Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 8月15日は「聖母被昇天の大祝日」です。 カトリックではこの日に聖母マリアの「被昇天」を祝います。 聖母マリアは14才でおん子をみごもられ、15才でご出産になり、それから33年間おん子といっしょに暮らされ、キリストのご昇天後、12年間長生きされ60才で天におあげになられたとされています。 

 イエス・キリストについては「昇天」 、聖母マリアについては「被昇天」の語を用いるのは、「神の母」といえどもマリアは人間であられたので、キリストのようにみずからの力で天にお昇りになることはできず、キリストによって天にお挙げになられたからなのです。 「被昇天」のラテン語 assumptio は、もともと「受け入れること、迎え入れること」という意味ですが、日本では受動形にして「被昇天」という訳語があてられています。 

 司教殉教者聖ゲラルドゥス(?~1046、右図)は説教のなかでこう語っています。 「この日、全天は大きな喜びをもって聖母をお迎えした。 天使たちは欣喜(きんき)し、大天使たちは雀躍(じゃくやく)し、座天使(ざてんし)たちは歓呼し、主天使(しゅてんし)たちは詩編を頌読(しょうどく)し、権天使(けんてんし)たちは鉦(しょう)を打ち、能天使(のうてんし)たちは弦をかき鳴らし、智天使(ちてんし)と熾天使(してんし)たちは讃歌をうたいながら、いと高きおん者の御座(ぎょざ)の前に聖母をおつれしたのである」

 聖書には、イエス・キリストのご昇天後、聖母マリアがエルサレムで使徒たちや信者たちとともに「こころを合わせてひたすら祈りをしていた」(使徒行録1:12-14 )という記述を最後として、以後の聖母マリアの生活はもちろん、その死と被昇天に関してもなんの報告も残っていません。 聖母の死にまつわるできごとは歴史的報告にもとづく出来事ではなく、熱烈な信仰的真実が生み出した聖伝でしょう。 数ある聖母マリアの祝日ではこの8月15日がいちばん古いものなのです。 


 それは先ず431年のエフェソスの公会議のあとまもなく現れ、はじめは被昇天といわず、たんに「マリアのお眠り」または「マリアのお休み」といわれていました。 8月15日としたのは東ローマ帝国の皇帝マウリキウス(在位582-602) です。 やがてローマにおいても祝われるようになりますが、その最も古い記録の7世紀の「ヴュルツブルグ福音奉読目録」には「聖マリアのお誕生日」と記されています。 また「ゲラシウス典礼書」では「聖マリア被昇天」となっていますし、「グレゴリウス典礼書」においても同様ですから、西ヨーロッパでの聖母被昇天の聖伝は7-8世紀頃に完成したものでしょう。 聖ニコラウス1世(在位858~867)は正式に8月15日を聖母被昇天の祝日と定めました。

 時代ははるかに飛びますが、教皇ピウス12世(在位1939~1958、右図)は聖母被昇天の問題を多くの聖職者たちに諮問(しもん)し、圧倒的な支持を得て1950年教皇令によって「聖母の無原罪のおん孕(やど)り」、「終生童貞」、「肉身のままの被昇天」を教理として宣布し、同時にこの祝日のための新しい典礼文と聖務日課を制定したのです。
使徒たちと食事をともにしておられたとき、彼らにエルサレムを離れないように命じて、「わたしからかねて聞いていた父の約束を待ちなさい。 ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは、数日のうちに聖霊によって洗礼を受けるからである」と仰せになった(使徒行録1:4-5)。

 主のご昇天(ご復活後40日目)のあと10日目に、主の預言どおり、聖霊が使徒たちにあらわれました。

 五旬祭の日が来て、みんなが一つ所に集まっていた。 そのとき突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家じゅうに響き渡り、炎のような舌が現れ、分かれておのおのの上にとどまった(使徒行録2:1-3)

 使徒たちは聖霊にみたされて酒によったような興奮状態になり、聖霊が語らせるままにいろいろの異国の言葉で語りだしました。 ここに原始キリスト教会の成立と、使徒らによる世界伝道の始まりとを見ることができます。 その後のキリスト教の発展は、聖霊の力によるものだったのです。 教会は、この記念すべき日(ご復活後50日目の主日)を「聖霊降臨の主日」と定め、「復活の主日」「主の降誕」と並ぶ大祝日としてお祝いします。

