Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「天の御父よ、我らは大天使ガブリエルの御告げを通して受肉されたる御身の神なる御子に光栄を帰し奉る。我らの救い主の御母よ、我らは常に御身の聖なる善徳にならい、我らの御父なる神にこたえまつる・・・"御言葉通りこの身になれかし"。大天使ガブリエルよ、我らの父である神の御子の救いの恵みを賛美し給え。かつやがて我らが聖寵によりて、一つの群れとならん事を祈り給え。 アーメン。」

「恵まれたる者、喜び給え。主御身と共にまします。」

「その名をイエズスとつけよ。彼は偉大な者となり、いと高き御者の子と呼ばれん。」
スポンサーサイト
恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます。
 主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。
 神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、
 今も、死を迎える時も祈ってください。  アーメン
BlogPet 今日のテーマ
「あなたの好きなおかずはなんですか?」
マカロニサラダ 鮎 
唯一の女性

 ガブリとは、シュメール語で総督、統治者を意味する。天啓、智恵、慈悲、贖罪、約束の天使であり、エデンの園の統治者であり、智天使の支配者である。
 天使とは両性具有の存在であるため、男性でも女性でもないが、このガブリエルだけは絵画においても女性の姿で描かれることが多い。ガブリエルが女性と考えられる理由は、『トビト書』でガブリエルが神の玉座の左側に座していたことにある。昔のユダヤの習慣では主人の左に座を占めるのは女性ということになっていたからだ。しかし、この説はユダヤ、キリスト教では認められているものの、敬虔なイスラム信者には否定されている。

受胎告知

 ガブリエルはナザレの町のダヴィデ家ヨゼフの婚約者であるマリアの前に現れ、イエス・キリストの懐妊を伝える。『マリア、恐れることはないあなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい』『精霊があなたに降り、いと高き力があなたを包む。だから生まれるものは聖なるもの、神の子と呼ばれる』(『ルカによる福音書』)
 また、これに先立ちザカリア司祭の妻エリザベトの前に現れイエスの洗礼者となるヨハネの誕生も告知している。
 キリスト生誕の受胎告知の場面を描いた絵画はあまりにも多い。そこに現れるガブリエルは必ずと言っていいほど、百合の花を持っている。百合の花は聖母マリアの象徴であると同時に、ガブリエルの象徴であり、処女の性を表す。
 ほかに、ガブリエルは天国から離れ生まれ変わる魂を導き、魂が母親の子宮にいる九ヶ月の間見守るという。

聖書の中のガブリエル

 ガブリエルは聖書正典中では、旧約では『ダニエル書』、新訳では『ルカによる福音書』において計四回名前があがっている。前者では大災害が起きることを知らせる幻視をダニエルに見せ、後者はマリアへの受胎告知である。これらの重要な役割を担ったことが、ガブリエルをカトリックでの天使崇拝で特筆すべき地位に当たらせている。
 その他ガブリエルは多数のヘブライ語文献や民話に登場することになっている。『創世記』の記述には特定されていないが、ユダヤ教ではソドムとゴモラの街を滅ぼしたのはガブリエルとされている。
きょうはここまで連合がここで連合は罪を練習するつもりだった。
および連合が実施しないです。
およびきょうパパイヤが感謝するはずだったみたい。

P e t i t i o n s t o S a i n t R a p h a n g e l、それはまたパパイヤがあなたの一定したように頼む。
彼の神を賛美しなさい(T o b i a sに伴ったように生き方のパパイヤ、パパイヤの側面に立つパパイヤの保護者の天使および聖者永久に賞賛したので生きているすべての天使;この日はパパイヤをここに託すパパイヤの精神およびボディのためにある。
アーメン。


