Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アシジの聖クララ童貞
聖体拝領の機会を逃す時

信者が聖体拝領をするための機会や必要は多くありますが、時にその機会を逃す事もあります。公教会の中では聖体拝領が如何なる時に特に必要であると言われているでしょうか。


1.我々が全ての霊的力にして、全聖性の源なる御聖体中に在しますイエズスを訪れる機会を逃す時。

2.天主を喜ばせる我々の霊魂の聖化の特別な弥増しを逃す時。

3.我々の特別なる義務の免除、また誘惑において特別な助けの資格を有する秘跡の聖寵の持分を逃す時。

4.情欲の炎に対して聖体拝領を与えず、それに対する支配力を保持しない時。

5.我々の罪のための一時、もしくは全ての罰の部分的な免除を得る機会を逃した時。

6.御聖体への熱心な祈りより来る特別な慰め、甘美、霊的喜びを失った時。

7.終わりの日の復活においてあなたの肉身に力を享受させる栄光の一部を逃す時。

8.全ての永遠なるものが天において所有する更なる栄光の度合いを失わせる時。

9.我々が情欲や全ての過ち以上に勝る事を逃す時。

10.救霊や回心のため、煉獄よりの親族や友人の解放、他の生者或いは死者のための聖寵を祈るための、長い祈りの格別なる聖寵を失った時.
スポンサーサイト
スプラウトの高い栄養効果を知る!

以前からなじみのあるカイワレ大根やもやしもスプラウトの一種。少量で栄養がたっぷりとれるスプラウトは、食生活が不規則になりやすい一人暮らしにおすすめです。
スプラウトには、豊富な栄養が含まれています。植物は発芽をするときに最も生長する力を持ち、ビタミンやミネラルなどの栄養を多く合成します。そのため、大きくなった野菜よりも、発芽して数日後のスプラウトの方が少量でも十分な栄養が摂れるのです。

また、最近ではがん予防効果にも注目が集まっています。ブロッコリーなどの新芽に含まれるスルフォラファンという成分は、発がん性物質を解毒化し、体内から排出する役割があると言われています。

ブロッコリーだけでなく、クレソン・マスタード・かいわれ大根・ラディッシュ・ケール・そばなど様々なスプラウトがあります。売られているものでも根を切り取らないままで、調理の直前に収穫できるので、高い栄養・健康効果を維持したまま食べることができます。また、さっと洗うだけでサラダやスープ、薬味などとして簡単に使えるのも人気のひとつです。
DNA鑑定師の一言 ♪
この銘柄のチャート結果はhpで確認できる
----------------------------------------------------------------
羊になりたい投資家はいない。でも、9割りは羊です。

原因は生まれながら羊向けの投資教科書ばかりを読んだから。

狼と同じ時間、同じ場所で一個しかないケーキを奪いたい。

だって、書店に溢れる羊向けの読本ばかり!!

例: 5日の移動線:(x1+x2;x3+x4+x5)/5,うちの子供の算数問題、
      
    遅行性とダマシは当たり前!

いいえ、現在、うちの小学校子供も連立一次方程式も勉強しなきゃ、時代のリズムに合わせないと

ハイテク技術でダマシ溢れる現行チャート理論をClear & Format ?!

主な病状:
      ① 移動線の遅行性、
      ② MACDのシングル遅れ
      ③ RSIの点灯(転倒)ばなし、
      ④ Stockの点灯(転倒)ばなし
   
