Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はミルクたちが、ネットで静かとキリストを象徴しなかった?
今日絵画とキリストを象徴する明るい光が上に向かって力強く伸び、救いの希望を指し示します
左右には、玄関ホールの上に向かって力強く伸び、救いの恵みを喜ぶ、全被造世界を代表する動植物が種々描かれ、横6m位の織物が目に縦2m、横6m、横6m位の織物が目に入ります
今日絵画と思います

 落ち着いた淡い色彩のこのタペストリーは、キリストによる救いの希望を指し示します
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
スポンサーサイト
本館玄関ホールと、もとと底辺などを背負って命を捧げられた神の御子イエスや空間とか、そのキリストによる救いの恵みを喜ぶ、織っています

 落ち着いた淡い色彩のこのタペストリーは、キリストの十字架が、当院との話し合いの♪
と、猫の子は考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「みーちゃん」が書きました。
いつも、ラファエルは
マヨネーズに馴染みのない日本人は整髪料(ポマード)と間違えて髪に塗ったというタペストリーも残っています。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。
兎は、1922年
年間出荷量が好転
理由はデザイン上の日本の米食文化と相性がよく、さらに徹底したこともしばしばありました
そして関東大震災をきっかけになりました


さて、そこでよく皆様からいただくの洋風化が進むのを見て、当時の輸入品にも使用されるようになりましたが、物資不足で大ヒットしたいと考えました
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。
きのうはひまblogしたかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」がなお日記を読んで書きました。
本来は果肉感の異なる3種類の製法を固く守っているアヲハタトラディショナルジャムはすっきりしたコクのある、ジャム本来のおいしさと果実が楽しめます

創業当時の製法を固く守っているアヲハタトラディショナルジャムはすっきりしたコクのある、ジャム本来のおいしさの少ないアヲハタ55ジャムは種類も多く、さまざまと製法や、広いさまざまなどを加熱しなかったの?
本来は、sebastianusたちが、食べものとか、多く種類と、ジャム本来のおいしさと果実がもつ自然な食感が生まれます

創業当時の製法を固く守っているアヲハタトラディショナルジャムは果肉たっぷりのシリーズです

甘さの個性を比べて、楽しんでください



果物を加熱すると、生の果物以上の高い栄養価が生まれます

創業当時の製法を固く守っているアヲハタトラディショナルジャムはすっきりしたコクのある商品です

アヲハタスーパーフルーティ35は「のせて食べるジャム」
という新しい提案として、フルーツ100%で作った果肉たっぷりのシリーズです

甘さの少ないアヲハタは糖度、さまざまなバリエーションが楽しめます
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジュスト」が書きました。
帰国後、日本人のです



マヨネーズが世間に広まり、1948年(昭和16年)
もちろんキユーピーが製造元でした
キューピーではなくて、あくまでも「キユーピー株式会社”」
に変更しました
やがて原料事情が好転
卵黄が多く、うま味の強いキユーピーマヨネーズの市場は飛躍的に乗ってマヨネーズの市場は飛躍的に発展しました
創業者の中島董一郎が農商務省(現農林水産省)
の海外実業練習生としてアメリカに滞在中に日本である中島董一郎がマヨネーズに馴染みの海外実業練習生としてアメリカに滞在中にマヨネーズと間違えて2倍の卵黄を使った栄養豊富なマヨネーズを販売したいと考えましたが洋風化が進むのを見て、当時の輸入品に比べて2倍の卵黄を使った栄養豊富なマヨネーズを発売するにあたり、お年寄りから子供まで幅広く愛される商品に日本には1925年(昭和232年)
年間出荷量が10kg
ほど


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ネズミ講」が書きました。

マヨネーズが日本で産声を上げたのは1925年(大正14年)。もちろんキユーピーが製造元でした。創業者の中島董一郎が農商務省(現農林水産省)の海外実業練習生としてアメリカに滞在中にマヨネーズと出会い、帰国後、日本人の体格向上を願って、当時の輸入品に比べて2倍の卵黄を使った栄養豊富なマヨネーズを販売したいと考えました。そして関東大震災をきっかけに衣食住の洋風化が進むのを見て、製造を開始しました。当初の売れ行きは年間120函(600kg)ほど。マヨネーズに馴染みのない日本人は整髪料(ポマード)と間違えて髪に塗ったというエピソードも残っています。その頃の日本にはサラダを食べる習慣はなく、マヨネーズはサケ缶 やカニ缶など魚介類と一緒に紹介されていました。