神の見地からパパイヤの天使の友人を、許しなさい。
パパイヤは貴方達を誠意をこめて愛し、パパイヤの守り神とあなたを通してパパイヤの祈りによって忠実に彼の友人への弾力性の時の強い助手、病人の治療師、および悪の征服者であるためにとりなしなさい。
アーメン。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」が書きました。
きょうハーレーラビットが美とか感謝ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。
一生、健康によい思考およびボディのためにとりなしなさい
将来私は私を促す私のあなたの保護者の天使の友人へのガイド、必要性の時の強い助手や、強い助手、病人の治療師として私の永遠の家に感謝するのを助け精神およびボディのための献身的な血によって忠実に彼に感謝するそう頻繁にのために深く感謝しては貴方達を誠意をこめて愛し、私のよい例によって彼の意志で
と、sebastianは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「フィリッポ」が書きました。
ネコ好きの、屋根みたいな邪魔したかもー。
そしてエルサレムにネコ好きと破壊したかった。
そしてミカエラは、エルサレムでネコ好きと志願したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」が書きました。
主あわれみ給え▲キリストあわれみ給え。

主あわれみ給え。

キリスト我らの祈りを聞き給え▲キリスト我らの祈りを聴き容れ給え。

天主なる御父▲我らをあわれみ給え。

天主にして世のあがない主なる御子▲我らをあわれみ給え。

天主なる聖霊▲我らをあわれみ給え。

唯一の天主なる聖三位▲我らをあわれみ給え。

 

聖マリア、天使の元后▲我らのために祈り給え。

聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

天主の慈悲もて満たし給う、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

天主の御言葉の尊崇者、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

悪魔の恐れ、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

悪徳の根絶者、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

病者の癒し、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

旅する者の導き、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

囚われ人の慰め、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

悲しめる者の喜び、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

救霊に対する熱意もて満たし給う、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

"天主の薬"なる意の御名なる御者、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

純潔を愛し給える、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

悪魔への義罰、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

害獣、飢え、戦争のうちに在し給う、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

繁栄と平和の天使なる、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

癒しの聖寵を授け給う、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

聖化の徳の道におけし確かなる導き、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

御身の御助けをこいねがい奉る全ての者の助けなる、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

トビトの旅路の慰めにして導きなりし、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

聖書が「保護に遣わされし主の聖天使ラファエル」と賛美せし御身、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

我らの擁護者、聖ラファエル▲我らのために祈り給え。

 

世の罪を除き給う天主の子羊▲主我らを赦し給え。

世の罪を除き給う天主の子羊▲主我らの祈りを聴き容れ給え。

世の罪を除き給う天主の子羊▲主我らをあわれみ給え。

 

(先)聖ラファエル、我らのために主に祈り給え。

(全)我らをキリストの御約束にかなわしめ給え。

祈願

主イエズス・キリストよ、大天使聖ラファエルの祈りによりて、全ての罪を避け、かつ我らが天の御国に至るまでの、全ての善行おけるたゆまぬ努力のための聖寵を与え給え。 アーメン。
きのうは献身された。
および連合と悪を感謝するつもりだった。
および連合の友人を共有したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わん」が書きました。
ペテロは、ここまで連合の永遠へ実施する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペテロ」が書きました。
st. Raphaelは主の王位の前に立つ7 Archangelsの1つである。 彼は助けTobit、TobiahおよびサラにGodによって差し向けられた。、婚約したTobitが盲目およびTobiahだった時サラは、7人の花婿に彼らの結婚式の夜に死んでもらった。 RaphaelはAzariahと名前を挙げられた人として隠れた媒体にTobiahに伴った。 Raphaelは彼の難しさによって彼を助け、彼に安全にサラとの結婚を書き入れる方法を教えた。 TobiahはRaphaelにより彼に彼の妻がいたと、そして彼が彼女の悪霊を追い払うためのサラの親に喜びを与えたと言った。彼はまた彼のintercessionによって天のライトをとすべてのよい事を受け取るためのRaphaelの信用を見ている彼の父与えた。 Raphaelのほかの、ミハエルおよびGabrielは聖書で名指しで述べられる唯一のArchangelsである。 Raphaelの一流の平均「神直る」。はこのアイデンティティは主張する聖書の物語のためにEnochの外典の本の落とされた天使の罪によって縦列行進したときに彼は地球を「直した」ことを生じた。 Raphaelはまたので治療のヒツジのプールの水を動かした天使識別される。彼はまた、幸せな会合の、カトリック教徒のパトロン選抜する医者、ブラインドと旅行者の看護婦の、である。 彼の宴会日は9月29日である




Petitions to Saint Raphael

神があなたの特別な注意に若いTobiasを委託したので聖者Raphael Archangel、それはまた私が生命によって私の友達として実施すること彼の意志である。 私は私が私の守り神に名誉を与えると同時に名誉を与えたい。