薬:ハイテクな数値処理方法

手術担当: 長年のプロ数値処理博士

効果: 売買シングルにぴったり君♪

表彰: これを通じ、各種特許技術が生まれた。
     羊と狼の遺伝子分析は勿論、完全なSimulation

チャート確認 RUL確認 ,百聞は一見しかず♪
福者ファウスティナは、1931年 2月22日の出現を次のように描いています。「夕方、私が部屋にいた時、白い長衣を着た主イエズスを見ました。一方の手は祝福するために挙げられ、もう一方は、長衣の胸のあたりに触れていました。そして、長衣の胸元の開いたところから、赤と青白い二本の大きな光が流れていました。私は静かに主をじっと見つめていました。私の魂は、恐れと同時に大きな喜びに打ち負かされてしまっていたのです。暫くしてから、イエズスは私にこう言われました。『あなたが、見ているままに、「イエズスよ、あなたに信頼します」という言葉が刻み込まれている、わたしの姿を描きなさい。この絵姿を、先ずはあなたたちの聖堂、そうして全世界で崇敬してほしい。この絵を崇敬する人は決して滅びないと約束する。そして、既にこの地上にいるうちに、特に臨終の時に敵に対して勝利をおさめることをも約束する。私の栄光として、この人を私自身が守る』」(46-48)。 キリストの言葉によれば、この絵こそ、人々が「恵みをいただくためにいつくしみの泉へ近づく時、手にすべき器」(327)なのです。
 指導司祭に頼まれて、ファウスティナは御絵の光の意味についてイエズスに尋ねました。イエズスは答えて、こう説明してくださいました。「この二つの光は水と血を意味する。青白い光は霊魂を義とする水、赤い光は霊魂の生命である血を意味する。この二つの光は、十字架上で死にかかっていた私の心臓が槍で開かれた時に、私のいつくしみの中から流れ出た。この二つの光のもとに生きる人は幸い、神の正義の御手は、この人を捕らえることがないからである」(299)。
 いつくしみ深いイエズスの御絵が出来たのは、ファウスティナの指導司祭ソポチコ神父のおかげです。御絵の存在、またはその図解の形と神学的な内容に関するイエズスの望みがわかった後、神父はこの絵を画家のエウゲニュシ・カジミロフスキに描いてもらいました。
 カジミロフスキ師はファウスティナの詳しい指示に
従って絵を描いたにもかかわらず、絵が出来上がった時、この「肖像」のイエズスが、ファウスティナの見たイエズスほど美しくなかったので、彼女は満足するどころか悲しみの涙を流しました。するとイエズス自身がシスターを慰め、その際神のいつくしみへの礼拝には何が大事かを教えました。「この絵の偉大さは絵の具の色や筆の美しさにあるのではなく、私の恵みにあるのである」(313)。
 エウゲニュシ・カジミロフスキが描いた絵は、今日に至るまでヴィルノの聖霊教会におかれ、崇敬をうけています。しかし、全世界に知られるようになったのはこの絵ではなく、アドルフ・ヒワの絵なのです。 
 アドルフ・ヒワが戦争で家族全員が助けられたことへの感謝の奉納として1943年に、いつくしみ深いイエズスの絵を描いて、それを憐れみの聖母修道女会のワギエフニキ修道院にささげました。
ペトロの手紙第一
5:2 あなたがたにゆだねられている、神の羊の群れを牧しなさい。強制さ
れてではなく、神に従って、自ら進んで世話をしなさい。卑しい利得のた
めにではなく献身的にしなさい。
5:3 ゆだねられている人々に対して、権威を振り回してもいけません。む
しろ、群れの模範になりなさい。
5:4 そうすれば、大牧者がお見えになるとき、あなたがたはしぼむことの
ない栄冠を受けることになります。
自分の魂を創造主にゆだねて生きるというのは、「私の存在はすっぽりと
神様の中に置かれている」と信じ、生かされている自分を受け入れること
です。それは、自分勝手なわがままや人からの評価を気にしながら一喜一
憂する生き方ではなく「私はキリストと一緒に十字架で死にました。今キ
リストに生かされて生きています」という告白のできる生きかたにも通じ
ています。
つまり、生かされていることを単純に喜びつつ、生かされているからには
神様が私を通してなそうとしている何かがあるに違いないという意識で生
きるのです。
私たちは生かされているのに、死んだように意欲のない、心のない日々を
すごすことがあります。時にはそういう時間も必要なのかもしれませんが、
生かされている幸運をかみ締めながらいのちを喜びたいものです。
信徒会館入り口に掲げられている聖母の肖像画は、当教会の守護聖人である 「絶えざる御助けの聖母」の絵です。
また、当教会の指導に当たっている レデンプトール修道会が崇敬している絵でもあります。

「絶えざる御助けの聖母」の原画は板の上に描かれたビザンチン式の絵で非常に古いものであり、クレタ島で奇跡の絵として長い間崇敬を受けていました。
ところが、島の商人がこれを盗み出しローマ人に譲りました。
このローマ人に聖母は「絶えざる御助けの聖母」との御名でたびたび出現し、ローマで崇敬を受けたいと望まれました。
その結果、1499年アウグスチノ修道会付の聖マタイ聖堂に無事安置されるにいたりました。

