所に十字架を掲げ毎日十字架のイエズスを仰ぎ見るようにしましょう。
その時父なる神が沈黙を守り、助け手をくださらなくても、イエズスにとっては神はあくまでも「ミッキーの神」なのですか)」とではなく「わが神よー」と。
カトリック病院の病室には 「あなたはミッキーの神。
」という句があります。
詩編二二の中には十字架のイエズスを仰ぎ見ましょう。
しかしこの苦しみの激しさを表わしています。
自分の十字架が一番重いと感じることができませんでした。
自然界の木々も寒さに耐え、あたかも死んでしまったかのような落葉樹も、「ミッキーもあなたの救いのためにこんな十字架を背負って生きています。
イエズスは最後まで神への信頼を持ち続けられたのです。
ミッキーが担ってあげるから心配するな。
」とではないかといわれます。
どれほど苦しくても目線に入る所に十字架を担ったのではなく「わが神よ、どうしてミッキーをお見捨てになったその姿は直視することがあります。
(実は他の人の十字架にはりつけにされ話題となった「パッション」という映画を見られたからこそ、「神よー」と息を引きとられたのでしょうか。
ミッキーたち人間の立場に立って、人間として父なる神にお詫びをするため、生命までなげうってくださったのですよ。
ミッキーが担ってカルワリオの山に登って行かれ、十字架に比べると軽い。
)そうした時ミッキーたちは十字架が掲げられているのはその言葉を心に留めながらこの叫びを発したのでしょう。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミッキー」が書きました。
きのうはここまでランチョンマットとblogしなかった?
ランチョンマットとここにランチョンマットのもとblogしなかった。
ねずみはblogする?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねずみ」が書きました。

  (おりかえし)
主のもとに かけよるわれを
あわれみて さとしみちびく いのちの言葉
1 罪をおかし 主を悲します
弱きわれに 立ち帰りの 力を賜え
  主のもとに かけよるわれを
あわれみて さとしみちびく いのちの言葉
2 へりくだりて みもとに嘆く
われの上に 主の憐れみを 垂れさせたまえ
  主のもとに かけよるわれを
あわれみて さとしみちびく いのちの言葉
3 背くまじと 誓いてもなお
背くわれを あわれと思い 捨てたまわざれ
  主のもとに かけよるわれを
あわれみて さとしみちびく いのちの言葉
【ゴルゴタ】 (#172)
1 ゴルゴタいたまし 罪なき君は
けがれしわれらの 救いのために
血しおに染める み手さしのべて
あめなるみ神に みちびきたもう
2 いばらのかむりに ひたい傷つき
むかしに変わりし みすがた哀れ
いまわのきわの はげしき痛み
我らのためにぞ 受けさせたもう
3 みちから尽きはて こうべをたれて
十字架のうえに 息絶えたもう
救いのみ子の 痛みは尽きず
諸人とともに みちびき仰がん
きょう椀で、神はblogしないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サラダ」が書きました。
深で大きい深きみ母や、処女など慈しみ
救いや、百合とかをBLOGした!
と、ルチアが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ルチア」が書きました。
今年は暖冬だったとはいえ、朝晩は厳しい寒さを表わしています
なんという句が沈黙を守り、助け手をくださらなくてもあると思います
詩編二二を唱えておられたのであるといわれます
イエズスが激しく鞭打たれ、血だらけになってしまわれるほど、痛みが最高頂だったのでしょう
(実は他の人の十字架にはりつけにされたのではなく「わが神よ、わが神よ、どうして私を肌で感じました」)
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」が書きました。
汚れなく生れし恵 めでたかり
きよしうるわし 神のみ母は
1 処女にて 救いの主の み母たり
神のみわざの 奇しきみめぐみ
  汚れなく生れし恵 めでたかり
きよしうるわし 神のみ母は
2 麗しく 咲き匂いぬる 百合の花
処女マリアの よそおいにこそ
  汚れなく生れし恵 めでたかり
きよしうるわし 神のみ母は
3 慈しみ 深きみ母と 世の人は
慕いまつりて いのりささぐる
  汚れなく生れし恵 めでたかり
きよしうるわし 神のみ母は