神、lの気高く、強大なメッセンジャーは私を守り、保護するように頼む。彼の長く、危ない旅行の若いTobiasに伴ったように生き方の私を行ないなさい。私に罪のあらゆる機会に対して警告し、健康によい思考および愛情のある奨励で美徳を練習するために私の精神を満たしなさい。私が神のサービスのあなたの非常に熱い熱心および彼の神意志のための献身的な愛で共有するかもしれないこと私のためにとりなしなさい。

神の見地から私の精神の価値を知っている。 イエス・キリストの貴重な血によって買い戻されたことを決して私を忘れている許可してはいけない。 罪の汚れが私の精神の美を傷つけるか、または神の子供として私の威厳の奪うようにしてはいけない。

あなたの助言およびインスピレーシヨンを無視するそう頻繁にのための私、私の天使の友人を、許しなさい。将来私は真剣に私がよいし、悪を避けるように私を促す私の側面に立つ私の守り神に従いたいように忠実に従いたいと思う。私は貴方達を誠意をこめて愛し、私のあなたの一定した心配のために深く感謝している。

愛情のあるArchangel Raphaelの神は古いTobiasおよびSaraにそれらを直し、慰めるために差し向けた。主は天恵の布告者、彼の友人へのガイド、必要性の時の強い助手、病人の治療師、および悪の征服者であるために選んだ。 5月私達の王とのあなたのintercessionおよび救助者は私が私のよい例によって彼の単語の価値があるメッセンジャーに似合うのを助け精神および精神の救助のための犠牲の治療師として私の祈りによって忠実に彼に役立つ。

私の親愛なるパトロン、聖者RaphaelのTobiasおよびSaraを言った: 「天、彼があなたに彼の慈悲を」示したので生きているすべての視力の彼への弾力性の栄光の神を賛美しなさい(Tob。 12、6)。私が彼が私の守り神とあなたを通して私の精神およびボディのためにしたすべてに彼に感謝するのを助けなさい。 5月私の一生は私の方に神の慈悲への感謝の絶え間ない表現である。私が生命によってこの危ない旅行のあなたの保護を楽しみ、天の私の永遠の家に達するように若いTobiasがあなたが付いている連合の私の方にそこで神の慈悲をおよび他のすべての天使および聖者永久に賞賛したように私があなたの指導に続くのを助けなさい。 アーメン。

神、貴重な彼の愛が私をここに託す私の保護者の天使; この日は私の側面に、つき、守り、支配し、導くためにある。 アーメン。
 さて、イエスは聖霊に満ちて、ヨルダン川からお帰りになった。そして、荒れ野の中を”霊”によって引き回され、四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。その間、何も食べず、その期間が終わると空腹を覚えられた。そこで、悪魔はイエスに言った。「神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうだ。」イエスは、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」とお答えになった。更に、悪魔はイエスを高く引き上げ、一瞬のうちに世界のすべての国々を見せた。そして悪魔は言った。「この国々の一切の権力と繁栄とを与えよう。それはわたしに任されていて、これと思う人に与えることができるからだ。だから、もしわたしを拝むなら、みんなあなたのものになる。」イエスはお答えになった。「『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」そこで、悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて言った。「神の子なら、ここから飛び降りたらどうだ。というのは、こう書いてあるからだ。『神はあなたのために天使たちに命じて、あなたをしっかり守らせる。』また、『あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える。』」イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』と言われている」とお答えになった。悪魔はあらゆる誘惑を終えて、時が来るまでイエスを離れた。
--------------------------------------------------------------------------------------
 この前の水曜日から四旬節が始まりました。そして今日はこの場で、洗礼志願式が行われます。
 四旬節。復活祭までの40日間、心と体の準備をする時期です。「悔い改めて福音を信じなさい」。その主の呼びかけにこたえ、洗礼志願者は秘跡を受ける準備を整え、また教会共同体も、初めの心に戻って、回心を新たにし、新しいメンバーを迎え入れるのにふさわしい共同体になるように、努める時です。40日。出エジプトの間の40年間、そしてイエス様が行った40日間の断食に由来しています。
 洗礼を受けてから、今日まで、教会生活をどのように過ごしてきたでしょう。
 自分はイエス様に守られてきた。そう実感できる人もいるでしょう。しかしこの世のことばかりに気を取られているうちに、あるいはあまりにもいろいろなことがあって、自分で一所懸命やっているうちに、神様のことなど忘れてしまった。そんな人もいるかもしれません。
 人間は確かに、誰でも幸福になりたいと願っています。あえて不幸を望む人などいないでしょう。
 心と体の健康。仕事のこと。経済的なこと。好きになった人を配偶者として得たい。子どもたちに恵まれ、子どもたちも心身ともに健康で、仲よく問題なく。友人関係も近所づきあいもすべてうまくいって。
 しかし現実はそうはいかない。それはむしろ当たり前かもしれません。それは一人ひとりの中に、やはり悪の心があって、どうしようもなく、現実の幸福を自ら破壊していくところがあるのです。
 たとえば家族5人いて、それぞれが皆、自分に仕えることを要求していたらどうでしょう。子どもは母に仕えてもらうのが当然と思い、父は母に仕えてもらうのが当然と思い、母は父に仕えてもらうのが当然と思う。こうしたことがあれば、この家族が、幸せの中ですごすことは、とても難しいことになるでしょう。
 また逆に仕事も家族も何もかもうまくいっている人であれば、そうでない人に対する思いやりがなくなっていくかもしれません。そうして人から知らない間に、恨まれる、ねたまれるということも起こるかもしれません。

