Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大天使聖ミカエルのチャプレット
                    
敬虔な天主のしもべ、アントニア・ダストナク(Antonia D'Astonac)が聖ミカエルの御出現を受けて与えられたチャプレット。毎日この9つの級の天使への祈りを全て唱える人々に聖ミカエルは次の約束をされた。

・御聖体を拝領する時に、9つの中の各級の任務を与えられた天使がそれぞれ、その人が祭壇に進む時に付き添うでしょう。

・その人が生きている間中援助をし、死後も、煉獄の苦しみからその人及びその人の親族の魂を救出するでしょう。


<聖ミカエルのチャプレット>


このチャプレットは聖ミカエルのメダイと、4つの小珠、環状部分は一連が1つの大珠と3つの小珠からなる九連によって構成されています。もし専用のチャプレットをお持ちでなければ一般のロザリオを数を調節しながら用いられて構わないと思います。

はじめに(メダイにおいて)祈ります。

「天主よ、我が助けに御心を傾け給え。」「主よ、我が助けに急ぎ給え。」 「栄唱」1回。

 

第一の大珠(中心のメダイ)にて祈ります。

「天使の第一級なる熾天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及熾天使の御取次ぎによりて、完全なる愛の火もて燃やさるるに適わしき者たらしめ給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第二の大珠にて祈ります。

「天使の第二級なる智天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及智天使の御取次ぎによりて、我らが罪より離れ、キリスト教的完徳の道に熱心に進歩する恵みを与え給え。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。
 

第三の大珠にて祈ります。

 
「天使の第三級なる座天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及座天使の御取次ぎによりて、我らの心に真実なる謙遜の精神を注ぎ給わんことを。 アーメン。 」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

第四の大珠にて祈ります。

「天使の第四級なる主天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及主天使の御取次ぎによりて、我らの五官を抑制し、堕落せる情欲を制するの恵みを与え給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。
 
第五の大珠にて祈ります。

「天使の第五級なる能天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及能天使の御取次ぎによりて、我らの霊魂をとその謀計とその誘いより守り給わんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

第六の大珠にて祈ります。

「天使の第六級なる力天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及力天使の御取次ぎによりて、我らが誘惑に陥るを許し給うことなく却ってすべての悪より救い給わんことを。 アーメン。 」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第七の大珠にて祈ります。

「天使の第七級なる権天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及権天使の御取次ぎによりて、我らの霊魂を真の従順の精神もて満たし給わんことを。 アーメン。」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第八の大珠にて祈ります。

「天使の第八級なる大天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及大天使の御取次ぎによりて、我らに信仰と善徳における堅忍の恵みを与え、天主の光栄に至らしめんことを。 アーメン。」 「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

第九の大珠にて祈ります。

「天使の第九級なる天使を賛美し奉らん。願わくは天主が我らを、聖ミカエル及天使の御取次ぎによりて、我らがこの世において天使に守られ、死後、永遠の光栄に導かるる恵みを与え給わんことを。 アーメン。」「主祷文」1回。

続いて3つの小珠にて「天使祝詞」3回唱えます。

 

環状の外の小珠に戻り、各小珠にて意向をもって祈願と「主祷文」を唱えます。

「聖ミカエルに祈らん。聖ミカエルよ、我御身に臨終を委ね奉る。願わくは、その時悪魔が我らを攻め、我が霊魂を害うことなからんため、彼を克服し給え。」 「主祷文」を聖ミカエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖ガブリエルに祈らん。聖ガブリエルよ、願わくは我に天主より、活ける信仰、強き希望、熱烈なる愛、並びに聖体に対する信心を乞い求め給え。」「主祷文」を聖ガブリエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖ラファエルに祈らん。聖ラファエルよ、我らをして常に完徳の正しき道を進ましめ給え。」 「主祷文」を聖ラファエルに光栄を帰するために1回唱えます。

 

「聖なる守護の天使に祈らん。聖なる守護の天使よ、我に聖霊より潔白なる心、聖なる召出しにおける堅忍とを切願し給え。」 「主祷文」を守護の天使に光栄を帰するために1回唱えます。
 

このチャプレットのしめくくりに次の祈願を唱えます。

「ああ、天軍の総帥にして指揮者なる、いと栄えある聖ミカエルよ、御身は霊魂を守り、悪しき霊を克服し、天主の聖殿に住み給う御者、イエズスにつぎて、我らを導き給う御者にして、人力を超ゆる力を完全に恵まれ給いたれば、願わくは信頼に充ちて御身によりてすがる我らを、すべての悪より救い、類なき御身の御保護によりて、我らの天主への忠実なる奉仕において、日毎に進ましめ給わんことを。ああ、イエズス・キリストの聖会の総帥なる聖ミカエルよ、我らのために祈り給え。キリストの御約束に我らをかなわしめ給え。」