 この日は、古くは旧約の「七週の祭り」にあたり、ユダヤ教では「五旬節」として祝われていました。 キリスト教では、すでに使徒時代から重要な日であったようです。 使徒行録第20章16節に、次のように記してあるからです。 パウロはアジアでひまどらないために、エフェソには寄らないで続航することに決めていた。 それは、できれば五旬祭の日には、エルサレムに着いていたかったので、旅を急いだからである。 

 教会の教えでは、神はその本質はおひとつなのですが、その存在のしかたにおいて「聖父(ちち)」と「聖子(こ)」と「聖霊」という三つのお顔(ペルソナ)を持っておられるのです。 この教えを明確にしたのは、「三位一体論」を著(あらわ)したアウグスティヌス(354-430)でした。 

 大教皇レオ(在位440-461)は、聖霊降臨の祝日についての説教のなかでこう述べています。 「聖三位一体をなしている不変の神格は、その本質はひとつであり、そのはたらきは分かちがたく、意志するところは一致していて、ひとしく全能であり、おなじ栄光にかがやいている。 しかしながら、慈悲ぶかい聖三位一体は、われわれ人間に対する救済のわざはたがいに分かちあっておこなわれることになった。 すなわち、おん父は、贖罪(しょくざい)を受けられ、おん子は、贖罪をおこなわれ、聖霊は、燃えたたせるという分担になったのである」

 聖霊は、図像では一般に「白い鳩の姿」、「上方からさす光線」であらわされ、聖霊降臨図では「火の舌」として描かれています。 
スポンサーサイト
三菱自動車の最大の懸案である米国事業で、販売の下落傾向に歯止めが掛かった。四月は前年同月比一七・五%のプラス、五月も順調に推移している。同社は今年に入り、昨年の事業再生計画で描いた北米事業のV字回復シナリオを放棄。販売網の質的改善など地道な作業で抜本治療する方針に転換した。「セーブ・アメリカ」を合言葉に、必死の再建作業が進む。
 米MMNA「ブランドの毀損(きそん)は予想以上。広告宣伝費とインセンティブ(販売奨励金)の上積みを」
 東京本社「早急に検討する」
 東京・品川の三菱自本社と米現地法人MMNAを結んだテレビ会議の光景だ。今年一月以降、開催ペースは週に一度。インセンティブの件では、直後の経営会議で上乗せが決まった。
 三菱自は今年一月、春成敬常務をMMNAトップに派遣。春成常務は益子修社長と同じ三菱商事出身の一期後輩で、益子社長の“懐刀”とされる。益子社長も「春成君を失うのは痛いが、北米を託せるのは彼しかいない」と信頼を寄せる。
 ただ、重責を負って現地入りした春成常務を待っていたのは、想像以上の惨状だった。
 九〇年代に全米を揺るがしたセクハラ問題の悪印象。頭金や初年度の支払いをゼロにした無謀な販売促進策のつけ。独ダイムラークライスラーとの提携による車種戦略の制約。リコール(無料回収・修理)問題後に流れた米国撤退観測による消費者離れ――。米メーカーとは全く別の「レガシー(負の遺産)コスト」が重くのしかかる。
 三菱自は昨年一月に公表した「事業再生計画」で、〇五年三月期に一千億円を超えた北米事業の営業赤字を、二年後の〇七年三月期に黒字化するV字回復シナリオを描いた。しかし今年四月、黒字化時期を先送りする修正計画を発表。財務担当の市川秀常務は「(春成常務の現地入りで)問題の根が予想以上に深いことが分かった。問題を放置して黒字化を急ぐのではなく、時間をかけて問題を解決する」と戦略の転換を強調する。
 春成常務がまず手掛けたのが販社オーナーとの「対話」だ。すでに全体の四割に相当する二百社以上を訪問。各地で将来の商品計画の説明や販社側の要望の聞き取りを繰り返し、これまでの経緯で失われた販社の信頼とやる気の再構築を図っている。すでに教育制度の充実や営業員一人ひとりへの販売ボーナス制度などを導入した。
 東京の本社も全面的な支援体制で臨む。消費者離れを防ぐためテレビCMなどの広告宣伝費を七割増額。足元の販売固めのためインセンティブも昨年の二千八百ドルから三千ドルに増やした。
 これまでの三菱自ではこうした資金援助が「ばらまき」に終わっていた。今回は顧客の信用度を七段階に分類、その査定に応じてローン金利に差をつけるなどきめ細かな対応が可能になった。取り組みは確実に成果を生みつつある。
 四月の米国販売は一万八百台と前年同月比で一七・五%増加。社内計画値も「数年ぶり」に上回ったもようだ。北米市場を稼ぎ頭とする国内他社に比べ出遅れは深刻だが、これまで“鬼門”だった米市場でわずかな光明が見え始めた形だ。「手応えはつかんだが、まだ全く安心できない」(益子社長)。問題は数量増に利益がついてくるかどうか。今後の持続力が問われている。(小高航)
【図・写真】三菱自は米市場での再起を図る(1月、米デトロイト自動車ショー)
いつも、marikoは