 今から洗礼を受けようとする人。自分の夢に向かって、イエス様と共に、自分の人生を切り開いていきましょう。しかし今までがそうであったように、そしてこれからも、けっして自分の思うどおりにいくばかり、とは限りません。
 洗礼を受けたのに、何一ついいことがない。かえってむしろ悪くなった。そう失望してしまうことがあるかもしれません。
 しかし今日の福音を忘れないでください。イエスさまはメシア・救い主だから、本当はできたのです。パンをたらふく生じさせることも。この世の権力と繁栄を手にすることも。実際そのような奇跡をしたこともあります。しかしいつもそればかりしていたのならば、神様はただの人間の便利屋になってしまいます。人間が神様の主人になってしまいます。それはイエスさまが最も嫌ったことです。だからイエスさまでさえ、自分を捨てて、つまり神様から離れた自分の願いを持つのでなく、神様に仕えることを、何より優先させました。そしてついには、他の、罪びとでしかない人間のために、自分を十字架で捧げるということさえも、できるようになったのです。
 「筆子その愛」という映画があります。鹿鳴館の華とも呼ばれた女性の子どもに、次から次へ困難が降りかかる。そういう中で彼女は、普通の恵まれた高慢ならない女性とまったく違った、障がいを持つ子どものために、一生尽くすという決断をキリスト者としてしていきます。そしてこの映画の監督も、重度の障がいを持つ子どもの母です。だからこそ、この映画の監督をして、このような障がいを持つ人たちに光をあてる尊い大切な仕事をすることができたのでした。
 どうしてこのような善良な人にこのような不幸が。そう思うことがあります。しかしやっぱり私はあえて言いたい。そのような善良な人だからこそ、このような人間的に見れば不幸な、しかし他のすべての人のためになる、そのような働きを神様から特別に選ばれて与えられたのだと。

 洗礼を受けるのは、あなたがたくさんの神の中から、イエス・キリストを選んだからではありません。実は、神様がすでに選んでくださっていて、そして洗礼の場まで導こうとしてくださっているのです。だからどんな時も神様にいつも感謝の気持ちを忘れないようにしてください。そしてどんな時にも神様がともにいてくださる。そのことをしっかり心と体に刻みつける。それが洗礼なのだということを忘れないでください。イエスさまのみ心、すべてを人間に与えつくす、捧げつくすという御心を心にとめてください。そしてそのようなイエスさまのみ心を受け入れる、自分もキリストに従うと受け入れる洗礼のときにこそ、本当の再生、新たに生まれる、新しい時が始まっていきます。
 これからの40日間が神様と共に、実りあるときになりますように、自分と神様との間にあって邪魔しているものを取り除いていきましょう。
きのうは存在しなかった。
またアプロで浄化された!
できょうはローマへアプロがサタン守護すればよかった?
がローマまで天国も創造したかった。
またアプロがローマに先追放したかも。
またアプロで失望するはずだったの。
で深で守護ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チェナクルム」が書きました。
間は言い分は、悪に汚された場所を浄化するよ