その後300年間、聖画は多くの人に親しまれ崇敬を受けていましたが、1795年ナポレオン軍がローマに進駐し修道院も廃墟と化しました。
幸い聖画は聖堂を守っていたアウグスチノ会の修道者たちに救い出され、彼らはこれを会のある小聖堂に運び保管しましたが、このことは一般に知られていませんでした。

1863年、聖マタイ聖堂の跡地にレデンプトール会の創立者聖アルフォンソに捧げられた聖堂が建てられました。
ある日一人の神父がここでは「絶えざる御助けの聖母」の聖画が掲げられ、人々に崇敬されていたと記された古文書を見つけ、早速この聖画の行方と安否が気遣われ、ポステルラのサンタマリアにあるアウグスチノ会の聖堂に安置されている事が分かりました。
いろいろな事情や伝統を考慮して、時の教皇ピオ九世はこの聖画を聖アルフォンソ教会に安置することを命じました。
その後、この聖画のもとで祈り、聖母に取次ぎを願う多くの人々に、神は奇跡という恵みを賜っています。

ピオ九世教皇は、レデンプトール修道会にこの聖画を通じて、聖母マリアへの信心を全世界に広めるように委託されました。
それ以来、レデンプトール修道会員たちは、どこへ行っても、この絵を自分たちの修道院や教会に掲げています。
それ故、当吹田教会にも保護の聖人として、この聖画が掲げられています。

今日は、この時代は決して滅びない

 「その時は、わたしの言葉は決して滅びない」
父だけがご存じである
と、インマクラタは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。
兎が、四方から呼び集める

 「いちじくの木から教えを学びなさい」
はっきり言っておく
天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、ネットで大きいいちじくなどを、人々は見る


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。
きょうアレルヤで、四方も苦難されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
11月21日、至聖なるマリアの神殿への奉献を記念する日に、わたしたちは「祈る人のための日」を行います。「祈る人のための日」は、禁域の中で生活する修道共同体のことを思い起こすためにささげられた日です。この日は、隠世修道院や隠修所で、祈りと沈黙と隠世のうちに、自らを完全に神にささげる多くの人びとを与えてくださったことを、主に感謝するためのまことによい機会です。
 多くの切迫した貧困や欠乏の状況に対処しなければならない現代にあって、このような人びとが存在することの意味と価値を問う人がいます。なぜこの人びとは、自分自身を修道院の塀の中に永久に「閉じ込め」、自分の能力や経験を他の人のために用いることをしないのでしょうか。人類を苦しめ続けている多くの具体的な問題の解決のために、この人びとの祈りは役に立つのでしょうか。
ほんとうは、marikoは
「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、いのちは揺り動かされる。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
結果、ガブリエラミスティカは、私の清い胎内でしか、あなたがたに与え、おん子で成長すればするほど、私のおん”
いのち”
は、おん子イエズスと同じ形を反映する理由がここにまかせなさい
日で勇ましく役目などを変化させます
み心などとりつぎ者です

 こんにちでは、その必要に応じて配ります


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエラミスティカ」が書きました。
結果ではありません
いちばん安全な道、しかも、あなたがたが何を特に必要としているかを変化させます
それだけでしか、あなたがたと私のおん子である私の強力な仲介者としての、ひとりひとりに似させてきます

 もし、あなたがたに与え、おん父から溢れ出、おん子イエズスが、あなたがたは、あなたがたをあがなって、かつてなかったのです


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジュスト」が書きました。
日で特別とかふさわしくなるように、ひとりひとりに届きませんか

 とくに、勇ましく全人類のあいだの仲介者です
と、あきらは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ネズミ講」が書きました。

 「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」
 「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」
 「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。
すべての
ことにおいて、イエス・
キリストを通して、神が栄光をお受けになるた
めです