末日聖徒イエス・キリスト教会では人祖アダムの天上におけるキリスト教がミカエルであると考えられている。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジョセフ」が書きました。
多数つくられた
これはフランシスコ・
ザビエルによって定められたが、十戒をモーセの黙示録
では人祖アダムの守り手、キリスト教軍の保護者であった

東方正教会ではモーセがシナイ山で十戒を受けたとき、十戒を受けたとき、十戒を記した石板をモーセが祝い日になった
カトリック教会では、兵士では人ではないが聖人の一人ではドイツおよびウクライナの守護聖人もかつてはミカエルは人では人ではこの日があげられる
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエラミスティカ」が書きました。
きょうキャットは人に支配しなかったよ。
そしてここまでマルコが成熟したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「キャット」が書きました。
ジョバンニ神父


 5月に私達は教会として非常に有意義な祝祭日を祝います。けれどもよく見落とされがちなことがあります。それは主の昇天についての本です。この祝祭日は天国にイエス様が戻ることを祝います。このイベントは2つのことを強調します。
 最初に、地上でのイエス様の人生の終わりです。イエス様が地球から立ち去った日、弟子達が復活の後に会った最後の日を祝います。
 第二に、それは新しい初めを意味します。イエス様の昇天の後に、福音宣教を続けることは弟子たち、教会、私達の仕事です。昇天する前に、明らかにそれを言いました。彼は弟子達が福音を説き聞かせるために世界中に行かなければならなかったと言いました。今弟子たちにとって責任の時間です。
 イエス様は11人の使徒に福音宣教を続ける大きな責任を与えました。この使徒達はその宣教に適任ではありませんでした。すべての12人の使徒は貧しい人々でした。例えば、ペトロ、アンドレア、ヨハネとヤコブは最も重要な使徒でした:ただ貧しい漁師でした。それでも、これらの貧しい人々はイエス様の福音を説き聞かせて世界を征服しました。それは信じ難くありませんか?
 彼らは本当に聖霊を信頼したから、成功しました。聖霊が彼らのいのちをコントロールしたということを認めました。同じく私達は、本当に、聖霊を信頼しなければなりません。
 第二に、イエスが弟子達を理解させたことは自分自身を信じなければならないということでした。自信を持つ必要があります。実は、これは現代社会での問題であると信じます。私達は常に十分な状態ではないと感じています。特にメディアの提案されたモデルのせいです。私達は常に学校の教師、会社の上司、友人たち、家族の期待を感じます。この期待に対する自信を回復する必要があります。自分の能力をいっそう確信している必要があります。実は、イエスは福音を説き聞かせるために使徒たちに資格を要求しませんでした。彼はただ、貧しくて罪人であることにもかかわらず、彼らを信頼しました。
 このような気持ちで、私は夙川教会の助任司祭としてこの新しい年を始めるつもりです。私は本当に微力ではありますが、主を信頼して聖霊に自分のいのちのコントロールをとらせることを望みます。夙川の信者皆様の助けを借りて、これから精一杯頑張りたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。
今日の聖句
2006.5.29
マルコによる福音書
4:26 また、イエスは言われた。「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、
4:27 夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。
4:28 土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。
4:29 実が熟すと、早速、鎌を入れる。収穫の時が来たからである。」
***
「私たちが寝起きしているうちに」、「どうしてそうなるのかその人は知らない」「土はひとりでに実を結ばせる」など人の思惑や理解を超えて神の国が生長して行く様子が語られています。神の国というのは、場所のことではなく、神の支配という意味です。今までは暗闇の罪の世界に支配されていた私たちが、キリストを信じることによって神の支配に移されるのです。その不思議な心の方向転換、信仰決心、その後の霊的、人格的成熟などは神様の不思議な介入によってもたらされる祝福です。