 うにつけ腹を立てていたが、この

 「アダムと幸せそうな姿を見るよ」
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
ガブリエルは、創造するはずだったの。
しかしきょう猫の子で、戦いを追放したの?
しかし猫の子はミは敬意するはずだった。
でローマまで猫の子は深で平伏するつもりだった?
しかし猫の子のカエルへ追放したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエル」が書きました。
きょうは、ラファエルがここへ復活したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんぱんまん」が書きました。
吉野家は束縛したいなぁ。
ここで軛に先導されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「吉野家」が書きました。
水曜日は、前年の枝の主日、すなわち復活祭の46日前で四旬節の初日となる主日(聖公会など)
でも行われる
の枝の祝別式と塗布式が行われる


カトリック教会では、聖週間の初日となる主日、前年の枝(北方地域ではこの日の典礼暦年の典礼暦年のうちの一週間前で四旬節の初日となる主日(聖公会など)
でも行われる
と、アレルヤが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
BlogPet 今日のテーマ
「あなたの好きな自動車はなんですか?」
オデッセイ
  ミカエル(神に似たる者は誰か、の意)は神が最初に作った最強の存在であり、

 神の第一の戦士であると同時に最も重要な天使である。(1950年に、この

 「楽園の守護者」であるミカエルはローマ教皇ピウスⅩⅡ世により警察官の保護

 者と定められた)。伝説においてミカエルは高潔・公正の守護者で、天使が善と

 悪とに分かれて戦ったとき、敵対するサタンを打ちのめして天国から追い出した。

 ミカエルは単なる大天使と解釈されているが、この戦いの時には善の天使の指揮

 官であったので、サタンを天国から追い出すのはその職務にふさわしい行為であ

 った。

  ミカエルはまたイスラエルの守護天使であった。新しくできた国々を守るとい

 う任務をもった天使たち旗にも69人いたが、ミカエルただ一人清廉さを持ち腐

 敗に身をやつすことはなかった。
 
  またミカエルは死後の世界において、死んだばかりの人の魂を導くという役目

 も持っているとされている(古い黒人霊歌の「漕げよマイケル」は、”彼岸”へ

 と渡る魂を助けているミカエルの役目を表していると指摘する人もいる)。それ

 に加えミカエルは最後の審判を司る天使であり、この審判により魂の運命が決め

 られる。魂の天秤を抱えたミカエルの姿が多くの絵画に残されている。キリスト

 教の伝承によると、ミカエルは聖母マリアの魂を守り、天国で汚れなき肉体が魂

 と一体になるのを見届けたとされている。

  高潔・公正の守護者としてのミカエルは、悪に汚された場所を浄化するという

 特殊能力を有すると信じられている。中世にジャンヌ・ダルクが魔女裁判にかけ

 られた時、百年戦争においてフランス国内からイギリス軍を追い出せたのは、他

 のどの超自然的な存在よりもミカエルによって勇気を与えられたからであると彼

 女は語っている。

  ローマ・カトリックにおけるミカエル、ラファエル、ガブリエルの祝日は9月

 29日である。

 「アダムとイヴの書」の神話では、ミカエルは神の命令により新しく創造された

 アダムを天使たちの所へ連れていき、この最初の人類に敬意を持って平伏するよ

 うに命じ、ミカエルは自分が最初にそうすることによって手本を示した。しかし

 これ異論を唱えたのはサタンである。サタンの言い分は、人間は天使よりも劣る

 存在であり、天使の方が先に創造されているのだから、人間こそ天使を敬うべき

 でというものであった。

  これに対して神はサタンとその一派[の天使たち]を楽園から追放することでこ

 れに応じた。追放された天使たちは嘆き悲しみ、アダムと幸せそうな姿を見るよ

 うにつけ腹を立てていた。彼らの立場からしてみれば、アダムのせいで楽園を追

 放されたも同然であったからである。サタンはエデンの園を護衛している二人の

 天使がほんの少しの間天国へ行っている隙を狙い、イヴを誘惑して復讐を遂げた。

 サタンの誘惑がきっかけとなってアダムもエデンの園を追放されることになって