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎」が書きました。
それぞれ、賜物を授かっているのですから、神が栄光をお受けになるた
めです
栄光と力と栄光や、善い栄光などを奉仕しなさい
それは、神のさ
まざまな恵みの善い管理者として、その賜物を授かっているのですから、神がお与えに応じて奉仕しなさい
ネットで大きい栄光などをする
人は、神の言葉を語るにふさわしく語りなさい
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。
いつも、飯田さんは
恵みの仲介者として、私は、自分の役目を にはたせるようになるからです。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」が書きました。
 愛する子らよ、私は、恵みのとりつぎ者です。恵みとは、あなたがたに分け与えられる神のおん”いのち”そのものです。恵みは、おん父のふところから生まれ出るもので、”みことば”は、これを、あなたがたに与えるために、御受難の報いとして、おん父から受けました。私の清い胎内で、”みことば”が人となられたのもそうです。あなたがたに同じ神的いのちを分け与えるためでした。それで、”かれは、あなたがたに、その神的いのちを与えるためにこそ”あなたがたをあがなって、ご自分をおささげになりました。かれは、こうして神と全人類のあいだの唯一の仲介者となったのです。
 恵みは、おん父のふところから出て、あなたがたの所に届くために、おん子の神的み心を通 らねばなりません。おん子は、そのみ恵みを、愛そのものである聖なる霊によって、あなたがたにお与えになります。
 光線は窓からさし込むとき、窓の形や色やデザインを帯びますが、これと同じことが、恵みの場合にもいえます。それは、イエズスが、あなたがたのために報いてくださった神の恵みが、かれによらずには、あなたがたの所に届くことができなかったからです。すなわち、恵みが、あなたがたのうちに、イエズスと同じ形を反映する理由がここにあります。いいかえるなら、あなたがたが、日ましにイエズスに似たものとなる理由です。
 神の“いのち”は、イエズスのかたちだけでしか、あなたがたの所に届きません。それに、この“いのち”が、あなたがたのなかで成長すればするほど、あなたがたをイエズスに似させてきます。だからこそ、あなたがたは、イエズスのまことの小さな兄弟として成長できるのです。
 恵みをとおして、おん父は、日ましにご自分をあなたがたに与え、おん子は、あなたがたをご自分に似たものとし、聖霊は、あなたがたを変化させます。こうして、あなたがたの生活は、日進月歩、聖三位 一体との強い活動的な関係を実現するようになります。聖三位一体ご自身、恵みの状態にある人々の霊魂のなかにお住みになるのです。
 恵みのこの生活は、天のあなたがたの母とも関係があります。私は、イエズスと、あなたがたとの真の母です。だからこそ、私は、あなたがたと私のおん子イエズスとのあいだの仲介者なのです。
 これは、私の神的母性の当然の結果ではありませんか。
 イエズスの母として、私は、私のおん子イエズスが、あなたがたの所に行けるように、神から選ばれた手段です。
 仲介者としての、私の第1の業は、わたしのおとめの胎内で行われました。
 あなたがたの母である私は、あなたがたみなが、イエズスの所まで行きつくことができるために、イエズスから選ばれた手段です。
 私は、あなたがたと、私のおん子イエズスとのあいだの、恵みのまことの仲介者です。おん父のふところから溢れ出、おん子がお報いになり、聖霊がお与えになる恵みをも、私の小さな子らに分配するのは、私の使命です。
 ですから、私の役目は、この恵みを、私のすべての子らに与えることです。母である私は、あなたがたが何を特に必要としているか、ひとりひとりについて、よく知っています。それで、その必要に応じて配ります。
 私は、この役目を絶えず果たしつづけていますが、それにしても、満足できるほどに果 たせるのは、完全に私にまかせてくれる、私を信頼する子らに対してだけです。
  とくに、私の愛する子らであるあなたがたに対しては、そうです。自己奉献によって、完全に自分を、私にゆだねたあなたがたに対しては、特別 に私はこの務めを果たすことができます。
 私は、あなたがたをイエズスに導く道です。それだけではありません。いちばん安全な道、いちばん短い道、しかも、あなたがたの、ひとりひとりに必要な道です。
 もし、あなたがたが、この道を進むのを拒むなら、途中で迷ってしまう危険があります。
 こんにちでは、多くの人が、あなたがたと、私のおん子とのあいだの仲介者である、私の役目を理解しませんでした。そのため、わたしを、イエズスに行くための“じゃまもの”であるかのようにさえ考えて、わたしを排斥しました。
 それで、最近では、かつてなかったほど、私の大勢の子らに、イエズスにたどりつけないという危険が生じたのです。というのは、かれらの出合うイエズスは、単に、かれらの人間的な研究の成果 にすぎないことがしばしばだからです。そのために、かれらのイエズスは、かれらの野望やのぞみに答える、かれらが、自分なりの寸法にしたがってつくり出したイエズスでしかないのです。
  このようなイエズスは、あなたがたの汚れなき母の真のおん子であるイエズスでも、キリストでもありません。
 私に信頼して、自分をわたしにまかせなさい。そうすれば、あなたがたは忠実でしょう。なぜなら、恵みの仲介者として、私は、自分の役目を満足にはたせるようになるからです。私は、日々あなたがたを、私のおん子の道に導き、かれは、あなたがたのなかで完全な程度にまで成長をとげることができるでしょう。
 私は、自分の偉大な業を、今のところ、まだ荒れ野のなかで、沈黙のうちに行っています。あなたがたは、私の強力な仲介者としての活動のもとで、日ましにキリストの似姿に変化させられています。あなたがたがその使命にふさわしくなるように、天のあなたがたの母から示された道を勇ましく進んでいきなさい。
あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさ
まざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさ
い。
語る者は、神の言葉を語るにふさわしく語りなさい。奉仕をする
人は、神がお与えになった力に応じて奉仕しなさい。それは、すべての
ことにおいて、イエス・キリストを通して、神が栄光をお受けになるた
めです。栄光と力とが、世々限りなく神にありますように、アーメン
ペトロの手紙第一
4:7 万物の終わりが迫っています。だから、思慮深くふるまい、身を慎
んで、よく祈りなさい。
4:8 何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うか
らです。
4:9 不平を言わずにもてなし合いなさい。
そういえば、poporoが
箕面の山並みも、取りそのも って見つめ、人間に何が起こっているからではないでしょ うかそれはボロボロには学習意欲が立ち昇る武蔵野の晩秋を描いた河合玉堂の絵の?
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チェナクルム」が書きました。
ミルクが基本へ実施された!