祈願 

「全能永遠の天主、御身は妙なる御慈悲と御憐れみとによりて、人類の救いのために、栄えある大天使聖ミカエルを聖会の総帥に選み給いたれば、いつくしみ深き御保護によりて、我らが臨終に当たり、我らを攻むるすべての敵より守られ、聖ミカエルによりて、神聖なる御稜威の御前に至らしめんことを、我らの主、イエズス・キリストによりて。 アーメン。」
スポンサーサイト
教会の門を入りますと、右に司祭館兼信徒館があります。その前に小さな庭園があり、そこには聖母マリア像が立っています。この教会を訪れる方々を迎えてくれるのは、この聖母マリア様です。 聖母マリ様こそ教会そのもの象徴でもあります。この聖母像は桜ヶ丘にあった旧箕面教会のあとのマリア園に立てられていましたがマリア園が閉鎖されることになり、2005年4月にここに移されたものです。 正面の奥に鐘楼のある建物があります。これが箕面教会の聖堂です。 聖堂内の正面にはモルタル・レリーフがあります。このレリーフは「信仰の喜び」を表わすことをテーマにした壁画です。いずれも長崎純心大学教授・本田利光先生の制作によるものです。

鐘楼には2つの鐘があって、毎日午後6時には美しい音色を響かせています。鐘は朝、昼、晩と3回なるはずですし、結婚式や信徒が帰天したときなどにも鳴らす習慣がありますが、近隣の迷惑にならないように、箕面教会では一日に一回だけ鳴らすようにしています。鐘がなりますと、神様が呼びかけておられると受けとめ、祈りをする習慣があります。その祈りは『お告げの祈り』といわれます。これはラテン語でアンジェルスという言葉で始まりますので、これを英語読みしてアンジェラスとも言われます。フランスのミレーという画家が描いた『晩鐘』という絵は有名ですが、これは畑の中で遠くから聞こえてくる教会の鐘の音を聞いて、アンジェラスの祈りえお唱える農夫の夫婦を描いています。
 この2つの鐘は、1957年にドイツで製作され、当時桜ヶ丘にあった箕面教会に贈られたものです。それは、フランシスコ会サクソニア管区の学校で、ハインリッヒ神父さまの出身校 Gymnasium St.Ludwig,Vlodropと、元同会サクソニア管区の学校、フベルト神父さまの出身校 Gymnasium Petrinum,Dorsten の生徒たちの援助によって実現しました。それぞれの鐘には「山よ丘よ主を讃えよ」、「さくら咲く大和をキリストに」と刻まれています。
住環境と、箕面で住環境などを研究した
今日、アメニティ豊かな公園都市は、箕面などを建設しなかった
今日はジョセフは、箕面などを建設しなかった
今日はジョセフは、
北大阪(茨木・)
箕面の丘陵地に建設される、アメニティ豊かとかを建設しなかった
今日はジョセフは、箕面などを建設される、アメニティ豊かな公園都市)は、
北大阪(国際文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた、自然と調和する緑豊かな公園都市)は、箕面などを研究した
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
ほんとうは、セバスチャンは
あなたのように信仰を全うし、主・キリストと共に生き、共に苦しみ、その天主にあずかりたいと念じている私達のために、今もいつも祈っていて下さい。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエラミスティカ」が書きました。

天主の御母 聖マリア
祝日1月1日
<祈願>
「聖母マリア、私達は今日、あなたに光栄を帰する祝日の中でも最も古き祝日を祝います。私達は、イエズスの母にあなたをお選び下さったことを神に感謝致します。主は全くあなたと共におられ、そのためあなたは祝された乙女マリアでいらっしゃいます。私達の御母よ、私達はあなたによびかけます。どうぞ私達の祈りをお聞き下さい。 アーメン。」

 

<めでたし 聖なる御母>
「めでたし、恵みに満ちた乙女、聖なる神の御母、主はあなたと共におられます。あなたは女の中で祝福され、聖なる御胎内の御子も祝福されています。あなたは私達の救い主であり解放者である、救い主イエズスをおうみになられましたからです。 アーメン。」



<連祷>
イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

聖書における天主の御言葉を愛され給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らの天主よりの御使いに従い給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

主の御言葉を信じ給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

誠実にして注意深き浄配ヨゼフを愛され給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

ベトレヘムの馬やにおいてイエズスを生み出し給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

ヘロデ王の狂気の恐れ、及び苦しみを知り給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

御身の縁者なるエリザベトを愛され給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

エリザベトの子、洗礼者ヨハネを確かに知り給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

ヨハネを子として受けられ給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らを御身の息子、娘として受けられ給わんことを。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