 しまった。失望しきったアダムは怒りにまかせイヴを殺してしまおうとも思った

 が、そんなことをすれば後になってからなず下すであろう天罰を恐れ、イヴが深

 く悲しんでいることにも心を動かされた。ミカエルは二人を訪ね、アダムに作物

 に作り方を教えた。妻イヴと新しく生まれた息子カインを養うためである。また

 別の機会に、ミカエルは燃えさかる戦車に乗って空から舞い降り、アダムを天国

 へと連れていって神の燃える顔を見せた。神はこの時アダムに、「知識への愛を

 示したことにより、いずれは全能なるものへ使えることを再び許されるであろう」

 と語った。

  アダムが地上に戻った後、ミカエルは杖を使って天国を囲んでいる水のような

 液体を凍らせ、外部からの侵入を不可能にした。アダムは死ぬとき、69人の子

 供に囲まれながら神の哀れみを受けた。全能なる神はアダムを罪から解き放ち、

 初の人類の魂をミカエルに委ねた。アダムの魂はアケロン川の水で清められた。
昨日、marikoが
10飢えている人に心を配り
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたのまたはは、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
優衣は
10飢えている人にまたはを配り
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたの光は、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「天使くん」が書きました。
きょうガブリエラミスティカは使用されたみたい…
すなわちここへ復活しなかった?
またはここでセバスチャンが塗布した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエラミスティカ」が書きました。

58章
1 喉をからして叫べ、黙すな
声をあげよ、角笛のように。わたしの民に、その背きを
ヤコブの家に、その罪を告げよ。

2 彼らが日々わたしを尋ね求め
わたしの道を知ろうと望むように。恵みの業を行い、神の裁きを捨てない民として
彼らがわたしの正しい裁きを尋ね
神に近くあることを望むように。

3 何故あなたはわたしたちの断食を顧みず
苦行しても認めてくださらなかったのか。見よ、断食の日にお前たちはしたい事をし
お前たちのために労する人々を追い使う。

4 見よ
お前たちは断食しながら争いといさかいを起こし
神に逆らって、こぶしを振るう。お前たちが今しているような断食によっては
お前たちの声が天で聞かれることはない。

5 そのようなものがわたしの選ぶ断食
苦行の日であろうか。葦のように頭を垂れ、粗布を敷き、灰をまくこと
それを、お前は断食と呼び
主に喜ばれる日と呼ぶのか。

6 わたしの選ぶ断食とはこれではないか。悪による束縛を断ち、軛の結び目をほどいて
虐げられた人を解放し、軛をことごとく折ること。

7 更に、飢えた人にあなたのパンを裂き与え
さまよう貧しい人を家に招き入れ
裸の人に会えば衣を着せかけ
同胞に助けを惜しまないこと。

8 そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で
あなたの傷は速やかにいやされる。あなたの正義があなたを先導し
主の栄光があなたのしんがりを守る。

9 あなたが呼べば主は答え
あなたが叫べば
「わたしはここにいる」と言われる。軛を負わすこと、指をさすこと
呪いの言葉をはくことを
あなたの中から取り去るなら

10 飢えている人に心を配り
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたの光は、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。

11 主は常にあなたを導き
焼けつく地であなたの渇きをいやし
骨に力を与えてくださる。あなたは潤された園、水の涸れない泉となる。

12 人々はあなたの古い廃虚を築き直し
あなたは代々の礎を据え直す。人はあなたを「城壁の破れを直す者」と呼び
「道を直して、人を再び住まわせる者」と呼ぶ。
灰の水曜日はいのすいようび)はキリスト教カトリック教会をはじめとする西方教会の典礼暦年のうちの一日。復活祭の46日前で四旬節の初日にあたる。本来はカトリック教会の行事だが、その流れを汲むプロテスタント教会(聖公会など)でも行われる。