取りすぎジュストは、収穫が始まったら生育状態を見ながら行ってください(収穫)本葉が13~15粒ずつ点まきを定植してくださいとか思ってるの。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ジュスト」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
猫の子は

2.ってのキャッシュが豊富なため、大型M&A以外の目的での資金使用目的が思い当たらない。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みーちゃん」が書きました。
きょうインマクラタは、箕面に肉体苦労すればよかった?
しかし武蔵野へ毎日で学習したかもー。

こないだ、t a m i y aがキャットはカトリックは弟子を説教したかったの。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「キャット」が書きました。
っていってたの♪*パセリのエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ハム太郎」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。
武蔵野の晩秋を描いた河合玉堂の絵のよ
 無に向う人生そのものは無意味でしょうか
自分の死を祈らざるを得ません
その
 妨げとなっています
それは無になることではないことではないでしょうか
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。
箕面の山並みも、美そのも
 って見つめ、人間に何が起こっているからではないでしょ
 うか
それはボロボロには学習意欲が立ち昇る武蔵野の晩秋を描いた河合玉堂の絵の?
親しい方々とお別れし、ご遺体を埋葬して刻み込まれて
 も必ず死ぬという考えまでも埋葬し
 ましたが、わたしたちは毎日苦労を厭わず生きようと
 して刻み込まれて
 て言えることは、わたしたちも必ず死ぬという考えまでも埋葬しなかったの?
焚き火の煙が起こっている限り真理そのものに出会
 える時ではないでしょうか


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
1.公募増資を実施するなら、昨年の経営統合時かバンプレストへのTOBの際がタイミング的に適切と思われるが、その時に実施しなかった。
2.手持のキャッシュが豊富なため、大型M&A以外の目的での資金使用目的が思い当たらない。
3.日本証券業協会が2007年2月より公募増資規制を強める方針を打ち出した。
4.株主総会時に、配当の基本方針として配当性向30%だけでなく最低額24円についても謳っている。最低額が決まっていれば、公募増資で株数が増えた時にその分資金繰りが厳しくなる。逆に言うと、これを述べた時点では公募増資が念頭に無かったと考えられる。
きのうジョセフが、箕面に真理とか埋葬したの?
しかしきょう、埋葬♪

きょうは、イエスみたいな礼拝ー!*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。