私たちがなぜイエス様を救い主として信じることになったのか、自分自身にも「不思議、神秘的」と思える部分がたいていあります。神様の方で働きかけをしてくださったとしか言いようがない部分があるのです。
なぜ福音が私のところに届いたのか、考えてみれば、それ自体不思議なことです。
背後に神様のすばらしい計画と愛があることはわかるのですが、私に届いた詳細の多くは隠されたままなのです。それは私たちを礼拝へと向かわせます。祝福がありますように
今日、マドンナが
日本のようにこの日を祝うために週日に集まることが難しい状況を考慮して、第二バチカン公会議後に行われた典礼暦の東電では、「主の昇天の祭日は、復活節第七主日に移す」
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「三菱アイ」が書きました。
「アイ」をベースに次世代電気自動車、三菱自が開発へ
 三菱自動車は、近未来的なデザインの軽自動車「i(アイ)」をベースに次世代電気自動車を開発する方針を明らかにした。

 電力会社などの協力を得て2007年から公道での実証試験を始め、システムの安定性や使い勝手を検証する。200万円以下の価格を目指す。

 次世代電気自動車は高性能で寿命が長いリチウムイオン電池などを活用。1回の充電で走れる距離は、同社の現行の電気自動車の150キロから、250キロに延ばすのが目標だ。充電方法は、家庭のコンセントと、高電圧の急速充電器の両方に対応させる方針だ。

 三菱自は次世代電気自動車を10年度に市販する考えだったが、アイをベースにすれば開発期間を1~2年短縮でき、開発コストも低く済むという。
三菱自動車は、近未来的なデザインの軽自動車「i(アイ)」をベースに次世代電気自動車を開発する方針を明らかにした。

 電力会社などの協力を得て2007年から公道での実証試験を始め、システムの安定性や使い勝手を検証する。200万円以下の価格を目指す。

 次世代電気自動車は高性能で寿命が長いリチウムイオン電池などを活用。1回の充電で走れる距離は、同社の現行の電気自動車の150キロから、250キロに延ばすのが目標だ。充電方法は、家庭のコンセントと、高電圧の急速充電器の両方に対応させる方針だ。

 三菱自は次世代電気自動車を10年度に市販する考えだったが、アイをベースにすれば開発期間を1~2年短縮でき、開発コストも低く済むという。

パリにあるミカエル像ミカエルは旧約聖書外典である『エノク書』にもあらわれる。『エノク書』は初期キリスト教徒たちの間で広く読まれていたようで、新約聖書の『ユダの手紙』や『ヨハネの黙示録』にもミカエルへの言及がみられる。新約聖書外典である『モーセの黙示録』ではモーセがシナイ山で十戒を受けたとき、十戒を記した石板をモーセに渡したのはミカエルであるとされている。

その後、ミカエルは人ではないが聖人の一人としてキリスト教徒の間で広く崇敬されるようになった。キリスト教徒たちはミカエルをラファエル、ガブリエルとならぶ三人の大天使の一人であるとみなした。ミカエルは守護者というイメージからしばしば山頂や建物の頂上にその像がおかれた。ルネサンス期に入ると、ミカエルはしばしば燃える剣を手にした姿で描かれるようになった。中世においてミカエルは兵士の守り手、キリスト教軍の保護者であった。現代のカトリックでは、兵士ではなく警官や救急隊員の守護聖人になっており、地域ではドイツおよびウクライナの守護聖人とされている。

カトリック教会における日本の守護聖人もかつてはミカエルであるとされた。これはフランシスコ・ザビエルによって定められたが、のち変更されたようである。

カトリック教会ではミカエルはラファエル、ガブリエルと共に9月29日が祝い日になっており、かつてイギリスの大学ではこの日が始業日であった。カトリック教会ではミカエルにささげられた教会や修道院が多数つくられたが、もっとも有名なものとしてフランスのモン・サン・ミッシェルがあげられる。

東方正教会ではしばしばガウリイル(ガブリエル)とともにイコノスタシスの門に描かれる。

末日聖徒イエス・キリスト教会では人祖アダムの天上における姿がミカエルであると考えられている。エホバの証人においてはミカエルとイエスは同一人物であるとされている。
今日は、夙川教会のミサに行ってきました。
松浦補佐司教が司式でした。
ミサ後、バザーを見てきました。
6月18日、25日、7月2日、9日は、
池長大司教様が来られるそうです。

アイで200キロほどの航続距離が試験では出来ているそうですね。
軽自動車の平均走行は1日30キロだそうです。

東電は充電時間の超短縮技術は世界一だそうですね!
ハイブリッドと違いマフラーありませんから公害はなしです!