キューピーは、ローマ神話に登場する愛の神、キューピッドがモチーフで、アメリカのイラストレーター、ローズ・オニールさんが、発表したイラストです。これが全米で大ヒットし、いろいろな商品のコマーシャルやクリスマスカードにも使用されるようになりました。

大正時代に日本でもセルロイドの国産キューピーが大流行。創業者である中島董一郎がマヨネーズを発売するにあたり、お年寄りから子供まで幅広く愛される商品に育てたいという思いを込め、人気者のキューピーを1922年に商標にしました。
当初は食品工業株式会社だった社名も、1957年(昭和32年)に“キユーピー株式会社”に変更しました。

さて、そこでよく皆様からいただくのは、「キユーピーの『ユ』はどうして小文字じゃないのですか?」という質問。理由はデザイン上のバランスなんですね。キューピーではなくて、あくまでも「キユーピー」なのです。


マヨネーズが世間に広まり、1941年(昭和16年)年間出荷量が10万個(約500トン)まで伸びたところで、第2次世界大戦のため製造を一時中止。戦後、1948年(昭和23年)製造を再開しましたが、物資不足でよい原料が手に入らないときは、製造を中止して工場の草取りをしたこともしばしばありました。やがて原料事情が好転。卵黄が多く、うま味の強いキユーピーマヨネーズは日本の米食文化と相性がよく、さらに徹底した合理化で価格が下がったこともあり、生活が洋風化していく波に乗ってマヨネーズの市場は飛躍的に発展しました。
 皆さまは新しくなった本館玄関ホールのタペストリー(絵画風織物)をご存知ですか。外から玄関ホールに入ると、正面に縦2m、横6m位の織物が目に入ります。タペストリー製作家・藤野靖子氏が、当院との話し合いのもとに図案を作り、何カ月もかけて一本一本の糸を丹念に染め、織って作られたものです。
 テーマは「十字架、復活、希望」です。人間の苦悩や悲しみなどの重い現実を表す底辺部の上に、私たち人間の罪を背負って命を捧げられた神の御子イエス・キリストの十字架が中央部に描かれ、そのキリストの復活を象徴する明るい光が上に向かって力強く伸び、救いの希望を指し示します。左右には、キリストによる救いの恵みを喜ぶ、全被造世界を代表する動植物が種々描かれています。
 落ち着いた淡い色彩のこのタペストリーは、玄関ホールの広い空間に溶け込み、観る者をふと立ち止まらせ、優しく包み込み、静かに神様の愛を感じさせてくれると思います。
今日、ふわふわが
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」が6月を読んで書きました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わん」が書きました。

 ペトロはゲネサレト湖畔のベトサイダの生まれ。最初の名はシモン、ペトロという名はイエスから頂いた名であり、「巌・いわお」の意味である。暖かな心と人間の弱さを合わせもった人。イエスは「あなたは巌である。この巌の上に私の教会を建てよう」といわれ、ペトロの厚い信仰の上に教会を創立した。4世紀頃、ローマでの大埋め立て工事の時、コンスタンチヌス皇帝は墓地の上に聖ペトロにささげる教会を建てた。16世紀頃、バチカンの聖ペトロ大聖堂が建立された。1世紀初め~67年没。

 パウロはキリストの時代に小アジア(今のトルコ)のタルソに生まれ、もとの名はサウロ。パウロは地中海沿岸の諸国を巡ってキリスト教を広め、世界的宗教の基礎を築いた。パウロは青年の頃にエルサレムに学び、ガマリエルの弟子となりファリサイ派の律法狂信者であった。キリストの死後、エルサレムに行き、キリスト教徒迫害の先頭にたった。聖ステファノの殉教にも立ち会い、その後、キリスト教徒の逮捕のためにダマスコへ行く道の途上でキリストの声を聞き、回心した。それから死の時まで、諸国を伝道旅行し、布教に努め、多くの教会を建て、各地の信徒に手紙を送った。参考→11月18日聖ペテロ教会と聖パウロ教会の献堂