御子が苦しみ耐えられ給うを見奉り給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

イエズスが息を引き取られ給うたその丘に在し給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

御墓において主の御遺体を安置した者らと共に在し給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

御復活の栄光において再び生くるイエズスを見奉り給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

御父の御もとに主が昇天され給いた後、主の友人らと共に祈られ給うた御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

地上に御身の最終の御年の御跡を残され給いざりき御身▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

それより御身を見奉りしあまたの者存在せん。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らはことに御身に忠実なる者らと共に祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは彼らの伝えを受け取るを能わざる者らと共に祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは貧しき者、御身をその者らの元后と呼び奉る者らがために祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは虐げられたる者、御身をその者らの希望と呼び奉る者らがために祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは世の全ての女性、御身の姉妹らの公正がために祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは御身を保護者と呼び奉る我が国がために祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは教皇、この世に対する御身の管理を委ねられ給うた御者がために祈り奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは御身が全ての罪及び悪を免れて生まれ給うた事を信じ奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは天主が御身に永遠の生命の満たしを与え給うた事を信じ奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは御子イエズスが、天主の御子なるを信じ奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

我らは主の聖霊が我らのうちに常に在し給う、主の御約束を信じ奉る。▲イエズスの御母よ、我らと共に祈り給え。

 

<聖母マリアに取り次ぎを願う祈り>
「マリアは主イエズスの母であられ、それ故にまた私達の母であられる。しかし更にマリアは、私達教会の理想の姿であられる。▲母マリア、あなたに信頼を寄せる私達をお守り下さい。あなたのように信仰を全うし、主・キリストと共に生き、共に苦しみ、その復活にあずかりたいと念じている私達のために、今もいつも祈っていて下さい。 アーメン。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 






今日、広いアメニティ豊かな公園都市とか組み込まれた、自然と調和する緑豊かな住環境とともに文化公園都市とアメニティ豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた
今日、広いアメニティ豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた
今日、広い緑豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた
今日、広いアメニティ豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた、自然と調和する緑豊かや国際などを交流すればよかった?
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」が書きました。
tamiyaたちが、箕面の?
彩都とか、緑豊かな住環境とともに文化学術などを開発したかったの♪
今日は、緑豊かな住環境とともに文化学術などを建設すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎」が書きました。
ミカエルが
彩都(国際彩公園都市)は、
北大阪(茨木・箕面)の丘陵地に建設される、アメニティ豊かな住環境とともに彩学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた、自然と調和する緑豊かな公園都市です。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。
今日ネコ飼いたちが、箕面の丘陵地に建設される
インマニュエルは、
北大阪(茨木・)
箕面などを開発しなかったの?
今日ネコ飼いたちが、大きいアメニティ豊かなど組み込まれた
彩都(国際文化公園都市)は、
北大阪(茨木・
箕面の丘陵などを開発しなかったよ
と、インマニュエルが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。
彩都(国際文化公園都市)は、
北大阪(茨木・箕面)の丘陵地に建設される、アメニティ豊かな住環境とともに文化学術や研究開発、国際交流といった特色ある機能が組み込まれた、自然と調和する緑豊かな公園都市です。
きょうは、ネコ好きがコメントしたの?
ここへこみたいなコメントするはずだったみたい。
ここにネコ好きがコメントしたかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」がCarpe diemを読んで書きました。
インマクラタはこっぽい代表した?
ここまで代表する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」がワカのぶっちゃけアダルト日記を読んで書きました。
きょうキャットは、やり取りするはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」がVerlobteを読んで書きました。
こないだ、tamiyaが
カトリックが過ちを福音から離れそうになったとき、それを指摘してくれる友としてのプロテスタント教会としての年間です。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎」が書きました。
こないだ、ミカエルが
その際、汚れた霊に対する権能を授け、年間には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず、ただ履物は履くように、そして「下着は二枚着てはならない」と命じられた。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。
こないだ、ネコ飼いが
世界的なキャラクター抱き人形のはじまりとなったカドルキューピーはその後のローズオニール人形に大きな影響をあたえました。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。
今日、パンダくんが
キューピーたちの活躍する数多くの年間のどれもが、キューピーらしい愛“キューピッシュ・ラブ”にあふれた年間です。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」が書きました。
そういえば、ふらんが
大きな年間にまけないぐらい心をこめてつくってください」これを聞いた職人たちは大変感動し、その後は小さな年間もていねいに製造したということです。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。
sebastianは
社会に出た後も若くして年間として自活し、20才から30才前半には人気年間として活躍しました。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエル」が書きました。
きょうは、告白しなかったー。
そしてきのうカトリックで、自覚するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」が書きました。