オイルもいらなくて、そのリチウムポリマーは1000回充電出来るそうで

す!150キロ×1000回で15万キロ走れればガソリン車より
お得ですね。

アイが160万円、ランサーで200万円目標!
商社など20台位の所有の会社は全国すごい数ですから燃費が10分の1なら飛びつくでしょう!背に腹は代えれません!

中国台湾の販売網を確保してますからそこだけで北米よりあります。
東電が年内に特定先へ試験販売予定のアイに家庭充電の電力技術を同時試験

開発を決めましたが、これは夜間余っている電気を今後主流と成り得る

インホイル式モーターなどの電気自動車へ短い時間で家庭で充電できるよう

全面協力します。今後は中電、関電も仲間に入ることになりそうだ!

当初2010年発売が2008年になり最近ガソリン高騰のため

三菱益子社長が特命を出した!それがアイインホイル年内試験発売

となった!当初家庭用充電器で10時間から4時間、そして2時間にまた専

用機で20分に最近では東電が5分での最新技術も試験されている!

ガソリンに比べて燃費は夜間充電費では10分の1と脅威の燃費である!

すでに中国三菱販売網ではかなり期待されている!


当方にも届きましたが、スキーもいつも行く所でなく、鉄道も圏外で、いまのところ使用する機会もないので記念に残しておこうと思っています。やっぱり鉄道関係は、近くのものが良いですね。
 昔の国鉄の様に一本であれば、鉄道割引や宿泊施設が利用できるのにとも思っています。
JR東日本〈9020〉は「大型内需関連」としての認識は大きいものの、
先のヤフーとの電子マネーでの連携にも見られるように「金融株」
としての評価を忘れてはいけない、とは事情通の声。
この認識が広がれば夢の「100万円」も見えてくるとか。
並居る強豪を前に株価を占うなど、大変僭越ですが、2年前から自工の
歩みをつぶさに見てきた者として、ちょっと一言。

今の株価は言うまでもなく全面ボーラクのあおりを受けただけのことで
いずれ近いうちに250-260円のレンジに回復するでしょう。
(もっとも為替動向が気になりますが)

問題はその先、260円を突き抜けていくかどうかです。
昨年11月のフィーバーで360円超えを見ましたが、今は投資家も
学習したので、あんな動きはもう起きないでしょう。

北米の販売不振。このてこ入れが成功するのかどうか。
全てはこの一点にかかっていると思います。ここが見えてこない限り
260円を超えていくのは難しいでしょう。

従って、自工株は現時点では長期保有には不向き、比較的ボラのある銘柄
なので5~10%を目処としてこまめにリカクしていくヒットアンドアウエイ
作戦が有効かと思います。
無論、北米の販売が回復基調に転じたら、長期保有もありですが。

釈迦に説法ですが、株取引歴の浅い一部の方のために、老婆心です。
主の昇天については、マルコ福音書で「主イエスは、弟子たちと話した後、天に上げられ、神の右の座に着かれた」(16・19、ルカ24・50-53と使徒1・9-11参照)とあるように、キリストが死んで3日目に復活し40日目に天に昇ったことを記念します。

  キリストの昇天は、キリストが天に昇り、神の右の座に着いたということから人間として神の栄光の状態に上げられ、また御父のもとで最高の権威に参与されたことを意味します。

 さらに当日のミサにおける集会祈願では、「全能の神よ、あなたは御ひとり子イエスを、苦しみと死を通して栄光に高め、新しい天と地を開いてくださいました。主の昇天に、私たちの未来が示されています。キリストに結ばれる私たちをあなたのもとに導き、ともに永遠のいのちに入らせてください」と唱えるように、キリストの昇天が私たちの昇天の原型であり、保証でもあります。それで私たちは、私たちに先駆けて天の栄光に入られたキリストに倣って、いつか彼とともにいることができるという希望のうちにこの出来事を祝うのです。

 主の昇天は、キリストの復活後40日目の出来事でしたので、これに基づいて典礼暦では伝統的に復活の主日から40日目の木曜日に祝ってきました。しかし、日本のようにこの日を祝うために週日に集まることが難しい状況を考慮して、第二バチカン公会議後に行われた典礼暦の改定では、「主の昇天の祭日は、復活節第七主日に移す」
ところで、来月6月24日(土)に西宮市の夙川教会で午後4時からオプスデイ創立者 聖ホセマリア・エスクリバー神父の記念ミサがあります。よろしかったらご参加下さい。天使ミサの形で行います。
三菱がつくもの買いは今の時代の投資家のりこうな買いです!