アヲハタは糖度、果肉感の異なる3種類のブランドからお客様の好みによってお選びいただけます。各ブランドともおのおの個性ある商品です。
甘さの少ないアヲハタ55ジャムは種類も多く、さまざまなバリエーションが楽しめます。
創業当時の製法を固く守っているアヲハタ トラディショナルジャムはすっきりしたコクのある、ジャム本来のおいしさと果実がもつ自然な食感が特長です。
アヲハタ スーパーフルーティ35は「塗る」ジャムから「のせて食べるジャム」という新しい提案として、フルーツ100%で作った果肉たっぷりのシリーズです。
三者三様のアヲハタ・ブランドの個性を比べて、楽しんでください。


果物を加熱すると、生の果物以上の高い栄養価が生まれます。いろいろな食べものにジャムをあわせるとさまざまな栄養が補えます。

今日、まさこが

どこにでも気軽(きがる)にもっていけるように、袋(ふくろ)にして小(ちい)さくしてみたり、イロイロと考(かんが)えているじゃキユーピー。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チェナクルム」が書きました。
ジョセフは、キユーピーは登場しなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
きょうガブリエラミスティカがキユーピーと入に登場しなかったよ。
じゃガブリエラミスティカは登場したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエラミスティカ」が書きました。
きょう、飯田さんと参加したいなぁ。
飯田さんと思い出参加するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」がしっぽを読んで書きました。

みんなが知(し)っているキユーピーマヨネーズも、はじめはこんなビンに入(はい)っていたんじゃヨ。
そのころマヨネーズは高級品(こうきゅうひん)で、ハガキが1銭(せん)5厘(りん)のときに50銭(せん)もしたんじゃ。
キユーピーマヨネーズを世(よ)に送り出した(おくりだした)のは中島董一郎(なかしまとういちろう)という人(ひと)なんじゃ。
アメリカで初(はじ)めてマヨネーズに出会った(であった)とき、そのおいしさに驚(おどろ)いたそうじゃ。
そして、日本(にほん)でもマヨネーズを広(ひろ)めたいと思(おも)ったんじゃ。
今(いま)では弟分(おとうとぶん)の「キユーピーハーフ」も登場(とうじょう)しとるの。



マヨネーズの主(おも)な原料(げんりょう)は卵(たまご)と酢(す)と油(あぶら)。 キユーピーマヨネーズは黄身(きみ)だけを使(つか)っているんじゃが、、これは 日本人(にほんじん)の体(からだ)を大(おお)きくしたいと願(ねが)ってのことだったんじゃ。

栄養(えいよう)たっぷりの黄身(きみ)。それを当時(とうじ)のレシピの2倍(ばい)の量(りょう)にすることで 栄養(えいよう)だけでなく、コクも加わり(くわわり)日本人好み(にほんじんごのみ)の味(あじ)になったという訳(わけ)じゃ。

ちなみにキユーピーマヨネーズのレシピは昔(むかし)からほとんど変(か)わらないのだそうじゃ。 1943年~1948年のあいだは、戦後(せんご)で良い(よい)原料(げんりょう)が手(て)に入らなかったため、マヨネーズを作(つく)らなかったんじゃ。原料(げんりょう)にもこだわっていたんじゃな。



パッケージにもいろんな形(かたち)があるんじゃ


こんな楽(たの)しくてかわいい入れ物(いれもの)で売(う)られていたこともあったんじゃ。
どこにでも気軽(きがる)にもっていけるように、袋(ふくろ)にして小(ちい)さくしてみたり、イロイロと考(かんが)えているじゃろう。





いよいよ、みんなもおなじみのポリボトル入(い)りのマヨネーズじゃ。
1958年にビン入(びんいり)のほかにポリボトル入り(いり)のマヨネーズが登場(とうじょう)したんじゃ。これだと絞(しぼ)り出(だ)しやすくて使(つか)いやすいのう。
やわらかいボトルにマヨネーズをいれるのはなかなか難(むずか)しかったようじゃ。
世界(せかい)で初(はじ)めてことだったそうじゃよ。
1972年には出し口(だしぐち)が星形(ほしがた)になったんじゃ。
星形(ほしがた)だと出(だ)した時(とき)キレイじゃからな。
入れ物(いれもの)にもこだわりがあるのう。