  そして、十二人を呼び寄せ、二人ずつ組みにして遣わすことにされた。その際、汚れた霊に対する権能を授け、旅には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず、ただ履物は履くように、そして「下着は二枚着てはならない」と命じられた。また、こうも言われた。「どこでも、ある家に入ったら、その土地から旅立つときまで、その家にとどまりなさい。しかし、あなたがたを迎え入れず、あなたがたに耳を傾けようともしない所があったら、そこを出ていくとき、彼らへの証しとして足の裏の埃を払い落としなさい。」十二人は出かけて行って、悔い改めさせるために宣教した。そして、多くの悪霊を追い出し、油を塗って多くの病人をいやした。
-----------------------------------------------------------
 父の家にお帰りなさい。教会は帰ってくる場所です。ここには同じひとつのこと、もっとも大切な神様のことを信じている人たちの集まりがあります。安心して、ほっとして、疲れを癒してください。
 暑い中わざわざ来てくださったのですから、私も皆さんに最高のおもてなしをしたいと思っています。他のところでは絶対もらうことのできない大切なおもてなし。イエス様が語ってくれた言葉を改めてお伝えし、そしてイエス様ご自身を皆さんにお捧げします。こんなすばらしいものをもらえる場というのは、他にはありません。ここで1週間分の重荷を下ろし、少し心を癒され、元気になって、イエス様に入っていただいて、力を回復してほしいのです。
 でもまた忘れないでほしいことがあります。それは教会に帰ってきた以上、教会からまた出かけていく、遣わされていくということです。
 どこに。この世に。福音を知らない場所。たくさんの迷いに満ち満ちている場所に。何を携えて。杖と履物だけ。「杖」・これから先を指し示す福音。「履物」・一歩一歩足もとを照らして、共に歩んでくださるイエス様だけ携えて。それも同じ信仰の仲間・兄弟と共に。
 教会にいる間信者であるけれど、教会を出たら、もう自分が信者であることを忘れてしまう。それでは困るのです。キリスト教を人々に伝える福音宣教は司祭、修道者の仕事だからと思っているならば、それは違います。
 自分はそのような器でない。とてもできないという恐れ。それに対しはっきり今日読みました。今日遣わされたアモスは、ただの家畜を飼い、イチジク桑を栽培するだけのものでした。しかしそこに主が共にいてくださって、真理の言葉を携えているから、預言者にもなったのです。神が愛する御子イエス様によって与えてくださった輝かしい恵み。それを私たちはたたえます。そしてそれを人々にもっていく。
 その使命・自覚をいつも忘れないようにしましょう。私たち一人ひとりが、この世に派遣されています。たくさんの迷った人、犯罪、事件。どうして何もしないまま、今の世は間違っている、おかしいと眺めていることができるでしょう。その人たちのため、そういう迷った社会のため、私たちはたくさんのことをしなければいけません。救いの手を差し伸べないで見過ごしてしまった。そのような怠りをしないよう、せめてそのような迷える人たちを教会につれてきてほしいのです。
 「人に直接会って話すことは恐ろしい。自分は機械相手のほうが得意」。そういう人も、今は簡単に自分の意見を発する場所ができました。ニュースでもやっていました。「今まで個人は、情報のただの受け手だった。しかしインターネット、特に、簡単に開けるブログは、個人を情報の発信する側に変えた」と。なんと幸いな時代でしょう。そういう機械のほうが向いている人にも、福音を宣べ伝えるチャンスが回ってきたのです。それぞれの特徴、それぞれ神様から与えられたタレントをいくらでも生かして、私たちは、いろんな形で、迷える世界に、誰もがイエス様の福音を宣教できる。そんな時代が来たのです。
 この教会には、司祭を目指す中高生がいます。どんなに大きな使命が自分たちに今与えられているか。そのことを決して忘れないようにしましょう。たくさん羊が迷っているのに、羊を導く飼い主がいないのです。自分はそれほどのものでないと思う時が来るかもしれません。それでも神様が用いて下さろうとしているのです。
 そして洗礼を受けたばかりの人。すべて新たにされ、キリストの弟子に選ばれたのです。自分で選んだのでは、実は決してない。まさに天地が創られる前から、神様は、あなたをこの暗い世に派遣するために、あらかじめお選びになってくださっていたのです。神様が選んでくださった。だから勇気を持って、救いをもたらす福音を携えていきましょう。
 そのためにも、自分自身が救われた喜び、感謝の心できらきら輝いていなければなりません。私はもうイエスによって救われたもの。何の恐れもない。怖いものもない。そうやっていつも胸を高く上げているでしょうか。失望や世の思い煩いに、下向きになってないでしょうか。ちょっと下向きな人に私は約束します。もう教会に集っている人。一人ひとりすべて救われ、永遠のいのちへの道をすでに歩んでいます。神様が必ず共にいて、私たちを導いてくださっている。教会に確実にいる神さまが約束してくださっている。そのことを伝えます。そして私たちは、その神さまからの愛を受け、その神様の愛と真理を人々に伝えるよう召されています。
 迷いに入ったとき。また初めからリセットして再出発することのできるゆるしの秘跡。イエス様が本当に一緒に歩んでいるのだとしっかりと確認できる聖体の秘跡。そして病気の時には特に力を与えてくれる病者の塗油。実際にイエス様は今もこうして確実に教会で働いて下さっています。恐れることはありません。真理の言葉、救いをもたらす福音をもって、またこの1週間を歩んでいきましょう。 私たちの主イエス・キリストの父である神はほめたたえながら。

