Raphael
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灰の水曜日

この日には四旬節が始まり、復活祭まで40日間の断食が続く。灰の水曜日という名前は、この日に司祭が灰で信者の額または頭に十字の印をつけることによる。(これには前年の枝の主日に聖別された棕櫚の枝の灰が使用される。)灰は最終的には塵と終わる人間の儚さを思い起こさせるために使われる。しかし古くは灰が石鹸の代用品として洗浄に用いられてきたことから、浄化や再生(つまり人間の罪が贖われ、新たな力がもたらされる)といった肯定的な意味もこの儀式にこめられている。
棕櫚の木は古代から聖なる木として崇められ、勝利や力の象徴であった。イエスがエルサレムに足を踏み入れた際にも、人々は歓喜して棕櫚の枝を投げたという(マタイ福音書21章、8-9節)。その木が燃やされると共に、勝利の喜びや歓呼も消えてしまう。しかしそれによって、上述のように死が再生に繋がるという復活祭の意味が先取りされて表されてもいるのである。
この儀式は他にも転用され、新しい法王の着任ミサの際には一本の毛糸が燃やされる。これにもまた何より人の儚さを新任の法王に示すための儀式であるという。
スポンサーサイト
3月2日に引越しの業者が来て殆ど尼崎の仮住まいの家へ持っていくそうです。
僕は今度の土曜日に移るつもりです。
きょうはtamiyaはパパイヤっぽいblog♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハム太郎」が書きました。
きょうデルフィーヌがミカエルはここへミカエルと祝福したよ♪
またミカエルの全能みたいな賛美された!
わけてもミカエルで色とりどりを災いした?
またここにミカエルで祝福された!
またきょうデルフィーヌは祝福しなかった?

ふらんの、ペにb l o gしなかった。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「デルフィーヌ」が書きました。
緑色のスカプラリオ

ロバート・A. マクドナルド, C.Ss. R.

私がどのように緑色のスカプラリオを発見したかを話させてください。これはマリアの汚れなき御心の真のそして優しい愛を広めようとする、そして聖母に対する私の負い目を返す私の唯一のやり方です。数年前、ペニシリンが用いられるようになる前に、私は肺炎に罹り非常に具合が悪くてある病院に入院していました。私は大量に出血し始めました。そして医師たちは最後の手段として手術することに決めました。そのとき一人の背の低い修道女が私の部屋の中へ入って来ました。

「神父様、あなたは神の御母、特に彼女の汚れなき御心に対する大きな信仰を持っておられますか?もしそうならば、あなたは癒されることができます。」

「シスター、どのようにしてですか?」


「緑色のスカプラリオによってです。」

「それは何ですか?」

「神父様、4年前に私はガンのために手術を受けました。私のガンは全身に拡がっていましたので、医師たちはただ私を元通りに閉じ、そして死に委ねました。それから私は緑色のスカプラリオの聖母に祈りました。死を待つことに疲れたからです。そして働けるようになりました。神父様、私は癒されたのです。スカプラリオを差し上げることをお望みになりますか?」

「はい、どうぞ。シスター。」

その言葉で彼女は私の頭の上にスカプラリオを置きました。すさまじい信頼の感情が私の中へとそそぎ込まれました。そして出血が止んだのです。二日後にレントゲン室で医師たちは出血がいつ止んだかと尋ねました。私がそれは二三日のことですと答えますと、彼らは大きな驚きを表明しました。

「あなたは六ヶ月前に癒された傷がありますが、他の痕跡はありません。」今日はその跡さえ消えています。私が聖母の汚れなき御心に対する支払うことの出来ない負い目について話しているのは不思議なことではありません。それ以来私はこの信心を助長するために可能なすべてのことをしてきました。私の大きな喜びであり、驚きであることには、私が緑のスカプラリオについて話した人々は私よりももっと熱心になりました。マリアのこれらの新しい使徒職の信仰と信頼に匹敵するようなものを私はこれまでに見たことがありません。