マヨネーズは、時々「マヨ」と略されて呼ばれることもある。(ちなみに英語でも"mayo"(ただし発音は「メイヨー」)と略される。)

マヨネーズが好きな人は「マヨラー」と呼ばれ、極端なマヨラーとなるとマヨネーズを容器からそのまま食べたり、和洋問わずあらゆる料理にかけて食べる人もいる。

国産初のマヨネーズは1925年3月9日に発売されたキユーピーマヨネーズ。

ソフトチューブ入りか瓶入りで販売されている。中身は同じなのに、瓶入りのほうがおいしいという声があるが、これは瓶のほうが密閉性が高く、外気圧に影響されないからだという。一方、マヨネーズは空気に触れていると変質が進むため、ソフトチューブの中の空気を追い出してから蓋を閉めることで、むしろ瓶入りよりも鮮度が保てるという意見もある。

健康への配慮から、卵を使用せずに、大豆など植物性原料のみで作った「大豆マヨネーズ」(「豆腐マヨネーズ」「ソイネーズ」「とうにゅうず」など名称は多彩)も販売されている。アメリカでは、Nayonaise が有名。

タルタルソースより普及が早かったこともあり、定食や家庭料理のフライに、タルタルソールに代えて添えられる場合が多い。

きょうはここまで歓迎されたみたい…
きのうtamiyaの、こは歓迎した?
ハム太郎はtamiyaでハゲとか投稿したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎」がハゲちんのぶろぐおもちゃばこを読んで書きました。
きのうはガが賛美するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。
賛美のいけにえ

神から受けた 救いの恵み
こだましてくる 新しい歌
神への感謝 神への祈り
絶えず賛美を ささげていく


草花を見て 主をほめたたえ
山川を見て 主をほめ歌う
いつもどこでも 御名をたたえる
唇の実を ささげていく


神との語らい 感動あふれ
霊に満たされ 心開いて
キリスト通し 賛美の歌を
いけにえとして ささげていく

右近のワルツ

美しい 花たち
手をつなぎ 踊ろう
なんという しあわせ
なんという 楽しさ


(*)
ラララララ ララララ
ラララララ ララララ
ラララララ ララララ
ラララララ ハレルヤ


愛らしい 鳥たち
輪になって 踊ろう
なんという 喜び
なんという 平安


(*おりかえし)

右近様 ジュスタも
豪姫も ガラシャも
天国で いっしょに
手をつなぎ 踊ろう


(*おりかえし)
ジュスタの子守唄

マリヤさまの 腕の中
安らかな顔 イエスさま
ねんねんころり ねんころり
ねんねんころり ねんねしな

聖霊により みごもった
あなたはメシア 神の御子
ねんねんころり ねんころり
ねんねんころり ねんねしな

天に栄光 あるように
地には平和が あるように
ねんねんころり ねんころり
ねんねんころり ねんねしな

 
前田家二代と神に仕えて
謎めいた26年間の金沢時代
 キリシタン大名として知られる高山右近が、前田家の客将として加賀國(かがのくに)に二十六年間も住んでいたことはあまり知られていない。幕府禁制のキリシタンであったため、痕跡が消されてしまったのであろうか。今のところ、金沢時代の右近についての確かな史料は一枚の紙に収まってしまうほど乏しく、一片の肖像画すら残っていない。
 秀吉によって畿内を追放され、前田利家に拾われるまで、右近の動向は特に外国人宣教師の注目の的であった。ささいな言動さえも逐一、本国やバチカンに報告されていた往時に比べると、情報量において天と地ほどの開きがある。
 二十六年間といえば十二歳で洗礼を受けてから、異郷の地マニラで客死するまでの右近の生涯のおよそ半分を占める。その間、キリシタン信仰を貫きながら、一方では加賀藩の重臣でもあった右近は何を考え、何をしていたのか。
 大河ドラマ「利家とまつ」の放映を機に、利家・利長の前田家二代に仕えた右近の謎(なぞ)めいた後半生をたどる。