----------------------------------------------------------------
 イエス様は弟子を「二人ずつ組にして遣わした」とありました。キリスト者は二人ずつ派遣されるので、一人でよい知らせを携えていく事はできないというのです。一人では弱く、誘惑に負けやすく、人の支えが必要で、独りでいるのは良くない(創世2:18)からでしょうか?
 修道会の場合、目に見えてそれが現れていることが多いですが、教区司祭も、司祭団の交わりの中、司教との関わりのもとに、派遣されるので、決してひとりで遣わされるのではありません。カトリック教会の一番上に立つ教皇も、司教団との交わりがあって初めて教皇として働くことができ、司教団と切り離された教皇はあり得ないのです。さらに言えば、小教区の司祭も信徒があって初めて司祭職ができ、信徒と切り離された司祭はあり得ないことになります。さらに生きてこの世で生活する私たちは、すでにこの世での生活を終え、浄めを完成し、天国にいる聖徒と、祈り・ミサをとおし交わりを持ち、一つになりその中で生きるのです。このようにして最終的に「頭であるキリストの下に一つにまとめられ」(第二朗読;エフェ1:10)、交わりの中で生きていくのがキリスト者の生き方ということになります。
 遣わされるもの。それは第一朗読のアモスのように、単なる家畜飼い、いちじく桑を栽培する(アモ7:14)普通の人間がある日、神の呼びかけに従い、神の言葉を語るようになるわけです。けっして自分の能力や才能で預言者としての務めを果たせるのではありません。むしろパンも金も持たず、迎えてくれる家で世話をされるしかない弱いものです。しかしそれでも神の力によって、悪霊を追い出し、病人を癒す、そういう働きができる者なのです。
 イエス様が十字架にかかる前の、使徒たちに欠けていたのは、自分たちだけで何とでもできると思い込み、神の支え、お互いの祈りがなければ弱いという自覚がなかった点だと思います。だからこそ神の子、イエス様を見捨てる結果となりました。 逆に言えば、使徒が完全なものになるためには、自らの弱さを知り、祈りでもって支えられる必要があると本当に知ることが必要だったとも言えます。それができたとき、つまり十字架と復活を体験して、初めて使徒になったのであって、イエス様の生きている間の派遣によって、使徒としての働きが完成されたのではありません。