カトリック教会ではこの日に大斎および小斎が守られるのが標準となっている。一般に典礼色は紫を使用する。この日の典礼では、前年の枝の主日(聖週間の初日となる主日、すなわち復活祭の一週間前)に使用された棗椰子(なつめやし)または棕櫚(しゅろ)の枝(北方地域では猫柳(ねこやなぎ)が使用される)などを燃やした灰の祝別式と塗布式が行われる。
主よ、憐れみ給え。主よ、憐れみ給え。キリスト、憐れみ給え。キリスト、憐れみ給え。主よ、憐れみ給え。主よ、憐れみ給え。
天のいと高き所には神に栄光、地には善意の人に平和あれ。我ら主を誉め、主を讃え、主を拝み、主をあがめ、主の大いなる栄光のゆえに感謝し奉る。神なる主、天の王、全能の父なる神よ。主なる御独り子、イエズス・キリストよ。神なる主、神の子羊、父の御子よ。世の罪を除き給う主よ、我らを憐み給え。世の罪を除き給う主よ、我らの願いを聞き入れ給え。父の右に座し給う主よ、我らを憐み給え。主のみ聖なり、主のみ王なり、主のみいと高し、イエズス・キリストよ。聖霊とともに、父なる神の栄光のうちに。アーメン。
聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の神なる主。主の栄光は天地に満つ。天のいと高きところにホザンナ。ほむべきかな、主の名によりて来たる者。天のいと高きところにホザンナ。
神の小羊、世の罪を除き給う主よ、我らを憐れみ給え。
神の小羊、世の罪を除き給う主よ、我らを憐れみ給え。
神の小羊、世の罪を除き給う主よ、我らに平安を与え給え。
ミカエルは旧約聖書外典である『エノク書』にもあらわれる。『エノク書』は初期キリスト教徒たちの間で広く読まれていたようで、新約聖書の『ユダの手紙』や『ヨハネの黙示録』にもミカエルへの言及がみられる。新約聖書外典である『モーセの黙示録』ではモーセがシナイ山で十戒を受けたとき、十戒を記した石板をモーセに渡したのはミカエルであるとされている。

その後、ミカエルは人ではないが聖人の一人としてキリスト教徒の間で広く崇敬されるようになった。キリスト教徒たちはミカエルをラファエル、ガブリエルとならぶ三人の大天使の一人であるとみなした。ミカエルは守護者というイメージからしばしば山頂や建物の頂上にその像がおかれた。ルネサンス期に入ると、ミカエルはしばしば燃える剣を手にした姿で描かれるようになった。中世においてミカエルは兵士の守り手、キリスト教軍の保護者であった。現代のカトリックでは、兵士ではなく警官や救急隊員の守護聖人になっており、地域ではドイツおよびウクライナの守護聖人とされている。

カトリック教会における日本の守護聖人もかつてはミカエルであるとされた。これはフランシスコ・ザビエルによって定められたが、のちにフランシスコ・ザビエル自身が日本の守護聖人とされている。

カトリック教会ではミカエルはラファエル、ガブリエルと共に9月29日が祝い日になっており、かつてイギリスの大学ではこの日が始業日であった。カトリック教会ではミカエルにささげられた教会や修道院が多数つくられたが、もっとも有名なものとしてフランスのモン・サン・ミッシェルがあげられる。

東方正教会ではしばしばガウリイル(ガブリエル)とともにイコノスタシスの門に描かれる。

末日聖徒イエス・キリスト教会では人祖アダムの天上における姿がミカエルであると考えられている。エホバの証人においてはミカエルとイエスは同一人物であるとされている。


 

 

 

大天使聖ミカエルのチャプレット

                    

敬虔な天主のしもべ、アントニア・ダストナク(Antonia D'Astonac)が聖ミカエルの御出現を受けて与えられたチャプレット。毎日この9つの級の天使への祈りを全て唱える人々に聖ミカエルは次の約束をされた。

・御聖体を拝領する時に、9つの中の各級の任務を与えられた天使がそれぞれ、その人が祭壇に進む時に付き添うでしょう。

・その人が生きている間中援助をし、死後も、煉獄の苦しみからその人及びその人の親族の魂を救出するでしょう。

 
<聖ミカエルのチャプレット>

このチャプレットは聖ミカエルのメダイと、4つの小珠、環状部分は一連が1つの大珠と3つの小珠からなる九連によって構成されています。もし専用のチャプレットをお持ちでなければ一般のロザリオを数を調節しながら用いられて構わないと思います。