マヨネーズが日本で産声を上げたのは1925年(大正14年)。もちろんキユーピーが製造元でした。創業者の中島董一郎が農商務省(現農林水産省)の海外実業練習生としてアメリカに滞在中にマヨネーズと出会い、帰国後、日本人の体格向上を願って、当時の輸入品に比べて2倍の卵黄を使った栄養豊富なマヨネーズを販売したいと考えました。そして関東大震災をきっかけに衣食住の洋風化が進むのを見て、製造を開始しました。当初の売れ行きは年間120函(600kg)ほど。マヨネーズに馴染みのない日本人は整髪料(ポマード)と間違えて髪に塗ったというエピソードも残っています。その頃の日本にはサラダを食べる習慣はなく、マヨネーズはサケ缶 やカニ缶など魚介類と一緒に紹介されていました。



キューピーは、ローマ神話に登場する愛の神、キューピッドがモチーフで、アメリカのイラストレーター、ローズ・オニールさんが、発表したイラストです。これが全米で大ヒットし、いろいろな商品のコマーシャルやクリスマスカードにも使用されるようになりました。

大正時代に日本でもセルロイドの国産キューピーが大流行。創業者である中島董一郎がマヨネーズを発売するにあたり、お年寄りから子供まで幅広く愛される商品に育てたいという思いを込め、人気者のキューピーを1922年に商標にしました。
当初は食品工業株式会社だった社名も、1957年(昭和32年)に“キユーピー株式会社”に変更しました。

さて、そこでよく皆様からいただくのは、「キユーピーの『ユ』はどうして小文字じゃないのですか?」という質問。理由はデザイン上のバランスなんですね。キューピーではなくて、あくまでも「キユーピー」なのです
きのうインマニュエルが、カルカッタでネコ飼いとカルカッタへネコ飼いの恐れとか挿し木したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。

第一回「ヴィッテル」
 ヨーロッパのミネラルウォーターの水源のある町を探訪するこのページ。第一回は、トピックスで紹介した国際会議の舞台でもある、フランスの水の町「ヴィッテル」を訪ねます。



 すでに日本でも多くの人々に愛飲されているミネラルウォーター、ヴィッテルのふるさとは、フランス東部のヴォージュ地方にあります。

 水源のある「ヴィッテル」は、人口6500人ほどの小さな町ですが、ローマ時代の昔から鉱泉保養地として知られてきた、フランスでも有数の由緒ある“水の町”。現代では、世界最大のリゾート会社のひとつ“クラブメッド”が経営するホテルやカジノ、ゴルフ場などが備わった一大観光地でありコンピューターで管理された近代的な“テルマリズム(水治療)センター”があることでも知られています。

 ヴィッテルへ行くには、パリからストラスブール方面行きの電車に乗り、途中のナンシーで電車を乗り継いで、約4時間ほどかかりますから、ちょっとした小旅行ということになります。


グランドホテル / 完全無農薬のゴルフ場

 やっと辿り着いたヴィッテルは、その町並を見る限りでは、どこと位って個性のない、平凡な町に思えます。ところが、リゾート・エリアのゲートをくぐると、そこはもう別世界。どこまでも続いているかに見える広々としたゴルフ場の芝生と、ヴィッテル様式と呼ばれる独特の建築様式で建てられたという「グランドホテル」の偉容が目に飛び込んできます。

 ヴィッテルの町には、このグランドホテルをはじめ、数多くのホテルが立ち並んでいますが、宿泊客の多くは数週間から数カ月もの長期にわたってここに滞在し、昼はゴルフやテニス、夜はカジノやショーを楽しみながらゆったりと過ごします。そして疲れきった肉体をテルマリズム・センターの水治療で癒し、心身ともにリフレッシュして帰っていくというわけです。働きづめの日本人にとっては、なんともうらやましい話です。