 「二人である」。これは独りよがりになることを避けるために必要なことでもあります。つまり助けを必要とするもので、迷惑をかけるものと自覚することでもあります。そして常に互いに罪を告白し合い、ゆるし合い、認め合う、そういうものなのです。 ここで罪を告白し合うとは、実際に、罪を皆の前で告白しなければいけないと言うよりも、そのような姿勢を持つと言うことだと思います。
 司祭も同様で、弱いもの、傷つきやすいもの、世話や祈りをしてもらう必要があるものであって、人を悔い改めさせるためには、自らがいつも悔い改め、罪を告白しなければいけないものです。私自身も、罪人とことさら強調するつもりはありませんが、罪人であり、祈りを必要とする人間に過ぎないことは率直に認めたいと思います。
 さらにカトリック教会も同様です。堕落によって教会分裂の原因を作った。異端審問と称し暴力を使った。先住民族を強制的に改宗させ、原住民の文化を破壊した。これらを教皇様が自ら公に謝罪したわけですが、これらの行為はすべて、今回朗読した福音の精神、失うものを何も持たず、なんの力も持たず、武器も、処刑道具も、腐敗のもとになる金銭も、無縁に宣教する、その精神に背いていたからということになります。
 確かに福音を拒否するものに、足の裏のほこりを払い落とせとあります。象徴的な意味としては重いかもしれないが、その程度で、足のほこりを家につけられようが、害はありません。カトリックだけでなくプロテスタント教会があることは、キリストの教会が一つでなければならない点から言えば、不幸で悲劇ですが、良い面もあります。 カトリックが過ちを福音から離れそうになったとき、それを指摘してくれる友としてのプロテスタント教会としての姿です。もちろん教会は一つでなければならず、それがイエス様の求める教会の姿です。 しかし教会と言えども完全ではありません。教会の実際の歩みの中、自分は必ず正しいと思い上がらないよう、行きすぎを指摘し、傲慢にならないよう告白し、自ら分裂の原因を作っていないか反省し、絶えず悔い改める機会を指摘してくれるキリストの別の教会も必要だったかもしれない。
 「自ら」が悔い改める姿勢を失うとき、悔い改めのメッセージも意味を失います。互いに告白し、祈り合い、ゆるし合う、そういう教会の姿を大切にしましょう。
 その姿勢は、家庭生活(それはもっとも小さい、しかし基本の教会)において、とても重要です。自分だけが正しい、自分はいつも被害者だ、相手が悪い。それでは簡単に破綻してしまいます。助けが必要とするもの、また迷惑をかけるもの。そのことを率直に認め合って、歩んでいきましょう。
はじめ絵はがき、本、手芸、おもちゃや安いアメリカと貧しいゲートとかソフトなどをローズオニールしなかったのは、現代のテーマパークのところに行ってきました
名前をファンタジックなのりもの、パレード、ホテル…
marikoは、一本の大きな棒のように人々は夢中になり、ローズオニールという名前を考えだしました
と、ペテロが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペテロ」が書きました。
ローズオニールのおいたち

「キューピー」の生みの親はローズオニールという名の美しい女性天才アーティストです。1874年6月25日、アメリカのペンシルバニア州で誕生したローズオニールは、幼い頃から驚くべき芸術の才能を示しました。社会に出た後も若くしてイラストレーターとして自活し、20才から30才前半には人気イラストレーターとして活躍しました。また、芸術絵画・彫刻・小説・詩なども多才に発表し、アーティストとしての地位を築きました。そして1909年、世界的な素晴らしいキャラクターを誕生させることになります。


キューピー誕生


ロ-ズオニールは、2度の結婚をしています。しかし結婚は必ずしもローズを幸せにはしませんでした。2度の離婚に傷ついたローズは、活躍していたニューヨークから両親やきょうだいの住むミズーリ州のボニーブルックにもどってきました。広大な自然の中で深いインスピレーションをえたローズオニールは、1909年永遠の偉大なキャラクター、キューピーを誕生させました。キューピーが最初に発表されたのは、アメリカの婦人雑誌「レディースホームジャーナル」誌12月号でした。それはローズオニールから、世界の子供たちと子供のような無垢な心をもった大人たちへ贈る、愛のクリスマスプレゼントだといえるでしょう。
発表当時のキューピーは、ほっそりしていましたが、2~3年たつとコロコロと丸味のある現代のイメージの完成されたキューピーキャラクターをつくりあげました。


『キューピーの名前の由来』

キューピーKEWPIEという名を創作したのもローズオニールです。「ローマ神話に登場するキューピッドCUPIDは、人々のこころにいたずらをするけれど、わたしのキューピーには愛だけをはこんでほしい…」という願いで、KEWPIEという名前を考えだしました。



キューピッシュラブあふれる キューピー物語

キューピーたちは、物語と共にこの世にデビューしました。物語の作者もローズオニール自身です。キューピーたちの活躍する数多くの物語のどれもが、キューピーらしい愛“キューピッシュ・ラブ” にあふれた物語です。キューピーたちの精神は、いつも「いいことを、たのしんでする」こと。物語に登場するキューピーたちのしぐさのひとつひとつが実に自由自在に描かれ、見ているだけでキューピーの世界に引き込まれます。ローズオニールが表現したキューピッシュ・ラブにあふれる世界。それは人々が永遠に求め続ける理想の世界といえるでしょう。



キューピー人形の誕生

雑誌に発表されたキューピーはたちまち大人気となり、ローズオニールのもとには子供たちから「お人形がほしい」という手紙が山のように届けられました。そして1913年ついに彫刻にも非凡な才能をもつローズオニールによってビスクのキューピー人形が誕生しました。
キューピー人形誕生へのローズオニールの熱い思いは、キューピー人形のパッケージの上に書かれているローズオニールの詩によく表れています。キューピーのイラストと詩で構成された絵本のようなこのパッケージラベルは、イラストはもちろんデザインも詩もローズオニールによるものです。詩は、次のように語りかけています。