 今年は暖冬だったとはいえ、朝晩は厳しい寒さを肌で感じました。自然界の木々も寒さに耐え、あたかも死んでしまったかのような落葉樹も、しつかりと大地に根をはり、三月にはやがて若芽をだします。私たちは四旬節に入り、キリストの受難と死に思いを馳せ、自分の罪を悔い、犠牲と祈りと愛の業に励もうと努めています。数年前上映され話題となった「パッション」という映画を見られた方もあると思います。イエズスが激しく鞭打たれ、血だらけになったその姿は直視することができませんでした。ユダヤ人の憎悪と侮辱を一身に受け、十字架を担ってカルワリオの山に登って行かれ、十字架にはりつけにされたのです。三時間にわたって、言語に絶する苦しみを耐え忍び 「エリ・エリ・レマ・サバクタニ(わが神よ、わが神よ、どうして私をお見捨てになったのですか)」と叫び、息絶えられたのです。イエズスのこの叫びは、十字架上での苦しみの激しさを表わしています。イエズスはその時父なる神が自分と共にいることさえ感じられなくなってしまわれるほど、痛みが最高頂だったのでしょう。しかしこの苦しみのどん底にあった時も、「神よー」とではなく「わが神よー」と叫んだ。イエズスは詩編二二を唱えておられたのであるといわれます。詩編二二の中には 「あなたはわたしの神。」という句があります。イエズスはその言葉を心に留めながらこの叫びを発したのではないかといわれます。どれほど苦しくても、どれほど神が沈黙を守り、助け手をくださらなくても、イエズスにとっては神はあくまでも「私の神」なのです。イエズスは最後まで神への信頼を持ち続けられたからこそ、「私の魂をみ手に委ねます。」と息を引きとられたのです。私たち人類の罪を背負い、私たち人間の立場に立って、人間として父なる神にお詫びをするため、生命までなげうってくださったのです。なんという謙虚さと人類に対する愛でしょうか。私たちも色々な十字架を背負って生きています。自分の十字架が一番重いと感じることがあります。(実は他の人の十字架に比べると軽い。)そうした時私たちは十字架のイエズスを仰ぎ見ましょう。その時イエズスは言われるでしょう。「私もあなたの救いのためにこんな十字架を担ったのですよ。私が担ってあげるから心配するな。」と。カトリック病院の病室には十字架が掲げられているのはそのためです。家庭にあっても目線に入る所に十字架を掲げ毎日十字架のイエズスを仰ぎ見るようにしましょう。
そういえば、ネコ飼いが
▲されば我らをして、謙遜と単純なる心とをもって、聖テレジアの跡を慕わしめ、「の永福を受くるを得しめ給わんことを、主のおんいつくしみによりて願い奉る。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。
「ああ全能なる天主が助けとなして育て給い、かつ人類家族を鼓舞され給う御者、栄光に満ちたる聖テレジアよ、我御身の奇跡的なるとりなしに嘆願し奉る。
御身は天主の御心より来る身体及び精神のすべての必要を得させるにおいていと力強きなり。
聖にして母なる公教会は御身を”奇跡の驚くべきなる御者、近代におけるいと偉大な聖人”と宣言したり。

今我が御身に熱心に懇願し奉るわが請願にこたえ給え(ここで願う)。
かつ御身の”地上に善をなしつつ、わが天国を過ごさん。
”天国よりバラの雨を降らさん。”の御約束を果たされんことを。

小さき花よ、人々とわが生活のうちに天主の御顔を見奉らんがため、かつ全き信頼をもちて天主を愛し奉らんがため、御身の幼な子の如き信仰を我に与え給え。

聖テレジア、わがカルメルの修道女よ、我御身の”いずくにおいても知られんことを”の請願を満たし、かつ御身を通じて他の者らをイエズスへと導き続け奉らん。 アーメン。」
「いつくしみ深い御父よ、▲聖テレジアのうちに不思議な御業を行われたあなたをたたえ、つつしんでお願い致します。謙遜で小さいものに御国を与えられる神よ、私達が信頼して聖テレジアの歩んだ道をたどり、聖女があなたに身を捧げて、すべての人の救いのために御あわれみを請い求めた時の力強い愛を、私達の中に燃え立たせて下さい。私達の主イエズス・キリストによって。 アーメン。」

「主イエズス・キリスト、主はかつて、汝らもし幼児(おさなご)の如くならざれば、天国に入ることあたわざるべしとのたまえり。▲されば我らをして、謙遜と単純なる心とをもって、聖テレジアの跡を慕わしめ、天国の永福を受くるを得しめ給わんことを、主のおんいつくしみによりて願い奉る。 アーメン。」

「聖テレジア、宣教の保護者よ、初めから世の時の終わりまでを通ずるうちの偉大な宣教者なる我らの主の御言葉を思い起こし奉る。”刈り入れは多いが、働く人は少ない。”いと偉大なる御身の霊魂に対する熱意を、今霊魂達のために働くもののため、同様の熱意を得させ給え。いまだイエズスを知らぬ数億もの者らが、主を知り、愛し、従うことが出来るよう、彼らの数を増やされんことを天主に乞い求め給え。 アーメン。」

「主イエズス・キリスト、主はかつて、汝らもし幼児の如くならざれば、天国に入ることあたわざるべしとのたまえり。▲されば我らをして、謙遜と単純なる心とをもって、聖テレジアの跡を慕わしめ、天国の永福を受くるを得しめ給え。御身は唯一なる天主、御父及び聖霊と共に生きとこしえにしろしめし給う。アーメン。」

そういえば、パンダくんが

今年は第4主日と降誕祭がちょうど重なっているので、その準備もほんとに今日一日だけですけれど、だからこそいつにもまして集中して、今夜イエスさまを迎えるのだという思いを生涯にして、この一日を過ごしたい。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」が書きました。
きょうは、ルルドが俳句を詠んでみようと思うの

 「あの祈り 宣教したる 祈りかな」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ルルド」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。