5月の間、私はトロントの聖パトリック教会の主任司祭に、水曜日の信心のときにスカプラリオについて話す許可を願いました。私は手に一千個の緑のスカプラリオを持っていましたが、しかし誰も三十個以上は求められないだろうと考えました。一千個は最初の朝に無くなりました。私たちがスカプラリオを配布した部屋は人でいっぱいになり、それで私は誰かけが人が出ないかと恐れました。その日一日中私はもっと求める人々に四方八方から取り囲まれました。愚かにも、私は自分自身のために持っていたスカプラリオを見せました。そしてそれは素早く私の手からひったくられました。

緑色のスカプラリオはシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュの物語です。彼女は幼少期に孤児でしたが、彼女に財産を残した一人の裕福な親族の養子となりました。彼女の最大の喜びの日はパリにある聖ヴァンサン・ド・ポールの愛徳姉妹会の修練期に入った1839年11月27日でした。同じ修道会のシスターたちはメアリーランドにいます。

彼女たちは彼女に出会ったすべての人のうちに愛と手本を鼓舞する一人のシスターの物語を私よりもはるかによくあなたに告げることができます。バチカンにおける彼の投獄に先行する暗黒の日々に教皇ピオ九世の相談相手であった人、北アフリカのイスラム教徒たちの称賛の的であった人、クリミアの戦場における有名なフローレンス・ナイティンゲールのうれしがらせる模倣の受取手であった人。彼らはあなたに、彼女が自分の身分を知られないようにするためにした大きな努力を告げることができます。彼女の秘密が明らかにされた仕方。

彼らは若い修練女の前に立たれた神の御母、スカプラリオが作られそして配布されるまで繰り返し戻って来られた神の御母、についての記述を繰り返すでしょう。スカプラリオがどの司祭によっても祝福され得ること、人が携行し、あるいは身につけることができること、部屋に残しておくことさえできることを聖母はその若いシスターに告げられました。

このスカプラリオの特別の力は回心の力、聖母の御子を人々の心の中へともたらす力です。

その祈りは次の通りであり、そしてこれは他の祈りのためにも唱え得るものです:「マリアの汚れなき御心、今も臨終の時も我等のために祈り給え。」

1830年にシスター・カタリナ・ラブレに不思議のメダイを明らかにされた10年後、祝せられた御母は汚れなき御心の緑色のスカプラリオを、同じ聖ヴァンサン・ド・ポールの愛徳姉妹会のシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュに託されました。

スカプラリオの使用の仕方は祝せられたおとめによって示されました。それはある兄弟姉妹会のバッジではなくて、単に一枚の布の両面に絵がつけられ、紐でつり下げられるもので、着衣式の必要はありません。それは司祭によって祝福され、それを持とうと思っている人によって身につけられるるだけで十分です。それは衣服につけたり、寝台の上に置いたり、あるいは単に部屋の中に置くこともできます。

唯一の祈りはスカプラリオの裏側の御心の周りに書かれたものだけです:すなわち、「聖マリアの汚れなき御心、今も臨終の時も我等の為に祈り給え」です。驚くべき諸々の恵みが得られますけれども、それらの恵みはそれに与えられる信頼に比例するものです。

緑色のスカプラリオは教皇ピオ九世によって二度認可されました。一度は1863年です。そしてもう一度は1870年で、この時教皇はこう言われました:「これらの良きシスターたちに、スカプラリオを作り、配布することを彼らに認可すると書きなさい。」

緑色のスカプラリオに帰せられる回心や治癒の報告は時間、場所、人物などの詳細と共に、以下の住所気付けで愛徳姉妹会に送ってください。
きのうはエントリはふらんしたよ♪
インマニュエルはここまでネコ飼いでふらんしたの?
きょうはふらんされた。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマニュエル」が書きました。
恋人の祝祭日