『なぜ、そんなに急いでいるのか、聞きたい?
わたしたちは、人形になるためにでかけるの。
子供たちは、キューピーを待っているの。
だから一番いい方法は、人形になって子供たちのところに行って、いっしょにあそぶこと。
キューピー人形はキューピーからはなれたくないかもね。
でも空を飛びながら覚えたキューピーの微笑みを、毎日みんなにあげてね。
ひとつひとつの微笑みがローズオニールのキューピッシュラブを伝えてくれるように。』
ローズオニールのキューピー人形製作過程で幾つかのエピソードが残っています。キューピー人形は、当時人形の生産が盛んであったドイツで製造されることになりました。工場から最初におくられてきた人形の原型は、あまりにもローズのイメージとはかけ離れていたためローズは自らドイツに行き、しばらくドイツに留まり9種のサイズの原型をつくりあげました。これらの原型が全てのキューピー人形の基本となりました。また、あるドイツ工場を訪れたおり、一番小さな安価なキューピーが職人たちによって雑に扱われているのを目にし、「この一番小さな安いキューピーを買うのは、貧しい子供たち。だからこそ、大きなキューピーにまけないぐらい心をこめてつくってください」これを聞いた職人たちは大変感動し、その後は小さなキューピーもていねいに製造したということです。
ローズオニールの手と愛から誕生したキューピー人形は、キューピーブームにさらに拍車をかけ、アメリカ中を大キューピーブームにしました。


初めての 世界的キャラクターブーム


キューピー人形の第1号は、日本でもおなじみのキューピーポーズ、パッと手を広げてたっているスタンディングキューピーでした。ひきつづき、アクションキューピーと呼ばれる様々なポーズのキューピー人形が登場しました。幼児のなにげない無垢なしぐさや、自然なポーズのエッセンスをとらえたこれらのキューピーたちに人々は夢中になり、アメリカではキューピークレイズ(キューピー狂)時代とまで呼ばれる大ブームを巻き起こしました。人形だけでなく、食器・時計・文具・石鹸・おもちゃなど、ありとあらゆる物にキューピーが登場しました。また広告にも活躍、アイスクリームやゼリーなどお菓子をはじめ石鹸などの広告にも採用されました。このブームは、ヨーロッパをはじめ世界中に広がり、地球の裏側の日本にも広がっていきました。

日本に初めてキューピーが登場したのは大正4年頃(1915年)と考えられます。海を渡ってきたキューピーは、大ブームを起こし、土製やセルロイド製のキューピー人形をはじめ絵はがき、本、手芸、おもちゃなどにキューピーが登場しました。戦前・戦後をとおして何世代にもわたり日本で愛されつづけてきたキューピー。1990年代後半からは、作者ローズオニールとキューピーのお話などが日本でも本格的に紹介されはじめ、偉大なキャラクター、キューピーの魅力が再認識されています。


テーマパークのはじまり キューピーヴィレ

テーマパークと言えばディズニーランドが有名です。ディズニーランドがアメリカに初めて誕生したのは1955年のことです。キューピーの世界では、1925年、ディズニーランドのなんと30年も前にキューピーランド(キューピーヴィレ)が、雑誌に登場しています。キューピーたちの住むキューピーヴィレには、現代のテーマパークの重要な要素が登場しています。シンボルであるお城、お客様を迎えるゲート、ショッピング街、ファンタジックなのりもの、パレード、ホテル…。ローズオニールが構想し、誌上に展開したキューピーヴィレは、現代のテーマパークの原型を確立しています。



世界的キャラクタ-抱き人形のはじまり

ビスクキューピーの次に登場したのは、だっこできるソフトな布製のキューピー人形。カドルキューピーです。顔はシルクの布に、目・鼻・口がシンプルに描かれ、体はシルクやコットンで作られています。手足は、一本の大きな棒のように単純化され、かすかに指や足首はふくらみをもっています。カドルキューピーは雑誌や新聞でも大きくとりあげられました。世界的なキャラクター抱き人形のはじまりとなったカドルキューピーはその後の布製人形に大きな影響をあたえました。



キャラクター丸論のはじまり

「キャラクターは丸で構成される」ことを世界で初めて実証したのもローズオニールです。1936年「キューピーヴィレのスクートルズ」誌の中で、キューピーが丸から誕生することを実際に絵にかいて実証しています。明快な顔のりんかく、小さな丸点の鼻、点のようなまゆ、一本の曲線で描かれた口。キャラクターの基本である丸と単純化されたライン。20世紀の後期から世界中を巻き込んだキャラクターの原型を、ローズオニールが形作っていたといえるでしょう。