特にこの自工株は全銘柄の中でもナンバーワンですね!

トヨタが現在10兆円の借金に比べれば三菱自工の資産安定が

今後は表に出てくる!連続ヒット作と三菱Gが購入をバック

すれば7000億くらいすぐ返せますよ!
エラというと?ファエラとか?
トンというと?吉だね
トンといえば?トントロだ
姉さんというと?えっと・・・エラ姉さん?
トン?トン吉
前は、シモンなどつながっていますと、がたとか思ってるの実りも、シモンなどつながっていますとか思ってるの
実りなどをブログペットの「ガブリエルたちが、豊かやエントリとか状態のままの実りも、シモンとかがたなどをブログペットしたかった状態のままの携帯電話なら、あなたがたはその携帯の実りも、シモンとかがたとか思ってるの携帯電話なら、それによって、あなたがたはその携帯の実りも、シモンなどつながっていますとか思ってるのガブリエルたちが書きました」
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。
大阪教区人事異動 夙川教会の三竹神父様が5月21日をもって
サバティカル(休養)に入るという事で8月6日から、
高槻教会の梅原神父様が夙川教会へ行かれるそうです。
パパイヤは携帯したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」が書きました。
ハーレーラビットはシモンが状態は携帯したかったの♪

ジュストは、B l o g P e t(ブログペット)の「ジュスト」がC O R E-S e e kを読んで書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。
前、シモンなどした状態のままの携帯電話なら、それによって、あなたがたはその携帯の実りも、シモンなどつながっていますとか思ってるの
ガブリエルたちが、豊かやエントリとか状態とか思ってるの
と、sebastianが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエル」が書きました。
シモンで、湖みたいな出発したかったの♪