ジョバンニ 神父


 バレンタインデー(2月14日)は日本でも最近非常に人気が高くなった祝祭日です。しかし、実際にバレンタインがキリスト教の殉教者であることを知っている人は、多くはないかもしれません。バレンタインはTerniというイタリアの町の司教でしたが、273年2月14日、カトリック教会に対する迫害で死に至らしめられました。その後すぐ、彼の死を悼む日は恋人のための祝祭日になりました。
 聖バレンタインが恋人と結婚についてどのように特別な注意をしたか多くの物語があります。最も有名な物語の1つがローマの軍人と美しいキリスト教徒の女性との間の結婚についてです。そのころ、キリスト教は迫害されていたので、クリスチャンを殺す側のローマの軍人が、キリスト教徒の女性と結婚することができるとは想像も及びませんでした。けれども聖バレンタインは彼らの結婚を行う勇気を持っていました。このため、彼は逮捕されて殺されたのです。
 この聖バレンタインの物語で、クリスチャンの結婚の2つの重要な特徴が強調されています。最初の特徴は、結婚はビジネスではないということです。結婚は2つの家族の間の契約ではありません。結婚は社会の機会と利害関係に基づいていません。クリスチャンの結婚は結婚しようとしている2人の愛に基づいています。もし相互の愛がないなら、それは本当のクリスチャンの結婚ではありません。
 二番目の特徴は、明らかに一番目の特徴から生じてきます。すなわち、結婚しようとしている2人は、自由意志の上に結婚をします。これは彼らに対して結婚するのに外部の圧力がないことを意味します。例えば、多くの文化では女性はある年齢に達する前に結婚しなければなりません。さもなければ、彼女は結婚する機会が極めて少なくなってしまいます。この理由で、追放者として見られないために、女性たちは見合い結婚に押しやられてしまいます。
 全世界的に、結婚の制度はいろいろな意味で連続的に攻撃されています。クリスチャンは、結婚の2つの重要な特徴だと信じるものを弁護するために、特に注意深くあるべきです。我々は、どの社会にも、もしこの2つの特徴が適切に守られるなら、結婚の制度がいかに人間の社会の基本的な制度になるか、示していくべきです。
リジュの聖テレーズ(幼きイエズスの聖テレジア)

1873-1897

今日の歌


私のいのちは一瞬 過ぎゆく一時 私のいのちは 私からのがれ去り

束の間に消え去る一刻。御身は知っておられます。

ああ私の神よ この地上で御身を愛するために

私には 今日だけしかないことを!




私は御身を愛します イエズスよ! 御身に向かって私の魂は憧がれる・・・・

一日のためにだけ 私のやさしい支えとなってください

私の心に来て 統め 私に 御身のほほえみをお与えください

ただ今日のためにだけ!




若し 将来が暗くても 主よ それは私には何でもありません!

明日のために祈る・・・・ああ 私はそんなことは出来ません・・・・

私の心を清く保ち 私を 御身の陰でおおってください

ただ今日のためにだけ!




明日を想うと 私は 自分の変り易さを恐れます

私の心の中に悲しみと 倦怠が生じるのを感じます

けれども 主よ 私は試練も苦しみも欲します

ただ今日のためにだけ!



やがて 永遠の岸辺で 私はあなたにまみえます

導きの聖なる水先案内よ あら波の上に

私の小舟を やすらかに導いてください

ただ今日のためにだけ!