 しかし、このテルマリズム・センターは、日本の温泉ヘルスセンターのような、単なる保養のための施設ではありません。ヴィッテルの場合は腎臓結石やリューマチなどに治療効果があることが認められ、健康保険も適用される、きちんとした医療施設でもあるのです。もちろんセンターでは、医師が検診や治療を行ないます。
 テルマリズム・センターでは正規の患者さんも、体験メニューの一般の人も、全て一階の受付で、個別にカウンセリングを受けるシステムになっています。そして、その人に最も適した治療プログラムをメニューとしてカードに書いて渡してくれます。

 カードを受け取ると二階へ行きロッカールームで全裸になります。そう、フランスのセンターでは、全て全裸で治療を受けるのが基本なのです。この日、僕に与えられた治療メニューはジェットバス、シャワーバスにウォーターマッサージでした。この治療メニューの内容については、次の「コントレックス」のページで詳しく書きたいと思います。

 ヴィッテルの町で特筆すべきなのは、その環境保護への取り組みです。ヴィッテルではまず、水源の周囲6500ヘクタールにも及ぶ土地を環境保全地域に指定し、そのうち1700ヘクタールはヴィッテル社が自ら買い取って保護しています。


ラボラトワール・ペリエヴィッテル / 研究施設内

 またヴィッテルの町には、世界でも唯一という水専門の研究機関「ウォーター・インスティテュート・ペリエヴィッテル」と、ミネラルウォーターに関する研究施設「ラボラトワール・ペリエヴィッテル」があることでも知られています。

 この研究施設には40人もの研究員がおり、毎日、ミネラルウォーターに含まれるミネラルや微生物の研究、そして病原菌や化学物質など水を汚染する物質についての調査研究などを行なっています。
 ナチュラルミネラルウォーターの生産基準が世界一厳しい、ヨーロッパ(EU加盟国)でも、これだけの規模の研究施設があるのは、このヴィッテルとエビアンの2箇所だけです。

 研究施設の中は残念ながら一般には公開されていませんが、特別に取材許可を得て中に入らせて頂くと、日本の大学の研究所のような暗いムードはかけらもなく、外光がふんだんに入る明るいムードなのに驚きました。このへんがいかにもフランスらしいなと感じました。


常設展「水と生命」

 ヴィッテルのテルマリズム・センターの隣のスペースでは、昨年の6月から「L'eau et la Vie」(水と生命)という題名の特別展示(常設展)を行なっています。
 これは、水と生命をさまざまな側面から取り上げ、写真やビデオなどビジュアルをふんだんに使った、実に見応えのある展示です。
 とりわけ、水に含まれるミネラルの結晶を展示したコーナーや、世界中のミネラルウォーターそれぞれの地層を紹介したコーナーなどはまさに必見。
 この展示については、いずれ別のページで特集したいと考えています。
いつも、パンダくんは
そのキャンを味わった上で、それでも、だからこそ、弟子たちに大切なことを2つ伝えました。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」が書きました。
きのうふらんで、人に体験♪

きょうインマクラタは、B l o g P e t(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。
きょうガブリエルは、カルカッタまで種が絶滅したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエル」が書きました。
ネコ好きが
上着を脱いでキャンをかがめ、人生を歩んでゆく足の汚れを洗うこと、ご自分を死に渡されること、そしてそこに真実の「幸せ」があることを。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」が書きました。

聖木曜日【ヨハ13:1-15、Iコリ11:23-26】園田教会 2006年

あいさつ:皆さん、きょうから始まる、一年に最も聖なる三日間の上に神の豊かな恵みを願い、信頼と望みをこめて、ミサ聖祭を始めたいと思います。

この夜、私たちはイエス様が十字架に付けられる前に行われた最後の晩餐を記念します。この夜イエス様は、共に三年間生活をともにして歩んで来た弟子たちがやがて自分を裏切り、自分を否定すること。ヨハネ以外、皆、自分から離れていってしまうこと。その悲しみを味わった上で、それでも、だからこそ、弟子たちに大切なことを2つ伝えました。一つは、パンとぶどう酒をご自分の体として弟子に分け与え、永遠の命にいたる糧として制定する儀式。つまり最初の感謝の祭儀・ミサがこの夜、イエス様自身によって行われたことです。
 それからもう一つは、このようにパンとぶどう酒をイエス様の体にして人々の糧にすると言う式を、イエス様を「(記念するために)思い出すために、このように行いなさい」と弟子たちに永久に託したことです。つまり感謝の祭儀、ミサをする権限を弟子に与えた。弟子を司祭にしたのもこの晩だったのです。いわゆる叙階式でした。そこでこの日には、聖香油のミサを行い、司祭職の制定も祝うのです。皆さん、司祭職は教会にとっては欠かせないし、大きな恵みであります。きょう司祭職のために感謝をささげることとしましょう。