はじめに(メダイにおいて)祈ります。

「天主よ、我が助けに御心を傾け給え。」「主よ、我が助けに急ぎ給え。」 「栄唱」1回。

 

第一の大珠(中心のメダイ)にて祈ります。

「天使の第一級なる熾天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及熾天使の御取次ぎによりて、完全なる愛の火もて燃やさるるに適わしき者たらしめ給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第二の大珠にて祈ります。

「天使の第二級なる智天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及智天使の御取次ぎによりて、我らが罪より離れ、キリスト教的完徳の道に熱心に進歩する恵みを与え給え。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第三の大珠にて祈ります。

 

「天使の第三級なる座天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及座天使の御取次ぎによりて、我らの心に真実なる謙遜の精神を注ぎ給わんことを。 アーメン。 」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第四の大珠にて祈ります。

「天使の第四級なる主天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及主天使の御取次ぎによりて、我らの五官を抑制し、堕落せる情欲を制するの恵みを与え給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第五の大珠にて祈ります。

「天使の第五級なる能天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及能天使の御取次ぎによりて、我らの霊魂を悪魔とその謀計とその誘いより守り給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第六の大珠にて祈ります。

「天使の第六級なる力天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及力天使の御取次ぎによりて、我らが誘惑に陥るを許し給うことなく却ってすべての悪より救い給わんことを。 アーメン。 」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第七の大珠にて祈ります。

「天使の第七級なる権天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及権天使の御取次ぎによりて、我らの霊魂を真の従順の精神もて満たし給わんことを。 アーメン。」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第八の大珠にて祈ります。

「天使の第八級なる大天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及大天使の御取次ぎによりて、我らに信仰と善徳における堅忍の恵みを与え、天主の光栄に至らしめんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第九の大珠にて祈ります。

「天使の第九級なる天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及天使の御取次ぎによりて、我らがこの世において天使に守られ、死後、永遠の光栄に導かるる恵みを与え給わんことを。 アーメン。」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

環状の外の小珠に戻り、各小珠にて意向をもって祈願と「主祷文」を唱えます。

「聖ミカエルに祈らん。聖ミカエルよ、我御身に臨終を委ね奉る。願わくは、その時悪魔が我らを攻め、我が霊魂を害うことなからんため、彼を克服し給え。」 「主祷文」を聖ミカエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖ガブリエルに祈らん。聖ガブリエルよ、願わくは我に天主より、活ける信仰、強き希望、熱烈なる愛、並びに聖体に対する信心を乞い求め給え。」「主祷文」を聖ガブリエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖ラファエルに祈らん。聖ラファエルよ、我らをして常に完徳の正しき道を進ましめ給え。」 「主祷文」を聖ラファエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖なる守護の天使に祈らん。聖なる守護の天使よ、我に聖霊より潔白なる心、聖なる召出しにおける堅忍とを切願し給え。」 「主祷文」を守護の天使に光栄を帰するために1回唱えます。

 

このチャプレットのしめくくりに次の祈願を唱えます。

「ああ、天軍の総帥にして指揮者なる、いと栄えある聖ミカエルよ、御身は霊魂を守り、悪しき霊を克服し、天主の聖殿に住み給う御者、イエズスにつぎて、我らを導き給う御者にして、人力を超ゆる力を完全に恵まれ給いたれば、願わくは信頼に充ちて御身によりてすがる我らを、すべての悪より救い、類なき御身の御保護によりて、我らの天主への忠実なる奉仕において、日毎に進ましめ給わんことを。ああ、イエズス・キリストの聖会の総帥なる聖ミカエルよ、我らのために祈り給え。キリストの御約束に我らをかなわしめ給え。」

祈願 

「全能永遠の天主、御身は妙なる御慈悲と御憐れみとによりて、人類の救いのために、栄えある大天使聖ミカエルを聖会の総帥に選み給いたれば、いつくしみ深き御保護によりて、我らが臨終に当たり、我らを攻むるすべての敵より守られ、聖ミカエルによりて、神聖なる御稜威の御前に至らしめんことを、我らの主、イエズス・キリストによりて。 アーメン。」

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。