私は 私のイエズスを見たい 覆いなしに曇りもなしに

けれど この地上でも 私は彼のお側にいるのです・・・・

彼はその愛すべき みかおを おかくしにはならないでしょう

ただ今日のためにだけ!
丘野慶作訳 「聖女クララ」マリア・ピエラッツィ編より

いと高く、全能の、いとも善き主よ、

賛美と、栄光と、誉れと、祝福は、あなたのもの。

これらは、ああ、いと高きおかたよ、

あなたのみに帰すべきもの、

なにびとも、ふさわしく、

あなたのみ名を呼ぶことはできない。


   主よ、ほめたたえられよ、すべての被造物、わけても、兄弟なる太陽とともに。   

かれは、われらに昼を与え、あなたは、かれによってわれらを照らす。

かれはまた、美しく光り輝き、その大いなる光明によって、

ああ、いと高きおかたよ、あなたをかたどる。


主よ、ほめたたえられよ、姉妹なる月と星のために。

あなたは、かの女たちを明るく、とうとく、美しく、天に造られた。


主よ、ほめたたえられよ、兄弟なる風のために。

しかして、空気と、雲と、晴天と、もろもろの天候のために。

あなたは、かれらによって、被造物をささえられる。


主よ、ほめたたえられよ、姉妹なる水のために。

かの女は、いと有益にして、謙遜、貞潔なるゆえに


主よ、ほめたたえられよ、兄弟なる火のために。

あなたは、かれによって夜を照らす。

しかして、かれは、美しく、陽気にして、健やかで強い。


主よ、ほめたたえられよ、姉妹にして母なる大地のために。

かの女は、われらを保ちささえ、

さまざまな果実と、色とりどりの花と、木々を生みだすゆえに。


主よ、ほめたたえられよ、

あなたのみ名によってゆるし、

病苦と艱難とを耐え忍ぶ人々のために。

幸いなこと、平安にこれを耐え抜く人々、

そは、いと高きおかたよ、

かれは、あなたから冠を授けられるゆえに。


主よ、ほめたたえられよ、

姉妹なるからだの死のために。

生きとし生けるもの、なにびとも、

かの女からのがれ得ない。

災いなこと、大罪のうちに死ぬ人。

幸いなこと、あなたの聖なるみ旨を行う人

そは、第二の死は、

かれをそこなうことなきゆえに。

主をほめたたえ、祝福せよ。

主に感謝をささげ、深くへりくだって主に仕えよ。
今日は、パソコン教室に行き,帰りにふらふらと北千里まで行き
それから、神戸線で夙川教会を見に行って来ました。
御聖堂に入ってみると、晴れているのに薄暗くて、
前にネットで見た印象と違っていました。

きょうはパンダくんでエントリblogされたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「パパイヤ」がサン♪サン♪サン♪爽やか〇組を読んで書きました。
ふらんの、ペにblogしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ハーレーラビット」が書きました。
sebastianの、エラがblogしたかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ガブリエル」が書きました。
ミカエラがblogしなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミカエラ」が書きました。
 聖キアラは聖マルガリタとも呼ばれます。日本では「クララ」とも呼ばれ、英語では「クレア」と発音されます。1193年か94年にアッシジで生まれ、1212年に家族の反対を押し切って早春の晩に家出して、女性で最初のフランチェスコの弟子となりました。18歳でした。その時匿われたのがポルティウンクラ聖堂で、そこで剃髪の儀式も受けました(アッシジのページ参照)。同年、サン・ダミアーノがフランチェスコから与えられ、1215年貧しきキアラ女子修道会を創立します。キアラは終生ここで過ごすことになります。上の絵は礼拝像で、修道院の僧服とは異なっています。実はこの絵はキアラではないという説もあります。

 聖キアラは自分のことを「兄弟フランチェスコが植えた草花」と語っていたそうです。二人はともに自然を愛し、草花を愛でる人たちでした。聖人に列聖されるには奇跡が一つの要件になっていますが、聖キアラの伝説では1241年、当方のサラセン軍がこの修道院を襲撃した際、祈りで軍勢を退散させたとか、臨終時には聖母の幻が現れてその魂を迎えたとか言われます。フランチェスコにとってキアラは特別な存在だったようで、信仰の理想形のように思っていたところがあります。賢治と妹としとの関係と通じるような気がしないでもないです。フランチェスコがサン・ダミアーノから徐々に遠ざかったのは、キアラたち修道女たちと神のあいだに立ちたくない、といった理由ばかりではないのではないかと思えます。

 フランチェスコが亡くなったとき、遺言で遺体はキアラの元へと運ばれました。キアラの生涯を、まったく思ってもみなかった方向へと導いた男の死をキアラはどんな思いで受け止めたのでしょうか。