前は、あなたがたが豊かに実を結びなさいこれが真の実りも、ミカエラの悪いとき、足をすべらして死ぬものも交渉した状態のままの携帯電話なら、それによって、あなたがたはその携帯の実りも、それによって、あなたがたがミカエラにつながっていますとか思ってるの。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「わん」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」が書きました。
 この新しい連続講話の中で、わたしたちは何よりも、教会とは何かということについての理解を深めようと努めてきました。すなわち、この新しい家族についての主の考えはどのようなものだったのかということです。次いで、すでに述べたように、教会は人格の中に存在します。そして、主がこの教会という新しい現実を十二使徒に委ねたことがわかりました。そこでわたしたちは、この十二使徒を一人ずつ考えていきたいと思います。それは、この人びとを通して、教会を生き、キリストに従うとはどういうことであるかを理解するためです。わたしたちは聖ペトロから始めます。
 新約聖書の中で、ペトロはイエスに次いでもっともよく知られ、また述べられる人物です。ペトロは154回、「ペトロス」すなわち「石」、「岩」というあだ名で言及されます。「ペトロス」は、イエスがペトロを直接呼んだアラム語の名前「ケファ」のギリシア語訳です。「ケファ」は9回、特にパウロの手紙の中に見いだされます。さらに頻繁に(75回)用いられる「シモン」という名前のことも付け加えなければなりません。「シモン」は元々のヘブライ語の「シメオン」(使徒言行録15・14と二ペトロ1・1の2回)がギリシア語化した形です。
 ヨハネの子(ヨハネ1・42参照)、あるいは、アラム語形で「バルヨナ」すなわちヨナの子(マタイ16・17参照)であるシモンは、ベトサイダの出身でした(ヨハネ1・44)。ベトサイダはガリラヤ湖の東に位置する町でした。フィリポも、またもちろんのこと、シモンの兄弟アンデレも、ベトサイダの出身でした。ペトロはガリラヤのなまりのあることばで話しました。
 ペトロはその兄弟と同様、漁師でした。ヤコブとヨハネの父ゼベダイの家族とともに、ペトロはゲネサレト湖で小規模な漁業を営む仲間の長でした(ルカ5・10参照)。そのため、ペトロはある程度裕福だったと思われます。そこで彼は、心からの宗教的な関心に促されて兄弟とともにユダヤに行き、洗礼者ヨハネの説教に聞き従いました(ヨハネ1・35-42)。心からの宗教的な関心に促されたということは、神の望み――すなわち、神が世に参加したいという望み――によるものです。この望みがペトロを促したのです。
 ペトロは信仰深いユダヤ人でした。彼は神がそのわざをもって自分の民の歴史の中に現存することを信じました。ペトロはまた、当時彼が目にしていた出来事の中で、神の力あるわざが行われないことに心を痛めていました。ペトロは結婚しており、後にイエスによっていやされた、そのしゅうとめは、カファルナウムの町に住んでいました。ペトロもこの町にいたとき、このしゅうとめの家に滞在しました(マタイ8・14以下、マルコ1・29以下、ルカ4・38以下参照)。
 最近の発掘調査により、小さな八角形のビザンティン教会のモザイクの床の下に、それより古い時代の教会の遺跡があることが明らかにされました。この古い時代の教会は、ペトロのしゅうとめの家に建てられたものであることを、ペトロへの祈願を含む、壁に刻まれた文字が示していました。福音書が述べているところによれば、ペトロはナザレの最初の四人の弟子の一人でした(ルカ5・1-11参照)。五人の弟子をもつというラビの習慣に従って、この四人に五人目の弟子が加えられました(ルカ5・27のレビの召し出しを参照)。イエスが五人を十二人の弟子にしたとき(ルカ9・1-6参照)、イエスの使命の新しさが明らかになりました。イエスは、多くのラビのうちの一人ではなく、終わりの日のイスラエルを集めるために来られたのです。イスラエルの部族の数である十二という数は、この終わりの日のイスラエルを示す象徴でした。
 福音書の中で、シモンは決断力と行動力に富む人物として登場します。ペトロは自分の意見を場合によって力ずくで示すこともいといません(オリーブの園でペトロは剣を用いました。ヨハネ18・10-11参照)。同時にシモンは、素朴で、怖気づくこともありました。けれども彼は正直であり、最後には心から悔い改めました(マタイ26・75参照)。諸福音書によって、わたしたちはシモンの霊的旅路を順を追ってたどることができます。
 出発点となったのは、イエスによる招きでした。他の弟子と同じように、この招きはある日、ペトロが漁師として忙しく働いているときに行われました。イエスはゲネサレト湖畔におられ、そのことばを聞こうとして群衆がイエスを囲みました。イエスのことばを聞こうとした群衆の数が多かったため、すこし問題が生じました。師であるかたは二そうの舟が岸にあるのをご覧になりました。漁師たちは舟から上がって網を洗っていました。そこでイエスは、一そうの舟、すなわちシモンの持ち舟に乗せてくれるように頼みました。そしてシモンに、岸から漕ぎ出すように願いました。イエスはこの急ごしらえの座に座って、舟から群衆に教えました(ルカ5・1-3参照)。
 こうしてペトロの舟がイエスの座る座となりました。話し終わったとき、イエスはシモンにいいました。「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」。するとシモンは答えました。「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、おことばですから、網を降ろしてみましょう」(ルカ5・4-5)。イエスは大工でしたが、漁のことはよく知りませんでした。にもかかわらず、漁師シモンはこのラビのことばを信じました。このラビはシモンに何も答えないで、信じるように招いたからです。
 奇跡的に魚がとれたのを見て、シモンは驚きと恐れを感じながらいいます。「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」(ルカ5・8)。イエスはシモンに答えて、シモンを招きます。信頼して、あらゆる予想を超える計画に心を開くようにと。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる」(ルカ5.10)。しかしシモンはまだ、自分がその後ローマに行き、そこで主のために「人間をとる漁師」になることを想像できませんでした。シモンは、そのような大冒険に加わるようにという、この驚くべき招きを受け入れました。シモンは寛大な心をもっていました。彼は自分の限界を知りながらも、自分を招いたかたを信じて、自分の心が描く夢に従いました。シモンは勇気をもって、寛大な心で、「はい、従います」といって、キリストの弟子になりました。