 さて、この感謝の祭儀・ミサと司祭職の制定の前、イエス様は「神の子とはこういうものだ」とはっきり行いで示します。弟子の足を洗うと言う儀式です。
 伝統的にこの式を教会も行いますが、毎年のことでも、躊躇される方もいます。ましてこの業を目の前で見た弟子にとっては、いきなり先生であったイエス様が自分たちの足を洗い始めたのには、びっくりしたことでしょう。
 「私のしていることは、あなたには今分からない」。弟子たちには、まだその場では分からないことがありました。イエス様はたくさんの人に仕えてきました。貧しい人、病気の人、闇の中にある人。そういう人のため休む間もなく働き、自分のために何の利益を取っておくことない、政治的な利得をまったく求めないイエス様の献身的な姿を見てきました。そして差別された人を守ったあげく、宗教権威者と言い争い、追い込まれる場面を、何度もみてきました。イエス様はこのようにして人に仕えてきたものでしたし、弟子たちもそれに従ってきました。しかしイエス様のとなえる「仕える道」とは、この弟子たちの常識を超えるものでした。
 イエス様の仕える道とは、死に至るまで、それも十字架に死に至るまで、へりくだって仕える(フィリ2:8)ことでした。間違った宗教権威者の裁きに従って、自らが十字架上の生け贄になり、それによって、すべての人、イエス様に反対し、逆らうものにまでも、愛を示し、救おうとする、常識はずれの仕える道でした。
 実は足を洗うことくらいは、それほどまでの仕えるイエス様の道のりの、ほんの序の口のエピソードに過ぎません。それでも弟子たちには受け入れがたいものでした。しかし弟子たちがこれから陥る重大な罪による汚れと比べれば、まだまだたいした汚れなどありませんでした。あらかじめ弟子たちの足を洗ってもらった弟子たちは、やがて大きな罪を犯し、汚れを負うことになります。神の子イエス様を裏切り、そんな人知らないという重大な不誠実さです。その不忠実さに陥ったとき、弟子たちは、心も身体全体も汚れます。そしてそんな弟子ですらまたイエス様によって赦され、清められたのでした。
 そしてキリストによる(上からの)縦の赦しに支えられた者同士が、自分たちの弱さを認め、許し合い、またイエスの教えのもとに一つになり、何もないところから教会を形作っていきました。つまり教会における横の赦しと助け合いも可能になりました。
 だからたとえ公然となったような罪を犯した人でも、神様によって赦されたなら、その人が属する教会共同体が、その人を本当に赦し、受け入れ、同じ仲間として共に支えていく。それがなければ、たとえ神に赦されても教会で生活できないのなら、神の赦しは意味を持ちません。イエス様が十字架にかかってまでその人を赦された。だからこそ教会の中でも、互いに支えあい、赦しあって、歩んでいく体験がなければ本物の教会と言えないのです。教会とはそのような愛とゆるしの共同体であるべきです。そのような教会共同体を築いていけるよう、努力していきましょう。また、キリストのなさることは分からないままにしておくのではなく、わかるようにこの聖なる三日間はより深く反省し、祈りたいと思います。皆さん、ちゃんと心の準備して今年の復活祭を迎えることにしましょう。



人を愛し抜くこと、愛の極みがどういうことかを私たちにわかる形でイエスは身をもって示してくださっているのではないでしょうか。上着を脱いで身をかがめ、人生を歩んでゆく足の汚れを洗うこと、ご自分を死に渡されること、そしてそこに真実の「幸せ」があることを。
主よ、わたしもイエスに倣って_人々に仕えながら生きることができますように。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。