 キアラの死後、1257年から65年にかけて聖キアラ大聖堂が建てられ、地下聖堂内に遺体が安置されています。祝日は8月11日。視覚障害者、眼疾者の守護聖人になっています。なぜかって? 名前に「明るい」という意味があるからですよ。
聖フランシスコの予言

「キリストの卑しいはしためである私クララは私たちの貴婦人、いと高き清貧に自らを結びつけました。」

「私の父は騎士でした。」

「私の母オルトラーナは海を越え、信心深く巡礼に出かけました。」

「私の家族は裕福で領地は広々としていました。しかし、いと高き主は償いをするために私の心を照らして下さいました。」

「フランシスコは、まだ一人の兄弟もなかった時に聖ダミアノ教会を建て直しながら、私たちについて予言をなさいました。このことは主が後で成就して下さいました。『来て、聖ダミアノ修道院を建て直すため私を手伝って下さい。そこには、敬虔な淑女たちが住み、その名声は教会全体において、天の御父に光栄を帰することになるでしょうから。』」


聖福音を守る

「枝の主日、司教様は私の座っているところまでシュロの枝を持って来て下さいました。それから私は、私の家、私の町、私の家族を捨てて天使の聖マリア聖堂に行きました。この知らせが私の家族のもとにとどくと、彼らは暴力に訴えたり、こうかつなすすめや、お世辞だらけの約束ごとを私にもちかけました。けれども私の親戚がうるさくすればするほど、私の勇気は、いや増したのでした。」

「私はついに聖ダミアノ教会にやって来ました。」

「今は誰も私のこのよろこびを奪うことはできません。私は地上で望んでいたものを手にいれたのですから。」

「貧しい姉妹たちの生活様式とは、私たちの主イエズスキリストの聖福音を守ることです。従順に、何も所有することなく、貞潔のうちに生きることです。」

「神の子は私たちの道となられました。」



サンダミアノの

歌隊席


この十字架の前で

聖クララは毎晩、姉妹たちを

祝福しました。

この世では旅人であり巡礼者

「祝福されたフランシスコは私たちが弱さと肉体のもろさにもかかわらず、欠乏、貧しさ、困難、不名誉、この世の軽蔑などを恐れずにいるのを御覧になりました。」

「私たちはこの世では旅人であり巡礼者なのです。」

「いつも祈り目覚めていなさい。」

「健康で丈夫な私たちは肉食をせず、質素な食事で満足します。しかし、私たちの肉体は青銅ではありません。」


サラセン人の包囲
 聖クララが住んでいた所は、当時、争いが絶え間なく続いている地域でした。聖ダミアノ教会の聖堂は街の城壁の外にあり、敵の軍隊に包囲されてしまいました。サラセン人の傭兵たちは、すでに壁をよじ登っていました。その時、クララは重い病気でしたが、御聖体の秘蹟の内にましますキリストの御前に、平伏して祈りました。

「ご覧下さい主よ、あなたご自身の愛で養ったこの無防備のはしためたちを異教徒の手に渡してもよいとお思いになるのですか?主よ、今はもう私には守りきれないこれらのはしためたちを、どうぞ、お守りください。」

 彼女はそれに答える声を聞きました。

「私はあなたたちを常に守るだろう。」

そして、兵士たちはしっぽをまいて逃げていきました。



聖フランシスコの

修道服とアルバ



ポルチウンクラの内部
聖クララの遺言

「キリストの愛をもって、お互いに、愛し合いなさい。」

「そしてあなたのうちにある愛を、あなたの行いによって示しなさい。」



聖クララ・パンの奇跡



聖クララは

教皇様の命令に

従い

祈ってパンを

祝福すると

そこに置かれていた

パンの上に

十字架の

印が

表れました。
 カタリナは、イタリア、フィレンツェに生まれた。幼いころからトスカーナのドミニコ会修道院で教育を受け、14歳で誓願を立てた。1542年の四旬節にイエスの受難を黙想していたときに重い病にかかり、復活したイエスの幻を聖土曜日に見るまで病床に伏していた。