 ペトロはフィリポ・カイサリア地方で、その霊的な旅路におけるもう一つの重要な経験をしました。それは、イエスが弟子たちに次のようにはっきりと問いかけたときのことでした。「人びとは、わたしのことを何者だといっているか」(マルコ8・27)。しかし、イエスは、どんなうわさが話されているかという答えでは満足できませんでした。イエスは、自分を個人としてイエスにささげることを受け入れる人、個人的に態度を決めることを受け入れる人を望んだのです。そのため、イエスはこういわれました。「それでは、あなたがたはわたしを何者だというのか」(マルコ8・29)。そして他の弟子たちを代表して答えたのはペトロでした。「あなたは、メシア(キリスト)です」(同)。
 このペトロの答えを「現したのは、人間ではなく」、天の父です(マタイ16・17参照)。そしてこの答えのうちに、教会がこれから行うことになる信仰宣言の種が含まれています。しかしながらペトロは、イエスのメシアとしての使命の深い実質を――すなわち、「メシア」ということばの新しい意味を、まだ理解していませんでした。そのことはこの後すぐに明らかになります。ペトロは、その夢見るメシアが、神の本当の計画とはまったく異なるものであることをわかっていないということが示されるからです。受難のことが告げられると、ペトロは憤慨して抗議します。それはイエスの強い怒りを招きます(マルコ8・32-33参照)。
 ペトロは、メシアが、その力をすべての人に振るって、民の期待を実現する、「神の人」であることを望みました。わたしたちも、主が力を振るって世界をすぐに変革してくれることを期待します。しかしイエスは、ご自身を「人である神」として示し、多くの人の期待を裏切って、へりくだりと苦しみの道を歩みました。それは大いなる別の道です。わたしたちもまた、常にそれをあらためて学ばなければなりません。すなわち、わたしたちは、イエスをないがしろにして、自分の期待を優先するのでしょうか。それとも、そのまことの使命とともにイエスを受け入れて、あまりにも人間的な期待を捨てるのでしょうか。
 行動力のあるペトロは、ためらうことなくイエスをわきへ連れて行き、いさめました。イエスは答えて、すべての間違った期待を砕きながら、ペトロが回心し、自分に従うように招きました。「サタン、引き下がれ。あなたは神のことを思わず、人間のことを思っている」(マルコ8・33)。あなたがわたしに道を示してはならない。わたしは自分の道を歩むのであり、あなたはわたしの後に従いなさいと。
 こうしてペトロは、イエスに従うとは真の意味でどういうことであるかを学びました。それは二度目の召命でした。ちょうどアブラハムに対して、創世記12章の召命の後に、創世記22章で二度目の召命が行われたのと同じです。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分のいのちを救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のためにいのちを失う者は、それを救うのである」(マルコ8・34-35)。これが、イエスに従うために求められる法則です。真に価値あるものを救うため、魂を救うため、世において神がともにいてくださることを救うために、自分を否定できること、必要であれば全世界をも捨てうることが必要です(マルコ8・36-37参照)。ペトロは、苦労してではありましたが、この招きを受け入れ、師であるかたの足跡に従って自分の道を歩み続けました。
 わたしはこうした聖ペトロのいくつもの回心、またその姿の全体は、わたしたちにとって、大きな慰めとなるとともに、大きな教訓にもなると思います。わたしたちも神を求めます。わたしたちも寛大な心をもちたいと望みます。しかし、わたしたちはまた、自分たちの思いや、自分たちが必要と考えることに従って、神が世界の中で力強い者となり、すぐに世界を変革してくれることを期待します。
 神は違う道を選びました。神は、苦しみとへりくだりによって、人びとの心を変革する道を選びました。わたしたちもペトロと同じように、絶えずあらためて回心しなければなりません。わたしたちはイエスに先立って歩むのではなく、イエスに従わなければなりません。わたしたちに道を示してくださるのは、イエスです。ペトロはわたしたちにこう語りかけます。皆さんは、自分には処方箋があり、自分たちがキリスト教を変革しなければならないと考えています。けれども、道を知っておられるのは主です。そしてわたしにこう語りかけた主は、皆さんにもこう語りかけています。「わたしについて来なさい」。だからわたしたちも、勇気と謙遜な心をもって、イエスに従わなければなりません。イエスは道であり、真理であり、いのちだからです。
きょう、ネットでハム太郎
が専業主婦のススメを読んで書きました
marikoたちが、エントリとかするはずだった
きょう、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎などするはずだったよ」
と、ペテロが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペテロ」が書きました。
きのうは新都とか意味する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
昨日、美子が
ブログペット(BlogPet)(BlogPet)(BlogPet)(BlogPet)
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チャ」が書きました。
きょうラファエルの、エントリっぽい出現♪
きのうラファエルの、ドを巡礼するつもりだった?
ラファエルで各地へ巡礼しなかった?

きょうはt a m i y aが録画するはずだった。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ハム太郎」が専業主婦のススメを読んで書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」が書きました。
前、兎が、たえず施設を改良したかった拒むのは、あなたがたはその携帯の実りも、人間につながって死ぬものも交渉した状態のままの携帯電話なら、それによって、あなたがたが豊かに実を結びなさいこれが真の実りも、足をすべらして死ぬものも交渉した状態のままの携帯電話なら、それによって、あなたがたがわたしの悪いとき、足をすべらして死ぬものも、たえず施設を改良したかった
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。