聖母の出現はカトリックの用語で、聖母マリアが人々の前に現れたとされる出来事をいう。この出来事を目撃した人は、常にはキリスト教徒とは限らないが、カトリック信者であることが多い。カトリック教会は、各地区の司教・バチカンの担当者などの認定作業を経てこれらの出来事を公認するか否かを表明している。カトリック教会によると、これは人々が聖母の形をとった悪霊に支配されないために必要な手順であるとされる。

聖母の警告や聖母への誓いをないがしろにしたために、悲惨な結果を迎えたとカトリック信者などに信じられている歴史上の人物の例としては、フランス王朝があげられる。フランス王朝は、ルイ14世が聖母に奉献した聖堂建設などの誓いを放棄した結果、破綻し、革命でとらえられた王が後悔して牢内で命令を発した際は既に手遅れであった、などと表現される。

空飛ぶ教皇(空飛ぶ聖座)と呼ばれたヨハネ・パウロ2世は聖母の出現地とその意向をくまなく網羅したとされる。

カトリック教会には従来、聖母マリア自身も男女の交わりによらず懐妊したとする教えがある。これを「聖母の無原罪の御宿り(御孕り)」という。原罪を免れているということは即ち死を免れることになり、さらには死の前兆である老いも免れていたことになる(このために、西ヨーロッパのカトリック圏で描かれる聖母はみな若い女性であり、有名なミケランジェロのピエタの聖母も、とても推定30才前後のイエスの母とは思えない若い女性として描かれている)。そして聖母は生涯の終わりに死ぬのではなく、身体とともに天に上げられたとされる。これを聖母被昇天という。このために、カトリックの教えでは聖母は未だに身体とともに生き続けていることになり、これが聖母の出現を即座に否定できない根拠となっている。

比較宗教学的見地からは、世界各地での聖母の出現は、土着の女神信仰とキリスト教のシンクレティズムの産物であり、それぞれの地域の人々は聖母マリアの形を借りて、自分たちが古くから受け継いできた女神を信仰しているという見方もある。これは特にキリスト教国家によって植民地化され、キリスト教への改宗を強制された地域に見られる特異なマリア崇拝を説明する(古くはローマに支配されたガリアの黒マリア、新しくはスペイン、ポルトガルに支配された中南米や東南アジアの聖母崇拝)。
中人気などを濃縮してしまうフルーツの自然な香り(おいしさ)
を戻す新製法「おいしさナチュラル製法」
を開発しました
「アヲハタ55ジャム」
シリーズは17年ぶりの甘さの少ない低糖度ジャムとして発売しました
一般的なジャム(糖度約50度)
の甘さの少ない低糖度のジャムの濃縮(煮詰める)
を戻す新製法「おいしさ」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
猫の子は
いつも、sebastianusは1991年、他社に先駆けアヲハタ油の量を減らしキユーピーを半分にした「キユーピーハーフ」を発売しました。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みーちゃん」が書きました。
そういえば、ラファエルが
いつも、marikoは2002年には卵黄からコレステロールを除く技術を開発して「キユーピーゼロノンコレステロール」を1925、2003年にはさらに「アヲハタ製法」を組み合わせ、カロリーも半分にしました。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。
現在ジャム市場や、少なく香りなどを入れたユニバーサルデザインを採用しました
「アヲハタ55ジャムとして発売しました」
一般的なジャム(糖度約50度)
と、少ないジャムなどをリニューアルすればよかった?
現在ジャム市場とか広い糖度と、低糖度(糖度約50%強を占め、特に低糖度のジャムは、ネットで種類などしない低糖度(糖度約65度)
と比較すると、低糖度」「13種類のバラエティー豊かな品揃え」「13種類の少ない低糖度ジャムとして、サビオ君はフルーツそのもののフレッシュな風味が特長です
1969年(煮詰める)
中の熱によるダメージを少なくし
サビオ君は、ネットでジャムとか粒残りとか広い糖度と、主力シリーズは、ネットでジャム(糖度約65度)
と比較すると一緒に世界で初めて保存料を使用しない
中の熱によるダメージを蒸発してしまうフルーツの粒残りと、少ないジャムです
と、サビオ君は思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
こないだ、兎が

2002年には卵黄からコレステロールを除く技術をアヲハタして「キユーピーゼロノンコレステロール」を発売、2003年にはさらに「マイクロエマルション製法」を組み合わせ、カロリーも半分にしました。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。
いつも、sebastianusは
1991年、他社に先駆けアヲハタ油の量を減らしカロリーを半分にした「キユーピーハーフ」を発売しました。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジュスト」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。