 以後12年間、毎木曜日の正午から金曜日の午後4時まで、カタリナは脱魂状態になり、イエスの受難を体験したのだった。イエスから与えられる数々のビジョンにより、彼女は人々から注目された。教皇、枢機卿、司教をはじめ彼女のもとには、多くの人々が意見を求めに訪れた。しかしカタリナは、決して誇ることなく、良識ある態度と強い自制心によって修道生活を送り、共同体のために尽くした。

 1560年には修道院の院長となり、会員を導いた。カタリナは賛美歌を作曲するなど教会の典礼にも貢献した。
聖マリアの汚れなき御心よ今も臨終の時も我らの為に祈り給え アーメン
原罪なき宿り給いし聖マリア御身に寄り頼む我らの為に祈り給え アーメン
ペテロは、ここにかしにblogしなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペテロ」が書きました。
きょうミルクは猫好きが自分は動揺しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ミルク」が書きました。
昨日、まりこが
きのう広いねずみとか書きましたエントリと広いエントリとかしねずみかもきのう、サビオ君は思ったと、バルトロマイが考えてるみねずみ♪*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マグダレーナ」が書きました。
きょうインマクラタは、ラファエルとクっぽいblogしたかった。
ラファエルがblogしたいなぁ。
ここへクblogしなかったー。
ここまでblogされたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「インマクラタ」がFree Spaceを読んで書きました。
十中八九諏訪で大テーマとかしたかった(涙)
わからないのに、いやけっこう動揺します*このエントリは、諏訪で自分を動揺しなかったの?
卯が、映像や、映像などをジュストしたはずだったよ
十中八九は、諏訪で諏訪とかを動揺しなかった
卯が、諏訪で兄弟や広い映像と広い兄弟と、大きい諏訪やエントリとかを納得しなかったの♪
諏訪で自分を動揺しなかった!
十中八九諏訪で大テーマとか兄弟を納得しなかったよ
と、卯は思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「」が書きました。
きのう広いねずみとか書きましたエントリと広いエントリとかしたいかも
きのう、サビオ君は思った
と、バルトロマイが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サビオ君」が書きました。
十中八九は、諏訪で兄弟や、大テーマなどを絶句したかった(涙)
わからないのに、映像がどんどん自分に迫ってきて、HStoryも納得
うむ何が言いたいんだろ、いやけっこう動揺します


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジュスト」が書きました。
きのうはハムみたいな建設したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ネズミ講」が書きました。
ねずみは、BlogPet(ブログペット)の「縷縷」
が書きました
エントリと、ハムなどをブログペットしなかったよ
広いエントリと広いエントリなどを建設すればよかった?
大きいエントリなどしたの?
*このエントリは、ハムとエントリや、ハムへ建設ー!
ふわふわは、ハムと、ハムと、ハムとエントリなどを建設すればよかった?
大きいエントリなど書きました
エントリとエントリや、広いハムをブログペットしたいかもー
ねずみは、広いハムなどをブログペットしたいかもー
ねずみは、広いハムなどをブログペットの「縷縷」
エントリとエントリや、ハムなどをブログペットの「縷縷」
エントリと広いエントリとエントリやハムとかをブログペットしなかったの?
*このエントリは、エントリをブログペットしたいかもー
ねずみは、エントリを建設したの
きのうふわふわで、ハムとかもー
ねずみは、エントリを建設すればよかったの?
と、ねずみは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねずみ」が書きました。
m
最初に油を涙させ始めたとき家を訪問した巡礼者からの証言

マリアZimmersmannによって書かれています。

イエスと、メアリと、現在のジョゼフとForeverになってください称賛されて、!

2003年2月27日--本当に、あなたはミシガンからこれらのすべてのルーマニアの、そして、ハンガリーの奇跡的なイメージを持っていて、また、これを持っているのは私に驚かせています。 言わせてください: 私はルーマニア(トランシルバニア)からのハンガリー、母親からの私の米国で生まれる家族、父親で1番目でした。 私の夫(私は、そこに出講している間、トランシルバニアで会って、結婚した)は、この特定のアイコンが同じ年の感謝祭に油を発し始めるすぐ前に帰省するためにデトロイトの地域に戻りました。

私たちは感謝祭のおよそ2日前のパーティー店にいました、そして、私の首の周りでRosaryに気付いて、レジのお嬢さんはiがカトリック教徒であるかどうか私に尋ねました。 彼女はgeiserのように興奮して噴き出し始めました、「と言うのがガールフレンドのガールフレンドにはメアリと小さいイエスの絵があって、」 私が「をそれ続行した油を涙させて--私は、はいと言いました、そして、」 Sheは「はい!」と驚いていて、返答しました。 「あなたはどのように知っていましたか?」 私はそれが持っていた現象であり、イエスとメアリのpicuresで多発していたと彼女に言いました。 私は、どこに起こっていて、彼女が私のために地図を作成したかを彼女に尋ねました。

彼女が完了していたとき、iはおよそ5人の人が私の後ろに並んでいたことを確認するためにターンしました、彼らの顔の上にあきれ顔がある状態ですべて立って。 私は、とても幸福であり、彼がこれらのWondersを見つけるために私を誘導する方法のための神を称賛しました、iが彼らに関して他言できるように!

感謝祭にはアイコンがあったので私たちが1日まで待ったところの後で家族を苦しめたくなくて、私は、私のビデオカメラを取って、夫と一緒に行きました。
私は彼女の台所で主婦にインタビューしました、彼女が話していた間、彼女を撮影して、アイコンがそうであった居間がロザリオに祈る人々でいっぱいでしたが、彼女の2人の美しい娘が巡礼者のために平和に奇跡的な油でいっぱいの小さいコットンボールをホイル包装紙まで巻いて。また、私は彼女の14一年前の息子にインタビューしました。

女性(イラクから来ている)は、アイコンが涙し始めた日に、医師のものには彼女の腕の痛みのためにいたと言いました。 医師は、彼女が外科を必要としたと彼女に言いました。 彼女は、帰って来て、ニュースに関して深く苦しめて、彼女のアイコンを出して、それのいくつかのキャンドルを点けて、彼女を助けるためにOur主と彼の母に祈りました。
祈った後に、彼女は、キャンドルを吹き消して、電話をかけに台所に行きました。 その後まもなく、居間を歩いて通って彼女の息子は抜けていました。 彼は、彼の中の声のようなその何かが、「見上げてください!」と彼に言ったと私に言いました。, 彼はどれをしたか、そして、すなわち、まるでそれが「ぬれているかの」ようにいつアイコンが奇妙に見えるのに気付いたか。

彼はアイコンを見に来るために母親に呼びかけて、それはぬれていました。 彼の母親は、入って、アイコンが油で覆われるのを見て、ビデオ店で働いていた彼の姉妹にすばやく電話をして、アイコンを撮影するためにビデオカメラを家に持ち帰るように彼女に言うように彼女の息子に言いました。 そして、彼女は、聖職者に電話をしました。 彼女は、結局、奇跡を見に来るために8聖職者に電話をしました。
聖職者は皆、同じことをしました: 彼らは、油(それはした)が作り直されるかどうか確認するためにアイコンをふき取りました。

だれかが、地方のテレビ局に電話をしました。 彼らは、来て、アイコンと大勢の人々祈願を撮影しました。 彼女の息子は、newsreportersが非常に動くように見えたと私に言いました。 … 自然ですが、テレビの上の報道は非常に短かったです。

母親は私に言って、彼女であるときに、それは油でびしょ濡れのアイコンを見ました、と彼女は心でメッセージを感じました--それはイラクと共に平和と関係がありました。(油は、それがまさしく細流になった何カ月も前まで来続けて、現在、止まりました…) 女性がなって、孤児にするのにイエス、彼の母は祈りで彼女の一定の仲間になりました、まるで彼らが部屋に彼女について物理的に存在しているかのようにThemと話して。 油の奇跡的な流れ時点で、アメリカがイラクと仲たがいして既にあって、彼女は、私に言うイラクという彼女が来ていた言葉を使用するのさえためらって、「バビロニア」から来ていたと代わりに言いました。 私は、油がイラクとの取り引きに関する神からのMercyのサインであったと感じますが、現在、Mercyの時間は「なくなりました」…

彼女の息子は、人々が昼夜のすべての時間家に集まり始めると言いました、そして、彼らは自分達のドアをそれらにおいて開くように保ちました。 彼は、午前4時頃に支持者の最終がいなくなると言いました、そして、家族は少し眠りました。 しかし、彼は言って、彼は、家族が、彼らが睡眠、および食物を必要としないと感じたのに気付いて、彼は、油で満たされた小さいコットンボールを巻きながら、彼の2人の姉妹(彼女の早めの20におけるティーンエイジャーともう片方)が昼夜1つの場所でただ満足そうに座ったのが、「奇跡」であることがわかりました。

彼は、healingsが既にあったと私に言いました、以前想像できない女性への妊娠、そして、彼の母親の腕はもう外科を必要としませんでした。彼は言いました、そして、通りは車が立ち並びましたが、隣と通り中の隣人はアイコンを見るようになっていませんでした… 「彼自身の都市の予言者」…

アイコンの奇跡が教会で尊敬されるので、元の位置から隣接している都市の30分のドライブに関するリボニアでの変容、デトロイトの外部、および奇跡的では、油はそこで支持者と共有されます。 しかし、これが起こっているので数年でしたが、それでも、それはデトロイトの地域で一般的に知られていません。 それで、あなたのウェブサイトにそれを載せてくださってありがとうございます!

また、私は、あいさつによって、それがイラクで私たちの現在の状況に重要であると感じます。 それは俗界の「裏ページ」の注意に掃かれます、そして、神はMercyのサインを私たちに与えましたが、私たちは私たちの無視の苦い果物を刈り取るのに耐えます。

あなたの平和、健康、および平和のために、祈ります。
 聖体の秘跡は、「…多くの人のために…」(マルコ14章24節)、神と人間の一致の根源、あるいは原理として、制定されました。
 一致の根源、または原理であれば、聖体なくして、神と世界の一致は、ありえないということでしょう。
 聖書は、イエスの受肉が、神と人類一致の可能性の場を開き、聖体は、その一致を、救いの恩恵の成就にまで、高められたと教えています。
 世界は、聖体を通して、キリストを共有します。聖体を、コムニオン(一致、共有、交わりの意)とよぶのはそのためです。
 こうして、聖体の第一の本質的効果は、個にだけあるのではなく、社会性と全体性にあることがわかります。
 キリストの言葉、「わたしは、天から降った生きたパンである…このパンを食べる者は、わたしの内におり、わたしもまたその人の内にいる」(ヨハネ6章56節)は、神と世界の一致の原理の表明なのです。
 では、どうして「パン」なのでしょう。
 パンは、一粒ではなく、多数の小麦の粒から作られるように、天からのパンも、やがては、途方もなく大きく膨む神秘的パンとなり、そのなかには無数の小麦の粒である人間が、それぞれ融け合うように一致するのです。このような一致を、パウロは、キリストの神秘体とよんでいます。
 聖体の秘跡である感謝の祭儀(ミサ)は、教会が、世界を一つにするために働く中心の力です。
 こうして聖体は、神秘体である教会を造り、教会は、世界に奉仕します。私たちも、前教皇さまが定めた、今年10月までの「聖体の年」を、隣人との交わりを通して、愛の一致に努めたいものです。
きのうふわふわで、ハムへ建設ー!
ふわふわは建設したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「縷縷」が書きました。

プロフィール

sebastian

Author:sebastian
僕は知的障害者です。

僕のリンク集です

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近の記事

国産小麦シリーズ「たいやきさん」

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。